ダニエル・ラドクリフの彼女は誰?結婚してる?『ハリー・ポッター』にキャスティングされた理由とは?

ドラマ男優

ダニエル・ラドクリフと言えば、『ハリー・ポッター』の主演で超有名ですね。その『ハリー・ポッター』が公開されて20周年となります。
12歳だった彼も現在32歳になり、恋人や結婚のことが気になったので調べてみました。
さらに、ダニエル・ラドクリフはなぜ『ハリー・ポッター』に選ばれたのか?
彼の生い立ちや彼女などのプライベートをまとめてみました。

ダニエル・ラドクリフ の彼女はどんな人?結婚はしているの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Radcliffe(@daniel9340)がシェアした投稿

ダニエル・ラドクリフも30歳過ぎたのですね。

そろそろ、結婚もありそうなのですが、今のところ、まだのようです。

彼の恋愛遍歴を振り返ってみましょう。

最初の彼女としてゴシップに載ったのは、ダニエル・ラドクリフが18歳の時。

4歳年上のアイルランド出身の女優ローラ・オトゥールでした。

ティーンエージャーの男子が誰しもあこがれる、年上の彼女ですね(笑)

逆に、ダニエル・ラドクリフは童顔なので、ローラ・オトゥールも母性本能をくすぐられたのかもしれません。

二人は舞台で共演したのがきっかけで、交際が始まったのですが1年足らずで破局してしまいました。

ローラ・オトゥールと破局後は、アラナ・ドースさん、オリーブ・ウニアックさんと交際していますが、それぞれ2~3か月の交際だったようです。

2010年に、『ハリー・ポッター』のスタッフであったロージー・コーカーさんと交際を開始します。歳も同い年で、見た感じ身長も同じくらいのとっても素敵なカップル。

それまでの彼女は身長が165cmで細身のダニエル・ラドクリフと並ぶと、背が高く大柄だったので、人気俳優でありながら、彼自身がショボく見えてしまっていたんですよね。

ですが、ロージー・コーカーさんとも1年足らずで破局となってしまいます。

そして2012年からアメリカの女優エリン・ダークと交際を開始しています。

ダニエル・ラドクリフが主演した映画『キル・ユア・ダーリン』で共演したのがきっかけだったようです。

エリン・ダークは写真で見ると元彼女のロージーさんと似た感じの美女。

違いは身長が170cmあってダニエル・ラドクリフより、ちょっと高め。

ヒールをはいたらかなり身長の差がありそうです。

年齢は彼より5歳年上なんですね。

ダニエル・ラドクリフは年上で、大柄の女性が好みなのでしょうね。

交際してから4年後の2017年6月22日に二人は婚約。

結婚はまだのようですが、現在も仲睦まじくニューヨークで暮らしています。


ダニエル・ラドクリフ 身長や生い立ちなどのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Radcliffe(@daniel9340)がシェアした投稿

本名 Daniel Jacob Radcliffe
ダニエル・ジェイコブ・ラドクリフ
生年月日 1989年7月23日(32歳)
出生地 イングランド・ロンドン

ダニエル・ラドクリフは元俳優の両親のもとに生まれ、5歳の頃から子役として演技の道を歩んでいました。

協調運動障害があったため、一般の学業で遅れをとってしまう可能性があったことから、両親が演技を進めたそうです。

マイナスを補うのではなくプラスを伸ばし、一芸に秀でる子育てをするって、素晴らしいご両親ですね。その子にも自信がつきますしね。

プラスの感情をもって自己承認をしっかりできると、本人が安心感を得られます。

安心すると自信につながるんです。

私が行っているコーチングでも、クライアントのプラスの感情を拾うことは、一番注意して行うことなんですよ。

プラスの感情を突き詰めると「愛」につながると言われます。

まさしく両親の愛がつながっているのでしょう。



ダニエル・ラドクリフ 『ハリー・ポッター』のオーディションは5,000人!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Radcliffe(@daniel9340)がシェアした投稿


ダニエル・ラドクリフが初めてハリーを演じたのが2001年の『ハリー・ポッターと賢者の石』。彼が11歳の時でした。

以後、8作にわたり、ハリーポッターを務めることになります。

2001年 ハリー・ポッターと賢者の石
Harry Potter and the Sorcerer’s Stone
2002年 ハリー・ポッターと秘密の部屋
Harry Potter and the Chamber of Secrets
2004年 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
2005年 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Harry Potter and the Goblet of the Fire
2007年 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter and the Order of the Phoenix
2009年 ハリー・ポッターと謎のプリンス
Harry Potter and the Half-Blood Prince
2010年 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 1
2011年 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 2

この映画シリーズは、累計約8,000億円の興行収入があったといいますから、映画史上に残る世界的な大ヒットシリーズですね。

その主演であるハリー役のオーディションに集まったのは、5,000人とも3,000人とも言われていますから、すごい倍率です。

ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトンはハリー役とロン役でオーディションを落ちていたそうで、3回目のドラコ役で合格したのだそうです。

きっとこのオーディションに落ちた後の人気俳優はもっといるのではないでしょうか。

ちなみに、『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト』に主演するエディ・レッドメインも、時期は違いますが落選した一人。

「僕は大学生の時にトム・リドルのオーディションを受けたよ」

このように、オーディションに落選したことを告白していました。

そんな中で、TVシリーズ『デビッド・コパーフィールド』に出演していたダニエル・ラドクリフを、大変気に入ったのがクリス・コロンバス監督でした。

その理由とは何だったのでしょう?


ダニエル・ラドクリフが『ハリー・ポッター』にキャスティングされた理由とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Radcliffe(@daniel9340)がシェアした投稿


クリス・コロンバス監督に見いだされてたダニエル・ラドクリフですが、彼の何が決め手だったのでしょうか?

キャスティング・ディレクターのジャネット・ヒルシェンソンのインタビューにその答えがありました。

「他の子たちも素晴らしくて、脆くて、とてもハリーっぽい見た目でした。でもそれ以外に、ハリーはとても力強い子にもなるわけですよね。ダニエルはその両面を持っていたんです。とても脆いところもありつつ……、他の子たちは、ダニエルのような勇敢さがなかった」

最終選考には、彼の他にもう二人の子役がいたそうなのです。

その子たちも素晴らしかったのですが、決め手は「勇敢さ」をダニエル・ラドクリフの中に見出したからだそうです。

演技力や容姿ではないのですね。ダニエル・ラドクリフのもっている内面の「勇敢さ」だったなんて!

観るものを引き付け、感動させる映画と言う世界は、そういった内面をどう表現するかが大事なんですね。

「可愛さ」、「脆さ」そして、「勇敢さ」を意識して『ハリー・ポッター』を観なおしてみると、今までとは違った印象になるかもしれません。


ダニエル・ラドクリフは『ハリー・ポッター』の魔法にかかっている?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Radcliffe(@daniel9340)がシェアした投稿


『ハリー・ポッター』は魔法使いの訓練学校を舞台にした映画です。そこでダニエル・ラドクリフ演じるハリーやハーマイオニー(エマ・ワトソン)などスターが生まれています。

魔法使いを演じていたダニエル・ラドクリフですが、その後の俳優人生は『ハリー・ポッター』の魔法にかかったのかもしれません。

その魔法は、悪い意味でハリー以後のヒット作に恵まれていないような風評も聞きます。

しかし他の役者からすればコンスタントに映画などに出演して、主役を張れるだけでも羨ましい話です。

良くマコーレ・カルキンの例が出されます。確かにダニエル・ラドクリフも酒におぼれてアルコール依存症になったり、タバコの吸いすぎで治療をしたりしていました。

しかし、持ち直してしっかり俳優をやっていますしね。

逆に原因不明の群発頭痛を乗り越えて俳優を継続していることを考えると、それこそが『ハリー・ポッター』の魔法なのではないでしょうか。

最新作は『Weird: The Al Yankovic Story(原題)』が予定されています。

マイケル・ジャクソンやマドンナなどの曲をパロディにして歌い、グラミー賞に5度も輝いた“ウィアード”・アル・ヤンコビックの人生を描いた伝記映画のようです。

日本にはあまりなじみがないヤンコビックですが、ダニエル・ラドクリフがどのような演技をしてくれるのか楽しみですね。

『ハリー・ポッター』シリーズが始まって20年が経ちました。

今後も名作として語り継がれていくのでしょうが、ダニエル・ラドクリフの魅力をあらためて感じてみたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました