ガブリエル・マクト『スーツ』主演俳優の現在の年収とは?!結婚や 身長・ 体重などのプロフィール。

ドラマ男優

大人気ドラマシリーズ『SUITS/スーツ』の主人公ハーヴィー・スペクター役で知られるガブリエル・マクト。

ケタ外れの『SUITS/スーツ』出演料から、身長・体重などのプロフィール、プライベートの話題までを幅広くお届けします!

ガブリエル・マクトの現在の年収は? 『SUITS/スーツ』のケタ外れの出演料を公開!

2011年から2019年まで放送されていたテレビドラマシリーズ『SUITS/スーツ』の主人公、ハーヴィー・スペクター役で出演したガブリエル・マクト。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Suits(@suitspeacock)がシェアした投稿


『SUITS/スーツ』はニューヨークの大手法律事務所が舞台。

若いながらも腕利きの弁護士ハーヴィー・スペクター。

そして、天才的な頭脳を持つ青年マイク・ロス。

その二人が、さまざまな訴訟に向き合っていく“リーガルドラマ”。

ニューヨーク・マンハッタンの洗練された雰囲気と、登場人物のスーツの一流の着こなしが最高にスタイリッシュと評判を呼びました。

「スーツ姿がカッコ良すぎる!」と人気を集めるガブリエル・マクト。

Networthq.comというセレブの資産について公表するサイトで、その資産が公開されています。

2018年の時点で『SUITS/スーツ』の出演料は1話につき85,000ドル(約1,000万円)。

これは1シーズンで1,360,000ドル(約1億5,000万円)、全8シーズンの合計ではなんと10,880,000ドル(約12億円)と莫大な金額となっています。

それも『SUITS/スーツ』の出演料だけでこの金額。

他の作品の出演料や、妻である女優のジャシンダ・バレットの所得を含めれば、一家の資産は想像できないぐらいの高額になるものと思われます。


ガブリエル・マクトの身長・体重は? 実父との驚きの共演。インスタにも頻繁に登場。

ガブリエル・マクトの身長は184cm、体重は84kg。

『SUITS/スーツ』ではメインキャストたちに最高級のブランドの衣装が採用されています。

この恵まれた体格で、一流ブランドのスーツを着れば、似合わないわけがありません!

そんな天性の素質を生まれ持ったガブリエル・マクトですが、お父さんのスティーヴン・マクトもテレビや映画で活躍する俳優でした。

『女刑事ギャグニー&レイシー』(1982年〜1983年)になどに出演。

さらにこの親子は、『SUITS/スーツ』の中で共演を果たしているのです!

父のスティーヴン・マクトは第3・4シーズンでジェラード教授役として登場。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gabriel Macht(@iamgabrielmacht)がシェアした投稿


演劇教師だったスティーヴン・マクトは、息子のガブリエル・マクトが15歳の時に、戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』出演時に演技指導をしていたのでした。

実の親子というだけでなく、教師と生徒でもあった二人。

お父さんのスティーヴン・マクトは自慢の息子と共演できて、うれしくて仕方がなかったでしょうね!

ガブリエル・マクトのインスタにも、お父さんがちょいちょい出てきます。

俳優の先輩としてもリスペクトしてるのでしょう。


ガブリエル・マクトの 結婚相手も『SUITS/スーツ』に出演していた!

年収についての話題ですでに奥さんのことに触れましたが、ガブリエル・マクトは2004年に、女優のジャシンダ・バレットと結婚しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gabriel Macht(@iamgabrielmacht)がシェアした投稿

ガブリエル・マクトは実父のスティーヴン・マクトだけでなく、妻のジャシンダ・バレットとも『SUITS/スーツ』で共演しています。

ジャシンダ・バレットは主人公ハーヴィー・スペクターの元同僚で、陪審コンサルタントのゾーイ・ローフォード役としてシーズン2に出演していました。

ガブリエル・マクトのたっての願いで夫婦での共演が実現したそうですが、彼の愛妻家ぶりをうかがわせるエピソードですね。

奥さんのジャシンダ・バレットは1972年8月2日生まれで、現在は49歳。

2007年には娘のサティーン、2014年には息子のルカが誕生しています。

超イケメンのガブリエル・マクトに、超美人妻のジャシンダ・バレット。

お似合いな二人のラブラブ夫婦ぶりがうらやましい限りです。


ガブリエル・マクトの出演作『SUITS/スーツ』で共演したメ―ガン・マークルの結婚式とは

『SUITS/スーツ』のメインキャストの一人であるメーガン・マークルは、レイチェル・ゼイン役で同シリーズに出演していました。

メーガン・マークルはシーズン7で降板しましたが、これは英ヘンリー王子と婚約したのが理由。

その後、ヘンリー王子とメーガン・マークルは結婚し、ロイヤルウェディングには『SUITS/スーツ』のキャストたちが駆けつけました。

役柄そのものに、一流ブランドのスーツやドレスを身にまとったキャストたちは、「ドラマから飛び出してきたようだ」と話題になりました。

メーガン・マークル演じるレイチェル・ゼインの恋人役マイクとして、7年に渡り共演してきたパトリック・J・アダムス

子どもが生まれた際にメーガン・マークルとメッセージやプレゼントのやり取りをしたそうですが、恐れ多過ぎて連絡をするのが怖かったとのこと。

仲の良いスタッフ同士だったと言っても、公爵夫人とはさすがに気軽には付き合えませんよね……。

今後も期待されるガブリエル・マクト。
さらに注目していきたいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!

▼こちらもご覧ください▼
パトリック・J・アダムスのプライベートとは? 代表作『SUITS/スーツ』以外の出演作は?



コメント

タイトルとURLをコピーしました