レスラーから俳優へ!エディ・マクリントックの年齢・身長・生い立ち

ドラマ女優

ドラマ『ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜』の主演としてエディ・マクリントックを覚えている方も多いのでは?

ドラマ『ザ・シューター』ではジャック・ペイン役で印象的な役柄を演じていました。

そんなエディ・マクリントックのプロフィールをご紹介します。

 

レスラーから俳優に転向した、エディ・マクリントックの年齢・身長・生い立ち

本名: Edward Theodore McClintock
生年月日: 1967年5月27日
年齢: 55歳
出生地: オハイオ州 カントン
身長: 180 cm

エディ・マクリントックの本名は、エドワード・セオドア・マクリントック。

ミドルネームはお父さんから受け継いだようです。

中学生の頃、両親が離婚し、父と一緒に暮らすことに。

大学はオハイオ州にあるライト州立大学へ。

コミュニケーションの学位を取りました。

卒業後は、どういうワケだか、レスラーに!

確かに、いいカラダしていますね。

俳優の道に進んだのは、30歳のとき。

プロレスは興行なので、パフォーマンスに目覚めたのかな?

ドウェイン・ジョンソンが、そのいい例ですね。



エディ・マクリントックの結婚・妻・子供。

ちょっと変わった経歴のエディ・マクリントック。

パーソナル情報をもう少しご紹介します。

エディ・マクリントックは、2005年に女優のリン・サンチェスと結婚をしています。

子どもは、マックスくんとジャックくんの、息子二人。


家族4人で、旅行に行ったり幸せな時間を楽しんでいるようです。

エディ・マクリントックの大学の専攻は、デザインコミュニケーションだったそうです。

今でもアートデザインのビジネスをしていて、個人サイトでアートワークの販売もしています。

趣味はサーフィンで、かなり本格的に取り組んでいるのだとか。

その他、音楽にも才能を発揮。

ドラムの腕はなかなかのようです。



エディ・マクリントックの出演作品

レスラーを経験し、30歳から俳優に転向したエディ・マクリントック。

現在まで数多くの映画・ドラマに出演していきました。

1999年から2000年まで、シットコム『Stark Raving Mad』に出演していました。

その後、『セックス・アンド・ザ・シティ』『フレンズ』など人気ドラマにもちょい役で出演。

2005には、『Dr.HOUSE』に出演しています。

後に、フォアマン医師役のオマー・エップスとは、ドラマ『ザ・シューター』で共演することになります。

2006年、『デスパレートな妻たち』に、フランク役で出演。

2007年には『BONES』に、ティム・サリバン特別捜査官として出演しました。

FBI捜査官ブース(演:デヴィッド・ボレアナズ)が、カウンセリングを受けるため不在となっていたとき、ブレナン(演:エミリー・デシャネル)とパートナーを組みました。

その間に二人の仲は急接近。

4エピソードしか登場していないのですが、インパクトのある役柄でした。

そして2009年から2014年にかけて、『ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜』で主演を務めます。

シークレット・サービス捜査官ピート・ラティマー役でシーズン5まで続き、大ヒットしたSFアクションドラマでした。

2016年から『ザ・シューター』にメインキャストとして出演。

主人公のスワーガーを狙う、謎の男ジャック・ペイン役で出演をします。

その後は、『ニックのいたずら』や『飛べないアヒル -ゲームチェンジャー』など、コメディドラマへの出演が多いようです。

▼『ザ・シューター』の詳しい情報はこちら▼
『ザ・シューター』ドラマキャストのプロフィール。天才スナイパーの孤独の闘いが凄い!



エディ・マクリントックのまとめ

と言うことで、エディ・マクリントックについてご紹介しました。

レスラー出身で、アーティストでもある俳優。

インスタを見ると、なんか面白いおじさんです。

コスプレしたり、何かと楽しんでいるようです。

コメディドラマへの出演が多くなっているようですが、『ザ・シューター』などで見せたシリアスな演技も期待したいです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!

▼関連記事:こちらもご覧ください▼
ライアン・フィリップの現在は?リース・ウィザースプーンと息子の卒業式に出席!

シャンテル・ヴァンサンテン『シューター』のかわいい妻役が『FBI』捜査官に!



コメント

タイトルとURLをコピーしました