イライジャ・ウッドの現在から結婚、出演映画、子役時代までプレイバック。

イライジャ・ウッドといえば、多くの方が「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでの主役フロド・バギンズ役を思い浮かべることでしょう。

そんなイライジャ・ウッド現在何しているのでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

イライジャ・ウッドの現在。驚くべき変化とは?

本名: Elijah Jordan Wood
生年月日: 1981年1月28日
年齢: 42歳)
出生地:  アイオワ州 シーダー・ラピッズ
身長: 168 cm

イライジャ・ウッドのあの繊細で力強い演技は、今も多くのファンに愛され続けています。

しかし、あの大ヒットシリーズから年月が経ち、彼はどのように変わったのでしょうか。

 

驚くべきことに、イライジャさんは俳優業のみならず、様々な分野でその才能を発揮しています。

特に、映画製作における彼の功績は、業界内でも高く評価されているんですよ。

また、音楽に対する深い愛情も持ち合わせており、DJとしての活動も行っています。

 

このような多才な面を見せる彼ですが、外見もまた大きく変わりました。

若かりし頃の少年のような顔立ちから、今はより成熟した雰囲気を纏っています。

しかし、彼の特徴的な瞳の輝きは変わらず、スクリーン上での存在感は相変わらずです。

 

プライベートでは、穏やかで思慮深い彼の人柄が、多くの人に愛される理由の一つとなっています。

イライジャ・ウッドさんの現在は、まさに「静かなる進化」を遂げていると言えるでしょう。

俳優業に留まらず、様々な分野で活躍する彼の姿は、私たちに新たな魅力を発見させてくれます。これからも彼の活躍から目が離せませんね。

最近では、ゲームクリエイターでコジマプロダクション代表の小島秀夫とのツーショットが「X」に投稿され話題に。

・『DEATH STRANDING 2』にイライジャ・ウッド?
・『ロード・オブ・ザ・リング』のゲームだよ

などなど、SNS上で盛り上がりを見せています。

さて、どんなことになることやら?

 



 

イライジャ・ウッドの結婚は?過去の彼女は?

イライジャ・ウッドの現在のプライベートについてご存知ですか?

実は、イライジャ・ウッドさんは2018年から2019年の間に映画プロデューサーのメッテ=マリー・カッツさんと結婚していたことが明らかになりました。

二人は2017年の映画『この世に私の居場所なんてない』での出会いがきっかけで、その後、結婚に至りました​​​​​​。

 

さらに、このカップルには2019年に息子が誕生しています。

イライジャ・ウッドは、個人的なことをあまり公にしないタイプなので、これらの情報は彼の公式発表ではなく、メディアの報道や目撃情報によるものです。

 

過去の恋愛に関しては、2002年の映画『17歳 体験白書』で共演したドイツ出身の女優フランカ・ポテンテがいます。

 

さらに、2005年の映画『僕の大事なコレクション』で共演のパメラ・ラシーンとの交際が報じられていました。

パメラ・ラシーンとは約5年間の交際があったと言われています​​。

 

いつもスクリーン上で魅力的な彼ですが、プライベートでは一家の父として、また夫としての新しい一面を見せています。

彼のさらなる活躍と幸せな家庭生活に、これからも注目していきましょう!

 



 

イライジャ・ウッドの軌跡:出演映画ベスト5

イライジャ・ウッドは、多様な役柄で観客を魅了してきた俳優です。

彼の魅力はもちろんですが、作品の面白さや印象深い5作品をピックアップしました。

私の、完全な独断と偏見ですので悪しからず。

 

ロード・オブ・ザ・リングシリーズ

イライジャ・ウッドの代表作といえば、このシリーズです。

トールキンのファンタジー小説を映画化したこの作品では、彼は冒険に挑むホビット、フロド・バギンズを演じました。

物語の中核を担う役柄で、彼の演技力が光っています。

 

エターナル・サンシャイン

2005年に公開されたこの映画では、イライジャ・ウッドはジム・キャリーと共演。

忘れたい記憶を消去するサービスを利用したカップルの物語で、彼の演技は切なさと複雑な感情を見事に表現しています。

 

ディープ・インパクト

地球に迫る巨大隕石の脅威に立ち向かう人々を描いたSFパニックムービー。

私も大好きな映画です。

イライジャ・ウッドが演じるキャラクターは彗星の発見者であるリオ役。

人類の運命に深く関わる重要な役どころです。

 

グランドピアノ 狙われた黒鍵

このスリラーサスペンスムービーでは、イライジャ・ウッドは天才ピアニストを演じています。

コンサート中に命を狙われる彼の緊張感あふれる演技が見どころです。

 

僕の大事なコレクション

自分のルーツを探る旅に出る主人公を演じたこの作品では、イライジャ・ウッドの感情表現が際立っています。

彼の演技によって、物語はより一層深みを増します。

 

イライジャ・ウッドのこれらの映画は、彼の多様な演技力とキャリアの幅を示しています。彼の魅力を存分に感じられるこれらの作品を、ぜひチェックしてみてください​​​​。

 



 

子役時代のイライジャ・ウッド:天才の始まり!

イライジャ・ウッドの子役時代は、彼の才能の幕開けと言えるでしょう。

彼は『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』でデビューし、『わが心のボルチモア』では愛情豊かな孫役で注目を集めました。

『ラジオ・フライヤー』では夢を追いかける少年を演じています。

 

さらに、『危険な遊び』ではマコーレー・カルキンと共演し、サターン賞若手男優賞を受賞しました。

『ホームアローン』で人気者となったマコーレー・カルキンが、見た目はかわいい天使なのに中身はサイコパス。

一方のイライジャ・ウッドは、頼りないけど正義感いっぱいでかわいさで、いじらしかった。

 

そして、『ディープ・インパクト』での役柄や『パラサイト』での優等生役は、彼の多様な演技力を示しています。

なんと言っても、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでのフロド・バギンズ役ですね。

彼を世界的なハリウッドスターへと押し上げた作品です。

イライジャ・ウッドの子役時代は、彼の卓越した演技の基盤を築いた、重要な時期だったといえるでしょう。

 

現在も、その存在感ある演技は、色あせていません。

今後の活躍も楽しみですね。

 



 

イライジャ・ウッドのまとめ

イライジャ・ウッドは、子役時代から成長してハリウッドのトップ俳優へと上り詰めました。

『ロード・オブ・ザ・リング』でのフロド・バギンズ役で最もよく知られていますが、彼の才能はそれだけに留まりません。

多様なジャンルの映画で幅広い役柄を演じ分け、観客を魅了してきました。

プライベートでは音楽愛好家としても知られ、親日家としても有名です。

イライジャ・ウッドの魅力は、その卓越した演技力と多面的な人間性にあります。

彼の今後の活躍から目が離せません。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました