ジェニファー・ビールスの現在は?かわいい娘は高齢出産!

ドラマ女優

ジェニファー・ビールスと言えば、映画『フラッシュダンス』で一躍、世界的なアイドルとなった女優です。

ジェニファー・ビールスは、現在何しているのでしょうか?

彼女の近況と、あらためてプロフィールや過去の出演作を振り返ってみましょう。

ジェニファー・ビールスの現在は?


『フラッシュダンス』で大ヒットした後に出演した、映画『ブライド』が大コケ。

それ以来、作品に恵まれなかったジェニファー・ビールス。

「あの人は今?」的な女優だと思っている映画ファンもいたのでは?

しかし、ドラマでしっかりとポジションを築いています。

レズビアンの生活をオシャレに描いたTVシリーズ『Lの世界』で、主人公の一人、ベット・ポーター役で話題となりました。

またその10年後を描いた続編『Lの世界──ジェネレーションQ』でも、同役に出演し、ドラマの世界で、しっかり活躍をしています。

さらに最近、長寿ドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のスピンオフ、『LAW & ORDER: 組織犯罪特捜班』に出演することが決まったようです。

ジェニファー・ビールスの役どころは、ニューヨークの麻薬王プレストン・ウェブ(ミケルティ・ウィリアムソン)の妻を演じるとのこと。

現在58歳となったジェニファー・ビールスですが、笑顔もかわいく、スタイルも変わらず、女優として活躍を続けています。


ジェニファー・ビールスの結婚。かわいい娘は高齢出産!


ジェニファー・ビールスのプライベートも気になるところです。

まずは、結婚しているのか?

ジェニファー・ビールスは、結婚して離婚して、再婚をしています。

最初の結婚は、1986年に映画監督のアレクサンドル・ロックウェルと。

10年間の結婚生活の後、離婚。

そして、1998年にカナダ人の実業家ケン・ディクソンと再婚。

2005年10月には、娘を授かりました。

ジェニファー・ビールスにとって初産で、42歳の間近という高齢出産でした。

DNAからすると、きっと、かわいいのでしょうね。

 



ジェニファー・ビールス 身長 年齢 生い立ち

本名: Jennifer Sue Beals
生年月日: 1963年12月19日
年齢: 58歳
出生地: イリノイ州 シカゴ サウス・サイド
身長: 173 cm

あらためてジェニファー・ビールスのプロフィールを振り返ってみます。

彼女のお父さんは、インディアンの血を引くアフリカ系アメリカ人。

お母さんは、アイルランド系アメリカ人です。

どことなく、オリエンタルな顔立ちだなと思ったら、インディアンの血を受け継いでいるのですね。

しかし、そのお父さんは彼女が9歳の時に他界。

スーパーマーケットの経営者として成功したお父さんは、莫大な財産を残してくれました。

なので、兄と弟とジェニファーの3兄弟は、不自由なく育つことが出来ました。

ちなみにお母さんは、彼女が17歳のときに再婚。

高校生になると、長身でかわいいルックスのジェニファー・ビールスは、モデルとして活動を始めます。

さらに、通っていた高校でロケを行うことになった映画『マイ・ボディガード』に、出演することになりました。

この経験が、ジェニファー・ビールスを女優の道に進ませることとなります。

イェール大学に入学すると、芸術学を専攻。

そして、映画『フラッシュダンス』(1983年)のオーディションを受けることになります。



ジェニファー・ビールス 『フラッシュダンス』のダンスシーンは本物?


4000人以上参加したオーディションで、ジェニファー・ビールスは主演の座を掴むことになります。

初の主演作『フラッシュダンス』は、世界的な大ヒット。

18歳のジェニファー・ビールスは、一躍世界的なアイドルになり、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされます。

『フラッシュダンス』と言えは、ダンスシーンが印象的ですよね。

入学試験でアレックスが空中をジャンプするシーンは、とくに有名。

実はあのシーンは、体操選手出身のシャロン・シャピロが行っていました。

そして、ブレイクダンスシーンはプロのブレイクダンサー、クレイジー・レッグス。

さらに、女優のマリン・ジャハンの計3名が、ジェニファー・ビールスの影武者としてダンスをしていたと言います。

当時は、その点は伏せられていたそうですが、公表されてもジェニファー・ビールスの人気が衰えることはありませんでした。

それだけ、彼女の魅力は飛びぬけていましたね。

左肩を出して、ルーズにスエットシャツを着こなしたジェニファー・ビールスの姿は数十年経った今でも、色あせない可愛さがあります。



ジェニファー・ビールス出演ドラマ

ジェニファー・ビールスはテレビドラマを中心に活躍をしています。

代表的なドラマを見てみましょう。

 

 

ジェニファー・ビールス出演ドラマ 『ナイトシフト真夜中の救命医』

米陸軍少佐のシド・ジェニングス医師役で出演。

特殊部隊所属のアフガニスタン派遣経験のある軍医と言う、役柄でした。

運動能力もあって身長も高い彼女の、ハードな印象が新鮮ですね。

 

ジェニファー・ビールス出演ドラマ 『ボバフェット』

「エピソード6/ジェダイの帰還」で命を落としたと思われていたボバ・フェットを主役にした、「スターウォーズ」のスピンオフドラマ。

ジェニファー・ビールスは、カンティーナを経営するトワイレックのガーザ・フウィップ役で出演。

ファンの間では、「キレイな女優だなと思ったら、ジェニファー・ビールスだった!」

「なぜ、ジェニファー・ビールスが出演したのか?」

などなど、話題になりました。

 

ジェニファー・ビールス出演ドラマ『ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る』

 

この投稿をInstagramで見る

 

O MARCUS Tv(@omarcustv)がシェアした投稿

ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る』は、無意識に出る、人の「微表情」から犯罪の真相を突き止める、異色ドラマ。

ジェニファー・ビールスは、主人公カル・ライトマン博士(ティム・ロス)の元妻ゾーイ・ランドウ役で出演。

検察官で司法長官補佐の役柄で、離婚後も、事件の捜査で関わる元夫への微妙な思いを持つ元妻役が印象的でした。

 

と言うことで、ジェニファー・ビールスの現在と過去の出演作を振り返ってみました。

『Lの世界』は観ていなかったので、触れませんでした。

あらためて別の機会に、追加してみたいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



タイトルとURLをコピーしました