クリス・ヘムズワースの生い立ちは?俳優3兄弟ってホント?性格はヒロイン級?ファッションにもこだわりが強い!

アクション俳優

今やマーベルヒーローの中でなくてはならない存在となった「マイティ・ソー」のソー。

それを演じるのが、オーストラリア出身の俳優クリス・ヘムズワースです。

バッキバキの筋肉が映画でも際立っていますよね。

私生活でも、映画のように頼りがいのあるパパだそうです。

今回は、そんなマッチョイケメン俳優のクリス・ヘムズワースについて紹介します!


クリス・ヘムズワースの身長は?性格は真面目で頼りがいがある?生い立ちは?


クリス・ヘムズワースは、オーストラリア・メルボルン出身の俳優です。

1983年8月11日の現在38歳です。

そんなクリスの身長は、190cmです。

身長が高く筋肉もムキムキなので、ソーだけが操ることのできる重いハンマーも楽々持てるのでしょうね。

衣装で着ているマントも、高身長ならではでとても似合っています。

そんなクリスの性格は、真面目で頼りがいがあるそうです。

クリスはもともと体を動かすのが好きで、趣味でサーフィンなどを楽しむこともあったらしいのです。

ですが、映画でスーパーヒーローのソーを演じるにあたり、9キロ体重を増やし、筋肉も大幅に増やしたそう。

体重を減らすのも大変ですが、増やすのも相当な努力が必要だったと思います。

映画の役作りのために大幅な増量をおこなったことからも、クリスの真面目な人柄が伝わってきますね。

そんなクリスはオランダやアイルランドなどの血を引いています。

クリスの綺麗な目は、ヨーロッパの血を引いていることも理由のひとつかもしれませんね。

今では映画に引っ張りだこのクリスですが、俳優としてのキャリアは順風満帆だったわけではなく、下積み時代もあったそうです。

映画のオーディションにも落ちた経験もあるそうで、苦労を経験しているからこそ、今とっても輝いているのでしょうね。


クリス・ヘムズワースは結婚している?兄弟も有名俳優?

クリス・ヘムズワースは、2010年に結婚しています。

双子の子どもがいて、3児のパパです。

妻はハリウッド女優でスペイン出身の女優エルサ・パタキーです。


夫婦ともに俳優なので、クリスの子どもも将来は俳優の道に進むかもしれませんね♪

そんなクリスは3兄弟の次男です。

兄は「ハンガーゲーム」のゲイル役で知られる俳優リアム・ヘムズワース。

弟は「ウエストワールド」に出演中の俳優ルーク・ヘムズワースです。

なんと3兄弟みんな俳優なのですね!

私生活でも仲が良く、一緒にいるところがネットニュースになったりしています。

兄弟で集まるのがネットニュースになるとは、相当有名な兄弟なのでしょう。


クリス・ヘムズワースのファッションに注目!腕時計や香水にもこだわりが!

クリス・ヘムズワースは、ファッションがよく注目されています。

パパラッチにキャッチされる写真は、いつもおしゃれな洋服を着ていることが多いです。

一見ラフそうに見えても、ポイントを抑えた服装をしているので、相当なおしゃれさんだと言えます。

腕時計や香水にも気を使っていて、腕時計は毎回違うブランドのものを付けているところをキャッチされます。

きっと何個も持っているのでしょうね。

さらに2021年の夏にキャッチされた写真では、クリスの靴に注目が集まりました。

クリスが靴を履いている時は、そのほとんどが「ゴールデングース」というブランドのものだったそうです。

シンプルな服装にゴールデングースの靴を合わせてアクセントにしているのがオシャレだと、ネットニュースになったほどです。

クリスのファッションへのこだわりは、強いと言えるでしょう。


クリス・ヘムズワース、メン・イン・ブラックやマイティー・ソーで唯一無二の存在に!

クリス・ヘムズワースは有名なアクション映画に出演しています。

2019年に公開された映画「メン・イン・ブラック/ インターナショナル」では、エージェントH を演じました。


スーツ姿が本当にかっこいいですよね。長身にとてもよく似合っていました。

映画の中で共演したテッサ・トンプソンとの掛け合いもとても面白く、息の合った演技を披露しており、私の中ではナイスコンビでした。

クリスとテッサは映画「マイティ・ソー」でも共演しています。

映画でクリスはヒロインの戦士ソーを演じています。

スーパーヒーローってなぜこんなにかっこいいのでしょう。

男らしく頼もしいソーは、クリスの性格そのものですね。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください!



クリス・ヘムズワースの年収が凄い!

『マイティー・ソー』でおなじみのクリス・ヘムズワースは、2018年には、フォーブスの「最も稼いだ俳優」ランキングで、4位の6450万ドルを年収を稼ぎました。

やっぱり、マーベル作品に出ている俳優は、稼いでますね。

そんなマーベル作品でヒーローを演じるスターたちの出演料が米エンタメサイトのJustJaredで公表されました。

『マイティ・ソー』(2011年)15万ドル(約2000万円)

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)1500万ドル(約20億円)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)1500万ドル(約20億円)

『ソー:ラブ&サンダー』(2022年)2000万ドル(約26億円)

 

アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)で、興行収入にスライドする、特別ボーナスの契約をした結果、約124億円を得たのは例外。

その時も、出演料だけで見ると2000万ドル(約26億円)でした。

クリス・ヘムズワースは、ヒーロー中でも、ロバート・ダウニー・Jrと並び、トップにランクインしているのです。

マーベル作品は、これからますます発展していきそうなので、さらに年収もアップしそうですね。

クリス・ヘムズワースの活躍にこれからも期待しましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!


コメント

タイトルとURLをコピーしました