レイトン・ミースターの現在は?性格は『ゴシップガール』の役とは真逆って本当!?

ドラマ女優

世界中のティーンをトリコにしたアメリカのドラマ「ゴシップガール」にて、ワガママお嬢様役を演じた美人女優のレイトン・ミースター。

ドラマの大ヒットにより役のイメージが抜けず、実際の性格もワガママだと思われていたレイトンですが、

実際は全くわがままではなく、もはや世間のイメージの真逆の性格だと言って良いほど、

自立心に満ちた、中身のとっても美しい女性でした。

今回はそんな美人女優のレイトン・ミースターについて紹介します!


レイトン・ミースターは現在も女優業を続けている?結婚や子供は?夫は誰?


レイトン・ミースターは、現在も女優業を続けています。

ゴシップガールでのワガママなお嬢様の役だけではなく、子育てに奮闘する親やコメディードラマでも活躍したりと、ハマり役が多いですね。

最近では、2018年から2020年までアメリカのABCにて放送されていたコメディドラマ「シングル・ペアレンツ」に出演し、高評価を得ています。

このドラマでレイトンはシングルマザーの役を熱演しました。

気になる方はAmazonプライムやNetflixをチェックしてみてくださいね。

そんなレイトンには、子どもがふたりいます。

子どもの父親は俳優のアダム・ブロディで、レイトンの夫です。


レイトンとアダムは2011年放送のコメディドラマ「The Oranges(原題)」で共演し、交際に発展したそうです。

撮影などで長い時間苦楽をともにすると、自然と恋心も芽生えてくるのでしょうね…♪

そんなレイトン・ミースターとアダム・ブロディ夫妻が、共演することになりました。

共演が決まったのは、1994年に公開された『激流』のリメイク映画です。

オリジナルの作品は、メリル・ストリープとケビン・ベーコンが出演。

家族が川下りの旅しているときに、凶悪な強盗犯2人に襲われるという内容です。

リメイク作品の展開はと言うと、

愛情がありつつも不信感を抱きあっている兄妹が、見た目より実は危険人物である幼なじみを含む小グループと一緒に、川下り旅行へ行く物語

レイトン・ミースターは、その兄妹の妹役。

夫のアダム・ブロディは、危険な幼なじみ役だそうです。

夫のアダム・ブロディが妻のレイトン・ミースターを襲うシーンとかあるのでしょうか?

現実のふたりには、末長く幸せでいてほしいですね!


 

レイトン・ミースターの生い立ち。性格はゴシップガールのBとは正反対!?


レイトン・ミースターの身長は、164cmです。

スレンダーな体型で、ドラマ「ゴシップガール」に出演していた時もよくミニスカートやワンピースを着ていました。

手足が長く、何を着ても似合う女優です。

レイトンは、1986年4月9日生まれで、現在35歳です。

ゴシップガールに出演していた時と現在を比べてみても、ほぼ変わらない美貌ですよね!

今でも制服やカチューシャがよく似合うのではないでしょうか♪

そんなレイトンはテキサス生まれで、父が不動産業業、母は作家でした。

ですが、マリファナ密輸に加担した容疑で逮捕されてしまします。

そのとき、母親のお腹に中には、レイトンを妊娠していたそうです。

母親は服役途中でレイトンを出産。養護施設で3か月間だけ育児をすることができたそうです。

その後は、祖父母に育てられました。

そんな状況もあったからか、10歳の時には生活費を稼ぐためにモデルの仕事をさせられたりしていたそうです。

まだ10歳の時に仕事を強制させられるなんて、考えただけでも恐ろしいですが、

そんな芸能の仕事を今も続けていて、ドラマでヒットし超有名女優になったのですから、

レイトンの性格は相当な努力家・強い精神力の持ち主だと言えるでしょう。

モデルとして、レイトン・ミースターは、ラルフローレンのキャンペーンに参加し、当時写真家だった、映画監督のソフィア・コッポラと仕事をしました。

また、アマンダ・サイフリッドともこのとき知り合ったそうです。

逆境にも負けずキャリアと幸せをつかんだレイトン。

これからも応援したいですね。


レイトン・ミースターとブレイク・ライブリーは仲が悪いって本当?

世界中のティーンが夢中になり、社会現象を起こしたアメリカのドラマ「ゴシップガール」で親友同士だったブレイク・ライブリー演じるセレーナと、レイトン・ミースター演じるブレア。

ドラマの中でふたりはケンカをたくさんしながらも、何かあったら一番に相談・報告する仲良しコンビでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@90_2000sがシェアした投稿


しかしいったんドラマの撮影から離れると、ブレイクとレイトンはドラマのように仲良くはしていなかったそうです。

ドラマでのワガママお嬢様ブレアのイメージが強かったためか、ふたりの不仲は

「レイトンが性格が悪いからでは?」

と騒がれたりしていました。

しかし実際はレイトンは全く性格が悪いわけではなく、単純にふたりは撮影を行うために現場へ来て、終わったら帰るという「仕事」をこなしていただけだったのです。

それでもドラマが続いていた長い間ふたりが不仲だと言われ続けたのですから、単純に性格が合わなかったのでしょう。

どんな人でも性格の合う合わないはありますから、仕方のないことですよね。

レイトンの性格が悪いなんてウワサが早く無くなることを願っています。


 

レイトン・ミースター「ゴシップガール」で共演したセバスチャン・スタンと付き合っていた!?

レイトン・ミースターは、過去にドラマ「ゴシップガール」で共演した俳優のセバスチャン・スタンと付き合っていました。

セバスチャンはルーマニア出身の俳優で、代表作は「キャプテン・アメリカ」シリーズなどがあります。

セバスチャンは「ゴシップガール」の最初の方に出演していました。

その後レイトンと意気投合し、交際していました。

ふたりが手を繋いでデートしている姿も何度かキャッチされていましたが、美男美女がデートしている姿はまるで映画のようでとってもお似合いでした。

しかし、レイトンの方から別れを切り出したようです。

彼女は、もともとセバスチャン・スタンのことを、言うほど好きではなかったようです。

流れの中で、なんとなく付き合ってしまったのでしょうか?

理想の恋人は、「あまり会わない人」なんて言ってました。

ちょっと、変わっていると言うか、何言ってるのわからないですね(笑)

ともかく、けっこうあっさりした恋愛観なのでしょうね。

今は別れてしまい、レイトンには夫と子どももいます。

セバスチャン・スタンスタンはまだ独身ですが、女優のアレンハドラ・オニエバと交際しているようです。

お互いに幸せになってほしいですね。

レイトンの活躍にこれからも期待しましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございまいした。
では、また!


コメント

タイトルとURLをコピーしました