アラン・カミングの魅力を一挙公開!ドラマ『インスティンクト -異常犯罪捜査-』シーズン2もスタート。

ドラマ男優

ドラマ『インスティンクト -異常犯罪捜査-』や映画『チョコレートドーナッツ』で有名は、アラン・カミング。俳優以外にも、映画監督、脚本家のほか、詩人であり小説家でもあります。そんなマルチな活躍するアラン・カミングの魅力をご紹介します。

アラン・カミングのプロフィール 性差別へ立ち向かう姿も情熱的!

いかにもイギリス人っぽい風貌のアラン・カミング。

彼は1965年1月27日、スコットランドのアバフェルディという町で生まれました。

アバフェルディはウイスキーの「デュワーズ」の蒸留所がある、人口2000人程度の街です。

ちなみに、多くのスコッチウイスキーの蒸留所がクローズしている中で、「アバフェルディ蒸留所」はビジターセンターがあって、年間3万5000人ものウイスキーファンが訪れるそうですよ。

日本からの来訪者も多いみたいです。

趣のある街で生まれたアラン・カミングですが、高校時代に演劇に興味を持ったようです。

その後、1982年にグラスゴーのスコットランド王立音楽演劇アカデミーで学びました。

学生時代からその表現力は秀逸だったようで、仲間と「ビクターとバリー」の名前で”Double Act”、いわゆるお笑いコンビを組みます。

ロンドンやオーストラリアのシドニーの劇場やイギリスのテレビの出演して、大変な人気を得ていたそうですよ。

卒業前に、映画でデビュー。

卒業後はスコットランドのテレビなどで活躍し、ロンドンに進出しています。

ロイヤルシェイクスピアカンパニーやロイヤルナショナルシアターでの公演で主演を演じています。1988年に、最も有望な新人に与えられる「オリビエ賞」にノミネート。

1991年にはオリビエ賞のコメディパフォーマンスオブザイヤーを受賞しています

それ以降、メジャーの道を進んでいくのですが、その前にプライベートにも少し触れておきましょう。

アラン・カミングの最初の結婚は、女優のヒラリー・リオンさん。

1985年~1993年まで続きました。

バイセクシャルと公言していて、その後、2007年に男性と同性婚を上げて話題になりました。

アラン・カミングは性差別を反対する市民権運動などにも活発に行っているようで、LLAD(中傷とゲイ&レズビアン同盟)のヴィト・ルッソ賞を受賞しています。

また、「セカンド・カミング」という香水ブランドを立ち上げ、売上の全てを国際ゲイ&レズビアン人権委員会、LGBTストップ・フリー・プロジェクトに寄付をしているそうですよ。



アラン・カミング ハリウッドへ進出!話題作『チョコレートドーナッツ』『キャバレー』など映画や舞台でも大活躍。

アラン・カミングのハリウッド進出は、1994年。その後マルチな活動をして、仕事の絶えない人気俳優です。

役どころは、ゲイや変人などの特徴的な役柄多いですね。

特に『チョコレートドーナッツ』での演技は大きな評判を得ました。

ストーリーは、ゲイの男性が育児放棄されたダウン症の子供を育てたという実話をもとに作られたもの。

アラン・カミングは歌手を夢見ながらショーパブで働くパフォーマの役どころ。

歌に演技に実力をいかんなく発揮して見事に演じました。

この映画、アメリカでは大評判となったものの、日本では「ゲイカップルがダウン症の子供を育てる映画なんて」と言う感じで、上映は1館のみだったそうです。

しかし、「王様のブランチ」で映画コメンテーターのLiLiCoさんが号泣しながら作品を紹介したことがきっかけとなり、翌週から140館が上映したそうです。

<主な映画出演作>
『サークル・オブ・フレンズ』(96/パット・オコナー監督)
『ロミーとミッシェルの場合』(97/デヴィッド・マーキン監督)
『Emma エマ』(97/ダグラス・マクグラス監督)
『スパイ・キッズ』三部作(01-03/ロバート・ロドリゲス監督)
『X-MEN2』(03/ブライアン・シンガー監督)
『マスク2』(05/ローレンス・ガターマン監督)
『バーレスク』(10/スティーヴン・アンティン監督)
『スマーフ』(11/声の出演/ラージャ・ゴズネル監督)
『テンペスト』(11/ジュリー・テイモア監督)
『チョコレートドーナッツ』(12/トラヴィス・ファイン)など。

1998年には、舞台でも活躍。ブロードウェイで『キャバレー』に主演しました。

これは、ナチスの影が忍び寄るベルリンのキャバレー“キットカットクラブ”を舞台に歌姫・サリーと作家志望の青年が繰り広げるラブストーリー。

アラン・カミングが演じるのは、ストーリーテラー的キャラクターにして、“キットカットクラブ”で司会を務める男・エムシー役です。

彼はこの役柄でトニー賞「主演男優賞」を受賞しています。

この舞台は、劇場全体がキャバレーの“キットカットクラブ”となっていて、1回の客席フロアはラウンドテーブルになっていて、飲食のオーダーも可能だったそうです。

アラン・カミングは舞台のキャバレーの司会役として、客席に降りて行ったり、観客を舞台に上げたりしたと言います。

ぜひ一度実際に見てみたかったですね。

トニー賞の受賞式でのミニライブを見ましたが、アラン・カミングの出で立ちは上半身裸にサスペンダー姿。妖艶な存在感がハンパない感じですね。

 



アラン・カミング主演の『インスティンクト -異常犯罪捜査-』シーズン2がいよいよスタート!相方ボヤナ・ノヴァコヴィッチとのコンビネーションも楽しみ!

そんなアラン・カミングが出演している犯罪ドラマ『インスティンクト -異常犯罪捜査-』。

アラン・カミング演じるのは、名門ペンシルベニア大学で異常行動学を教えるディラン・ラインハート博士。大学教授兼作家の役どころです。

シーズン1では、ラインハートのところにニューヨーク市警察の刑事、リジー・ニーダム(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)が訪れる。

ニューヨークで最近起こる連続殺人事件が、ラインハートの著書をもとに行われてるのではないか?と言う。

捜査への協力を求めるニーダムの要請をいったんは断るのだが、実はラインハート博士はかつてCIAの辣腕エージェント。

結局のところ事件が気になり、捜査に協力することになる。

アラン・カミングの演じるラインハート博士、ゲイで同性婚をしている設定。

アメリカでもセンセーショナルな役柄設定と言えます。

プロデューサーも兼任している彼が、性差別をなくす彼の活動の一環として、この設定を織り込んだのかなぁなんて思ってしましますね。

ですが、その設定もあってか、アラン・カミングとボヤナ・ノヴァコヴィッチのサッパリした関係性が楽しくって、この二人のキャラだけでも十分楽しめてしまいます。

男女のコンビで捜査をしていく犯罪ドラマは「キャッスル」や「FBI-特別捜査官-」などヒット作が多いのですが、この二人のコンビも見ものです。

是非、ご覧ください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました