マーガレット・クアリーが婚約!『メイドの手帖』主演女優のプロフィール。

ドラマ女優

Netflixの大ヒットシリーズ『メイドの手帖』の主人公・アレックス役でブレイク中のマーガレット・クアリー。

有名な女優を母に持つ二世女優ですが、ただの二世とは大違い。

10代の頃から自立して、自分の道を切り開いてきました。

そんなマーガレット・クアリーの若い頃から、『メイドの手帖』でブレイクするまでをご紹介します。

マーガレット・クアリーの母や身長 年齢、若い頃のエピソード

本名: Sarah Margaret Qualley
生年月日: 1994年10月23日
年齢: 27歳
出生地: モンタナ州 カリスペル
身長: 173 cm

マーガレット・クアリーの母は、モデルで女優のアンディ・マクダウェル。

父ポール・クアリーもモデルをしていました。

なので、パリコレのフロントロウに登場したり、パリで開催されたル・バル・デ・デビュタントに列席するなど、なにかと注目される存在でした。

ル・バル・デ・デビュタントで社交界にデビューだなんて、セレブの二世って感じですね。

そんなマーガレット・クアリーですが、14歳のときにバレリーナを目指して、ノースカロライナ芸術学校に寄宿しました。

そして、ニューヨークにある、アメリカン・バレエ・シアターのサマープログラムに参加し、見習いとしてバレエ団に入団することをオファーされます。

そのとき彼女は、心の奥底にある気持ちに気づきました。

「バレエ以外のこともやってみたいと思ったんです」

そう言って、母を説得してニューヨークで生活を始めます。

「バレエが仕事だったので、仕事を辞めた後、何か芸術的なことに集中したいと思ったんです」

そう思った彼女は、スカーレット・ヨハンソンやサラ・ジェシカ・パーカーも在籍していた、プロフェッショナル・チルドレンズスクールに通います。

授業を受けていくと次第に、女優になることへの思いが強くなっていきました。

エージェントにも恵まれて、すぐに『The Leftovers』への出演をはたしました。パイロット版に出演後、シリーズレギュラーに抜擢れました。

また、当時交際していた俳優のナット・ウルフの撮影現場を訪ねていたとき、映画『パロ・アルト』で小さな役をオファーされ、スクリーンデビューとなりました。

マーガレット・クアリーって、セレブのアホな二世とは違いますね。

直観と行動力が素晴らしいと思います。

それによって、自分の可能性が広がり、チャンスをしっかりつかんでいます。



マーガレット・クアリーが婚約した彼氏は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stereogum(@stereogum)がシェアした投稿


2022年6月に、マーガレット・クアリーが婚約を発表しました!

お相手は、ミュージシャンでプロデューサーとしても活躍している、ジャック・アントノフ。

カンヌ国際映画祭のプレミアにマーガレット・クアリーが出席したとき、彼女の左手薬指に輝く、ダイヤモンドの指輪を発見され、婚約が公になりました。

二人は2021年8月に、ニューヨークの街角でキスしているところを、キャッチされ、その後、放送映画批評家協会賞の授賞式など、カップルで出席していました。

そして、2022年4月のグラミー賞授賞式で、最優秀プロデューサー賞を受賞したジャック・アントノフの隣にも、マーガレット・クアリーがしっかり寄り添っていました。

ちなみに、マーガレット・クアリーの過去の交際相手は、俳優のナット・ウルフ、コメディアンのピート・デビッドソン。

そして、2020年12月から翌年1月にかけて、俳優のシャイア・ラブーフと交際していました。



マーガレット・クアリー 『メイドの手帖』の演技でノミネート

 

この投稿をInstagramで見る

 

MAID(@maidnetflix)がシェアした投稿


『メイドの手帖』はNetflixで大ヒット中のリミテッドシリーズ。

2021年10月1日にリリースされ、公開初月で6700万ユーザーを獲得しています。

主人公アレックスを演じているのが、マーガレット・クアリー。

このドラマのあらすじはこちら。

夫から精神的DVを受けていたアレックスは、ある晩3歳の娘を抱えてトレーラーハウスを飛び出す。

“メイド”として低賃金労働をしながら爪に火を灯すような生活を送るシングルマザーを描いたドラマ

マーガレット・クアリーの演技が評判を呼んでいます。

SAGアワード(全米映画俳優組合賞)の主演女優賞に、彼女自身、初のノミネート。

DVを受ける、貧困で3歳の子供を抱えたシングルマザーという役柄は、彼女とは真反対のように思えます。

ですが、10代の若い頃から、自立していたマーガレット・クアリーにとっては、「苦難を乗り越える」ことは、自分も体験していたこと。

だから、奥行きのある自然な演技が出来ているのかもしれません。

またこのドラマでは、実の母、アンディ・マクダウェルと、初の親娘共演も果たしました。

しかも、母子の役柄です。

なんと、母親役がまだ決まっていないときに、マーガレット・クアリーがアンディ・マクダウェルを推薦したそうなのです。

撮影当時は、またコロナ感染の影響で、移動がままならない時期だったそうです。

でも、母子のきずなによって可能となったキャスティングですね。

『メイドの手帖』は、シーズンを新たにまた作られるようです。

残念ながら、主人公は有色人種となる模様。

とは言え、映画、ドラマと次回作がすでに控えています。

新しい情報が届いたら、またお知らせします。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



タイトルとURLをコピーしました