ジョン・ハムの彼女や妻、『トップガン マーベリック』など映画・ドラマの出演エピソード。

ドラマ男優

ジョン・ハムと言えば、大人気ドラマ『マッドメン』のドン・ドレイパー役で一世を風靡した俳優です。

最近では、超話題作『トップガン マーベリック』に出演し、再注目されています。

そんなジョン・ハムの、プロフィールやプライベート、そして『トップガン マーベリック』の出演エピソードをご紹介します。

ジョン・ハムの身長・年齢など基本プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Hammiverse(@jon_hamm)がシェアした投稿

本名: Jonathan Daniel Hamm
生年月日: 1971年3月10日
年齢: 51歳
出生地: ミズーリ州 セントルイス
身長: 186 cm

ジョン・ハムが演技を始めたのは、高校の時でした。

舞台でユダ役をやったことが始まりのようです。

実は演劇よりも、スポーツに熱中していたようです。

アメリカンフットボール、野球、水泳チームに所属していました。

高校時代、ジョン・ハムのプロムパートナーだったのが、後に女優になったサラ・クラーク。

『24 -TWENTY FOUR-』のニーナ・マイヤーズ役が有名ですね。

テキサス大学に進みましたが、暴行事件に加担して逮捕。

執行猶予で済んだようですが、退学して、ミズーリ大学へ編入します。

そこで、劇団の役者募集の広告を見て、参加。

ジョン・ハムの俳優人生が、本格的にスタートします。

大学卒業後、高校に戻り、演劇の講師をしていたようです。

その後、本格的に俳優の道に進むため、ロサンジェルスに移ります。

ウェイターをしながら、いくつものオーディションを受けます。

ところが、歳よりも老けて見えるため、なかなか役がもらえなかったそうです。

しかし、「30歳がハリウッドで成功する期限」と決めて、必死で頑張りました。

その甲斐あって、NBCのドラマシリーズ『プロビデンス』(2000年)で、消防士バート・リドリーの役を射止めます。

最初は、1エピソードの契約でしたが19話に増え、俳優で食べていけるようになりました。

クリント・イーストウッド監督の冒険映画『スペース・カウボーイ』(2000年)で、長編映画デビューを果たします。

この時、セリフは1つでしたが、ハリウッド映画に出演。

なんとか30歳までに、成功の扉は空けることが出来ました。

その後は順調に映画やテレビシリーズに出演。

そして2007年、36歳の時に大きな転機を迎えます。

テレビシリーズ『マッドメン』(2007年 – 2015年)のドン・ドレイパー役で、大ブレイク。

2008年と2016年に、ゴールデングローブ賞テレビシリーズ-ドラマ部門主演男優賞。

2015年に、プライムタイム・エミー賞ドラマシリーズ部門優秀主演男優賞を受賞。

マッドメンの出演と製作で、プライムタイム・エミー賞16部門ノミネートされます。

正に、成功の道を歩み始めたのです。


 

ジョン・ハムの彼女は?妻はいる?恋人や結婚について。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Hammiverse(@jon_hamm)がシェアした投稿


人気スターの道を歩み始めたジョン・ハム。

プライベートも華やかなのでしょうか?

実は、まだ1度も結婚をしていません。

ですが、妻ではないのですが、一緒に暮らしていた女性がいます。

女優で脚本家・監督のジェニファー・ウェストフェルトです。

1997~2015年まで、18年間パートナーでした。

きっかけは、パーティーだったそうです。

交際後は、恋人でありビジネスパートナーでもありました。

彼女が主演、監督・脚本を手掛けた映画に、ジョン・ハムも出演。

また、共同で制作会社「Points West Pictures」を設立もしています。

しかし、2015年9月に破局となりました。

理由は、パーティー三昧のジョン・ハムの生活に、ジェニファー・ウェストフェルトが、我慢できなかったようです。

ジョン・ハムのパーティー好きは有名なんです。

一時期、アルコール依存症の治療を受けるほど。

治療にあたって、ジェニファー・ウェストフェルトが献身的に支えたそうです。

しかし、ジョン・ハムの生活は変わりませんでした。

そんはジョン・ハムに、彼女が愛想をつかしたようです。

パーティーで知り合った二人ですが、別れた理由がパーティーとは、皮肉ですね。


 

ジョン・ハムの彼女遍歴。今の恋人は?

『マッドメン』ドン・ドレイパー役同様、男の色気ムンムンのジョン・ハム。

ジェニファー・ウェストフェルトと関係は長かったのですが、それ以外でのシップも多いのです。

『マッドメン』で共演した、ジャニュアリー・ジョーンズと噂がありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Hammiverse(@jon_hamm)がシェアした投稿

また、ベン・アフレックの元カノで有名な、『サタデー・ナイト・ライヴ』のプロデューサー、リンゼイ・シューカスと一緒にいるところを目撃されています。

映画『ズートピア』や『gifted/ギフテッド』に出演していた、ジェニー・スレイトとも噂がありました。

ジェニー・スレイトは、クリス・エヴァンスと交際していましたね。

女優のダコタ・ジョンソンとも噂がありました。

この三人に共通しているのは、『サタデー・ナイト・ライヴ』。

やっぱり、そのパーティーとかで、きっかけがあったのかな?

今は、女優アナ・オシオラと交際が続いているようです。

『マッドメン』の最終回に、クレメンタイン役で出演していました。

ジョン・ハムより17歳も若い女優です。

2022年3月のアカデミー賞のパーティーにも、二人で出席していました。

交際して5年くらいになるようです。

ですが、パーティー好き、共演者キラーのジョン・ハム。

今後も、目が離せませんね。

もしかして、『トップガン マーベリック』で共演した、女性パイロット役のモニカ・バルバロと?なんてことはないか!


 

ジョン・ハム 映画『トップガン マーベリック』の役どころは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Hammiverse(@jon_hamm)がシェアした投稿


トム・クルーズ主演の話題作『トップガン マーヴェリック』。

ジョン・ハムはボー・”サイクロン”・シンプソン提督役で出演しています。

ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐(トム・クルーズ)に、トップガンの教官を任命する司令官です。

命懸けの任務に向けて、トップガンのエースたちを訓練する任務を与えます。

軍服姿で、サングラスをかけたジョン・ハムの姿が、かっこいいですね。

実は、ジョン・ハム、『トップガン マーベリック』のオファーが来た時、「脚本を読まずに即決した」そうです。

その連絡が来たときは運転中だったのですが、ハンズオフで即決したのです。

脚本はもちろん、役柄も条件もギャラも聞かずに、「とにかく出ると伝えてくれ」とエージェントに話したのだとか。

映画の中のジョン・ハムの姿を見ると、たとえどんな役であろうと、存在感を出せる自信もあったのでしょう。

ましてや、伝説ともいえる映画『トップガン』の続編です。

しかも36年ぶり。

俳優として、その世界観の中に溶け込めるだけでも、名誉なこと。

そんな思いが、即決させたのでしょうね。

以上、ジョン・ハムについてご紹介しました。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!


タイトルとURLをコピーしました