ジャンマルコ・サウリーノは結婚してる?『DOC あすへのカルテ』ロレンツォ役のパーソナルデータ。

ドラマ女優

『DOC(あすへのカルテ)』で、ロレンツォ・ラッザリーニ役のジャンマルコ・サウリーノ。

今、イタリアでもっとも注目されている若手俳優の一人です。

そんな、ジャンマルコ・サウリーノのプロフィールをご紹介します。

ジャンマルコ・サウリーノの年齢・身長・俳優になるまで

本名: Gianmarco Saurino
生年月日: 1992年12月12日
年齢: 29歳
出生地: イタリア フォッジア
身長: 180 cm

ジャンマルコ・サウリーノ、いかにもイタリアの色男ですね。

イタリアには、彼のようなイケメンがたくさんいると思います。

ですが、彼は何か違う雰囲気を持っているような。

それは、なぜなのか?

その生い立ちから見てみましょう。

ジャンマルコ・サウリーノは、常に演技に大きな情熱を持っていたようです。

地元のリモーニ劇場で舞台演劇の活動します。

高校卒業後はローマに移り、映画撮影実験センターで3年間、演技を学びました。

ちなみに、お兄さんのマルセロも、この映画学校を卒業しているそうです。

映画の編集者をしているみたいですね。

そして、映画撮影実験センターを出てからは、舞台を中心に活動します。

最初の大きな舞台は、「Cyrano De Bergerac(シラノ・ド・ベルジュラック)」。

17世紀のフランスに実在した剣豪作家の人生を描いた、名作戯曲でした。

以来、イタリアの著名な演出家や俳優たちと共演をしていきます。

そして、素晴らしい才能を発揮してきました。

その後、同僚のマウロ・ラマンナとともに芸術・演劇集団「ディヴィーナ・マニア」を設立。

そちらでは、芸術監督も務めています。

若くして、実力派の俳優なのですね。



舞台・ドラマ・映画に活躍するジャンマルコ・サウリーノ。

舞台で実績を残してきたジャンマルコ・サウリーノ。

次第に、テレビや映画でも活躍をしています。

テレビデビュー作『Che Dio ci aiuti』

テレビデビューは2017年のドラマ『Che Dio ci aiuti(神が我々を助けてくれますように)』。

シーズン4~6に渡り、若き弁護士ニコデモ・サンパオロ役でメインキャストを務めました。

のちに『DOC(あすへのカルテ)』で共演するピエールパオロ・スポロンも、この番組に出演していました。

 

ドラマ『C’era una volta Studio Uno』

2017年には、ドラマ『C’era una volta Studio Uno(昔々スタジオウーノがあった)』に出演。

1960年代の卓越したバラエティ番組の誕生を描いた作品です。

今よりもずっと、甘いマスクですね。

さらに、2018年にはコメディドラマ『Non dirlo al mio capo(上司に内緒で)』のシーズン2にレギュラー出演をしています。

 

『DOCあすへのカルテ』

そして、2020年に『DOC – Nelle tue mani(邦題:DOCあすへのカルテ)』で、ロレンツォ・ラッザリーニ役を演じます。

このように、リッカルド役のスポロンとは、今も仲良しのようですね。

2021年には、ジャンマルコ・サウリーノ初の映画『Mascarpone(Maschile singolare)』では、ルカ役で主演を務めました。

 

最新作

ジャンマルコ・サウリーノは、その後、次々と映画に出演。

2022年にはライアン・フィリップ主演の山岳アクション『サミット・フィーバー』。

さらに『I viaggiatori(トラベラーズ)』では主演を務めます。

この映画では、役づくりで12キロも体重を増やしたそうですよ。

もうすぐ30歳になるジャンマルコ・サウリーノ。

今後について尋ねられると、

「30歳のときに、初めてのシェークスピアをやると決めていたんだ。」

そう言っていました。

初心に戻って、久々の舞台に復帰するようです。

▼関連記事:こちらもご覧ください▼
『DOC あすへのカルテ』メインキャスト10人の私生活と出演作品まとめ。



『DOCあすへのカルテ』出演で変わった、ジャンマルコ・サウリーノの役者観。

「多くの医師や医療専門家に起こったことを、現在出演する人気ドラマで紹介することは、大きな責任であり、その責任を痛感しています」

大ヒットドラマ『DOCあすへのカルテ』でレギュラー出演するジャンマルコ・サウリーノ。

このドラマの撮影中はコロナ禍と言うこともあって、出演者たちは、医療従事者を取り巻く厳しい現実を目の当たりにしていたのです。

多くの視聴者に愛されるキャラクター、ロレンツォ・ラッザリーニ役を単に演じるのではなく、そのドラマに持つ役割についても、使命を感じているようです。

実際、そのドラマを観た医療従事者から、感謝の手紙が数多く届いたそうです。

その手紙には、彼らが抱える不安や心配などが、リアルに描かれていたと言います。

「私たち役者は、演技ですが、医療従事者たちは、医療現場で彼らは本当に仕事をしているのです。」

『DOCあすへのカルテ』に出演して、俳優と言う仕事の意味を、あらためて見つめ直したようですね?

「シーズン2では、このようなドラマチックな歴史的時代の中で、医師たちがどのように動いているかを表現しようとしました。」

そうジャンマルコ・サウリーノが語るように、シーズン2では、医療現場のリアルな状況が、よりいっそう描かれるようです。

そして、彼が演じるロレンツォ・ラッザリーニ医師にも、大きな変化が訪れるみたいですね。

実は、このことが彼の人生観にも、大きな影響を及ぼしたようです。

それについては、次に続きます。



ジャンマルコ・サウリーノに恋人はいる?結婚は?!

ジャンマルコ・サウリーノは、数年前からある女性と婚約しているようです。

その婚約者は、フィレンツェでシェフとして働いているみたい。

あるインタビューで婚約者のことを、話していました。

そのコメントの後半部分は、意味深なので。

「私は恋をしていて、ある女性と付き合っています。ですが、私は昔ながらに永遠を信じることには、少し疑問を感じています。」

つまり、婚約をしているのに、永遠の愛には疑問を持っている?ってことですよね。

これは、どういうことなのでしょう?

「私の彼女は、私の人生のこの時期にふさわしい女性であると確信していますし、この期間ができるだけ長くなることを願っています。」

このように、前置きをしてから、

「人生に支障をきたしたり、人間関係が複雑になったりするので、責任を負えなくなるかもしれない。」

なるほど。

ジャンマルコ・サウリーノは、『DOCあすへのカルテ』の出演で、コロナ禍で厳しい現実を直視しました。

なので、コメントのように「人生、どうなるかわからない」と言った思いも、強くなったみたいですね。

とは言え、シェフの恋人への想いに、変わりはないようです。

実は彼には、結婚して50年、仲睦まじく暮らしている祖父母がいるのです。

そんな祖父母たちを見て、ジャンマルコ・サウリーノにとって、良いお手本になっているようですよ。

と言うことで、ジャンマルコ・サウリーノについてプロフィールや恋人情報をご紹介しました。

では、彼の活躍と永遠の愛を願って、今日はこのへんで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!

▼関連記事:こちらもご覧ください▼

ピエールパオロ・スポロンの恋人は?『DOC(ドック) あすへのカルテ』リッカルド役の年齢 身長 生い立ち

ライアン・フィリップの現在は?リース・ウィザースプーンと息子の卒業式に出席!



コメント

タイトルとURLをコピーしました