フレディ・ハイモアが結婚した彼女とは?現在主役の『グッド・ドクター』の役づくり。

ドラマ男優

『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)の主人公の少年チャーリー・バケット役で有名になったフレディ・ハイモア。

そのフレディが極秘結婚した相手は誰なのでしょう?

その他、現在の出演ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』のエピソードや、プライベート情報についてご紹介します。

フレディ・ハイモアが極秘結婚をテレビで告白!

フレディ・ハイモアが、極秘に結婚していたと言うニュースが、報道されています。

2021年9月27日に、フレディ・ハイモアがアメリカバラエティ番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演しました。

その際に、司会のジミー・キンメルが彼の左薬指に金の指輪がはめられているのに気づきました。

そして、そのことについての質問をすると。

あっさりと結婚したことを認めた、フレディ・ハイモア。

お相手は、イギリス人の女性。

名前などは明されませんでした。

実は、フレディ・ハイモアが指輪を着けるようになってから、さまざまな人から結婚について尋ねられたといいます。

そのため、彼はこの番組中で、結婚の事実をハッキリさせたかったのだとか。

まず、トム・クルーズがケイティ・ホームズとの結婚を、ソファに飛び乗って話した例に挙げて、

「僕はトークショーのソファの上で飛び跳ねたりして、興奮した気持ちを表すつもりはないのだけど…」

そう前置きしてから、フレディ・ハイモアはこのようにコメントを続けました。

「でも、僕は(こう落ち着いて見えても)イギリス人として表現できる最高に幸せを感じているよ。とても素晴らしい女性と結婚したんだ。」

なんとも、知的なフレディ・ハイモアらしい表現ですね。

まだ結婚して間もない頃でしたが、とても幸せそうな様子でした!

ちなみに、トム・クルーズの例は、2005年にトーク番組『The Oprah Winfrey Show』に出演したときのこと。

結婚して幸せだと言うことを、興奮のあまりに、ソファに飛び乗って話したそうです。



 

フレディ・ハイモアの結婚相手は誰?

そんな彼の結婚相手は、クラリッサ・マンツさん。

フレディ・ハイモア自身は、彼女のことをほとんど秘密にしています。

とは言え、二人を目撃している人は少なくないようです。

こちらは、ゴールデングローブ賞に同席したとき。

その他、彼が出演した『ベイツ・モーテル』の撮影現場に、彼女が訪問していたとか。

そのクラリッサさんは、ハイモアと共にケンブリッジ大学に通っていたようです。

卒業後はウェブデザイナーとして、活躍をしてたみたいです。

ですから、交際期間は、かなり長かったのかもしれません。

しっかりと、愛を育んでいたのですね。

いつまでもお幸せに!



 

フレディ・ハイモアの身長は? どんな性格をしているの? 家族は? 双子の弟とは?

フレディ・ハイモアの身長は178cm。

1992年2月14日にイギリスのロンドンに生まれ、現在は29歳です。

父のエドワード・ハイモアは俳優で、母のスー・ハイモアはダニエル・ラドクリフやイメルダ・スタウトンらのエージェントをつとめています。

双子の弟のバーディー・ハイモアも俳優をしており、まさに芸能一家と呼べる家族です。

「women talking dirty」と言う2人が共演した作品もあります。

まだ、小さい頃なんですけど。

そんなフレディ・ハイモアは、俳優の仕事をしながら、ケンブリッジ大学エマニュエルカレッジを卒業。

専攻のスペイン語とアラビア語は、共に最高成績をとるほど、優秀だったようです。

俳優だけでなく、学問にも秀でるとは、とてもに真面目な性格なのでしょうね。

16歳の時には、GCSEというイギリスの全国統一試験制度で、8〜10科目で最高ランクのASを獲得しています。

そんな優秀な彼は、ケンブリッジ大学で3年生のとき、演技から距離を置いています。

「本当にこれが自分のやりたいことなのか、距離を置いて考えてみたかった」

そんな思いから、マドリッドの法律事務所やクウェートの石油会社で働いていました。

既に俳優として名声を得ているにも関わらず、客観的に自分を見つめていたのです。

なんとも、聡明なフレディ・ハイモアらしいですね。



 

現在、フレディ・ハイモア主演の ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』、青年医師がハマリ役!

ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』とは

2017年から放送されている人気ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』。

主人公の青年医師を演じ、高い評価を得ているフレディ・ハイモア。

フレディ・ハイモアが演じるのは、主人公のショーン。

自閉症ながらも、天才的な記憶力を持つ“サヴァン症候群”である若い研修医です。

普通の視点ではわからない難病を、彼が発見する様は、他には無く興味深いものです。

また、ショーンに偏見を持つベテランの医師との難しい関係。

そして、ともに医師としての成長を目指す研修医仲間との友情。

そんな、周囲の人々の内面が描かれる、ヒューマンドラマです。

この作品は2013年の韓国のドラマ『グッド・ドクター』を元にしたリメイクです。

韓国出身の人気俳優ダニエル・デイ・キムの提案で、製作が実現したのだとか。

またフレディ・ハイモアもプロデューサーも兼任しています。

 

フレディ・ハイモアの役づくり

フレディ・ハイモアは20代ですが、すでに20年に近い俳優のキャリアをもっています。

このドラマに出るにあたり、こんなコメントをしています。

「私がテレビで演じたどの役よりも準備が必要だった。」

経験豊富なフレディ・ハイモアでも、主人公ショーン演じるには難しかったようです。

では彼は、どのように役づくりをしたのでしょうか?

まず、事前に韓国版のオリジナル作品をチェックしました。

しかしフレディ・ハイモアは、数分で見るのを止めたそうです。

それは、主演の演技があまりに素晴く、影響を受けすぎないようにするためでした。

そして、彼は自閉症のコンサルタントとディスカッションを重ねました。

それによって、自閉症の人ならではの仕草がわかったそうです。

例えば、反復動作をしないよう、「静かな手」と呼ばれる手を合わせる仕草。

それを、手術前の外科医が行う動作に重ねて、彼は演技をしているのだそう。

その他にも、自閉症に関わるドキュメンタリーや書籍を調ベています。

そこで、見たり聞いたり、体験したことを役づくりに活かしていったようです。

これは『グッド・ドクター』のシーリズを重ねても、継続して行っています。

そういった継続した役づくりを行っている、フレディ・ハイモア。

素の好青年ぶりが発揮された、ハマリ役になっているのではないでしょうか。



 

子役で『チャーリーとチョコレート工場』に出演。天才的な演技力を見せたフレディ・ハイモア

2005年に公開されたティム・バートン監督の、ミュージカル・ファンタジー作品。

1964年に書かれた、イギリスの小説『チョコレート工場の秘密』が原作です。

この作品で主役の少年チャーリー・バケットを演じたのが、フレディ・ハイモア。

当時、その天才的な演技力と、かわいらしい見た目が話題になりました。

貧乏な家庭で育ちながらも心優しいチャーリーが、世界中で大人気のウィリー・ウォンカ製のチョコレートに5枚だけ入れられた金色のチケットを引き当てます。

そして招待された、秘密に満ちたチョコレート工場で不思議な体験をするというストーリー。

映画にちなん、ウィリー・ウォンカ製のチョコレートも作られました。

売られているのを目にしたことがある方も、多いのではないでしょうか。

ウィリー・ウォンカ役には、ご存じジョニー・デップ。

彼がこの映画に、フレディ・ハイモアを推薦したのは有名な話です。

前年の映画『ネバーランド』で共演した際、フレディの演技に魅了されそうです。

名優ジョニー・デップから指名されるとは、すごい!



 

フレディ・ハイモアのドラマ『ベイツ・モーテル』ではサイコパスに!

そして、2013年から2017に放送されたドラマ『ベイツ・モーテル』に出演。

フレディ・ハイモアは、ノーマン・ベイツ役を務めました。

このドラマは、名匠アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『サイコ』の前日譚です。

1960年の作品で、ノーマン役はアンソニー・パーキンスでした。

サイコパスであるノーマンの青年時代を、フレディ・ハイモアは見事に演じています。



 

フレディ・ハイモアまとめ

主演ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』も、シーズンが継続。

その他、2021年のスペインのアクションスリラー映画『ウェイ・ダウン』ではプロデューサーも兼任しています。

また、公開予定の『The Canterville Ghost』では、声優としても活躍中です。

今後ますます、フレディ・ハイモアの活躍を期待したいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました