カル・ペンの身長や年齢とハウス俳優からホワイトハウスへ!24とサバイバーでの役割や結婚まで全公開!

カル・ペン、アメリカの俳優にして元ホワイトハウス職員であり、その多岐にわたるキャリアは映画、テレビドラマ、さらには政治の世界においても顕著です。

彼の演技生活の軌跡と政治参加の経緯、そしてパーソナルライフの大きな節目にスポットを当てています。

「Dr.HOUSE」や「サバイバー」での深みのある役割、オバマ政権での重要なポジションに至るまで、カル・ペンの足跡をたどります。

ぜひ、最後までご覧ください。



 

カル・ペンの身長・年齢と初期キャリア

Kalpen Suresh Modi
生年月日: 1977年4月23日
年齢: 46歳
出生地: ニュー・ジャージー州 モントクレア
身長: 178 cm

カル・ペンはどのようにして俳優の道を歩み始めたのでしょうか?

彼の本名はカルペン・スレシュ・モディで、1977年4月23日にアメリカのニュージャージー州で生まれました。

 

カル・ペンは、映画と社会学を専攻し、2000年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)を卒業。

彼の演技キャリアは1998年に映画『Express: Aisle to Glory』でデビューし、その後も『アメリカン・デシ』や『バン・ワイルダー』など、様々な作品に出演していきます。

 

特に彼が広く認知されるようになったのは、『ハロルド&クマー』シリーズのクマール・パテル役を演じたことでした。

この役で、彼はコメディアンとしての才能を発揮し、国際的な名声を得ることに成功します。

 

また、2007年には映画『ネームセイク』での演技が高く評価され、アジアン・エクセレンス・アワードで優秀俳優賞を受賞しました。

彼のキャリアはただの俳優に留まらず、2009年にはバラク・オバマ政権下のホワイトハウスで公共エンゲージメントのアソシエイトディレクターとして働きます。

 

この政治への参加も彼の多様な才能を示すものでした。

カル・ペンは、芸術とアジア太平洋諸島コミュニティとの連携を担当。

その後も断続的にホワイトハウス職を務めながら、『ハロルド&クマー』の新作撮影など、演技活動を続けました。

 

カル・ペンの略歴はちょっと面白いですね。

俳優と政治活動の二刀流。

政治活動や社会活動に力を入れる俳優もいますが、カル・ペンはホワイトハウスの職員になったってすごいですね。

それは、映画、テレビ、政治の各界で重要な役割を果たし、さらに、特に若い世代のアジアン・アメリカンに多大な影響を与えています。

 



 

カル・ペンのハウス/Dr.HOUSEへの貢献

カル・ペンの初期の代表作が「Dr.HOUSE」です。

彼は2007年から2009年までの間、この人気テレビドラマにローレンス・クトナー役で出演しました。

クトナーは医療チームの一員として、多くの重要なケースを扱い、シリーズに深みと複雑さを加えるキャラクターでした。

カル・ペンの参加は、彼の演技範囲の広さを示すとともに、ドラマのリアリティを高めることに貢献しました。

 

特に記憶に残るのは、彼のキャラクターが突然自殺するショッキングな展開です。

このエピソードは多くの視聴者に強い印象を残し、シリーズの予測不可能性を象徴する瞬間となりました。

カル・ペンがホワイトハウスでの役職を受けるためにシリーズを離れる際、このキャラクターの死は劇的で感動的なものでした。

 

「Dr.HOUSE」での彼の役割は、医療ドラマに新たな風を吹き込むとともに、彼の演技キャリアにおいてもターニングポイントとなりました。

彼の演じるクトナーは、医学的な専門知識と人間味を兼ね備え、彼の深い演技力を見ることができる役柄でした。

 

カル・ペンは「Dr.HOUSE」を離れた後、政治活動に専念する一方で、他のテレビシリーズや映画にも挑戦し続けました。

彼の「Dr.HOUSE」での経験は、その後のキャリアにおいても彼の演技への深い理解と多様な役柄への適応能力を形成する助けとなったのです。

 

このように、カル・ペンは「Dr.HOUSE」という一つのシリーズにおいてだけでなく、彼のキャリア全体を通じて、多岐にわたるジャンルで顕著な貢献をしています。

彼の医療ドラマでの活躍は、今後の俳優生活においても彼の演技に対する評価を一層高めることにつながりました。

 



 

カル・ペンがハウス俳優からホワイトハウスへ

カル・ペンはどのようにして政治活動を始めたのでしょうか?

彼は2007年と2008年のバラク・オバマの大統領選キャンペーンで積極的に活動し、特にアート政策委員会の一員としてもその才能を発揮しました。

オバマ大統領が支持を呼びかけるビデオ「Sí Se Puede Cambiar」に出演。

また、2009年1月18日には、リンカーン記念堂での就任前夜祭においてコメディアンのジョージ・ロペスと共に登壇しました。

 

2009年初頭、カル・ペンはホワイトハウス公共エンゲージメントおよび政府間連携オフィスのアソシエイトディレクターに指名されました。

この職に就くことにより、彼はテレビシリーズ「Dr.HOUSE」から彼のキャラクター、ローレンス・クトナーを降板させる必要がありました。

彼はアジア系アメリカ人および太平洋諸島系コミュニティとの連絡役として活動し、その間、出生名のカルペン・モディを使用しました。

 

彼は2010年6月1日に一時的にホワイトハウスを離れ、演技キャリアに戻りましたが、同年11月15日に「ハロルド&クマーのクリスマス3D」の撮影を終えた後に公職に復帰しました。

カル・ペンは2012年にもオバマの再選キャンペーンの共同議長を務め、ノースカロライナ州シャーロットで開催された民主党全国大会で若者の投票登録を促すスピーチを行いました。

 

政治に留まらず、2017年にはドナルド・トランプ大統領のシャーロッツビルに関する発言を受け、芸術人文委員会の他のメンバーと共に抗議の辞任を行いました。

また、教育者としても活動し、2008年にはペンシルベニア大学でアジアアメリカン研究の訪問講師を務め、「メディアにおけるアジア系アメリカ人のイメージ」について教鞭をとりました。

 

カル・ペンの政治参加は、ただの俳優にとどまらない彼の広い視野と強い社会貢献の意志を示しています。

彼は自らの信念と行動で、多くの人々に影響を与え、特に政治と芸術の交差点で重要な役割を果たしてきました。

 



 

カル・ペンの「24」でテレビドラマへの再挑戦

カル・ペンがテレビドラマ「24」にどのように関わったのでしょうか?

2007年1月、彼はドラマ「24」の第6シーズンにアーメド・アマールというキャラクターで出演しました。

 

この役は、若いテロリストを演じるという内容で、彼自身、この役を引き受けることに大きな倫理的問題を感じていたそうです。

しかし、彼は「俳優として、なぜこのような機会を享受してはいけないのか」と問いかけ、その挑戦を受け入れました。

 

「24」での出演は、カル・ペンが以前に挑戦したことのない複雑な役柄を演じる機会となりました。

俳優としても、演技の幅を広げる結果となったのです。

そして、このシリーズでの彼のパフォーマンスは、視聴者に強い印象を与ることも出来ました。

 

「24」への出演は、カル・ペンにとって単なる演技の仕事以上の意味を持っていました。

それは彼が社会的なステレオタイプや先入観に挑み、多様性と包摂性をテーマに社会に問いかける大きなステップであったのです。

彼のこの役への取り組みは、多くの議論を呼び、俳優としてだけでなく、一個人としての彼の深い考え方や姿勢を示すものでした。

 



 

カル・ペンがサバイバーでホワイトハウスの経験をいかす

カル・ペンは政治ドラマ「サバイバー」において、セス・ライトという役柄で出演し、このシリーズでの彼の演技は再び注目を集めました。

このシリーズにおいて彼は、ホワイトハウスのスピーチライターとして始まり、後にプレスセクレタリーに昇進するキャラクターを演じています。

彼のキャラクターは、突然の大統領の死と政府の混乱という危機の中で、冷静かつ計算されたアプローチを持ち、重要なピースとして物語に深みを与えました。

「サバイバー」での彼の役割は、彼の政治的知識と経験が生かされる場でもありました。

実際にホワイトハウスで働いた経験を持つカル・ペンは、リアリズムと説得力をもって役を演じることができ、ドラマの緊張感とリアリティを増すことに寄与しました。

彼の演技は、政治の複雑さと個人の道徳的ジレンマを掘り下げることに成功し、視聴者に強い印象を与えました。

 

カル・ペンのセス・ライトとしてのパフォーマンスは、彼のキャリアの中でも特に評価が高い部分です。

彼はこの役で、政治的な背景があるドラマにおいてもその深い演技力を見せつけ、キャラクターの複雑な心理を巧みに表現しました。

また、ショーのコンサルタントとしても携わり、ドラマの内容にリアリティと深みを加える助けとなったのです。

 

「サバイバー」はカル・ペンにとって、彼の多様な才能を再び前面に押し出す機会であり、彼の政治参加の経験が彼の演技にどのように生かされているかを示す素晴らしい例でした。

このシリーズでの彼の貢献は、政治ドラマが持つ教育的な価値とエンターテイメントとしての価値を同時に高めるものであり、彼の演技人生の中で重要なマイルストーンと言えるでしょう。

 



 

カル・ペンの結婚!パートナーは?

カル・ペンがパートナーとの結婚を決意した背景にはどのようなものがあるのでしょうか?

2021年10月、彼は自身の回顧録『You Can’t Be Serious』を宣伝する中で、11年間交際したボーイフレンド、ジョシュとの婚約を発表しました。

彼はこの告白と共に、自身の性的指向についても公に話し、多くの人々に対して大きな勇気と影響を与えました。

 

カル・ペンは比較的遅くに自己の性的指向に気付いたと述べています。

「人はそれぞれのタイミングで自分のことを理解するもので、私は自分のタイミングでそれを受け入れられて良かった」

 

彼のこの発言は、自身のアイデンティティに正直であることの重要性を強調し、世界中の多くの人々にとって大きな鼓舞となったのです。

 

ジョシュとの長い交際期間を経ての婚約発表は、カル・ペンの私生活における大きな節目であり、彼の人生観や価値観が如何に成熟しているかを示す事件でした。

この結婚を公表することで、彼は自身が信じる愛と誠実さを世界に示し、特にLGBTQ+コミュニティ内での彼の地位をより確固たるものとしました。

 

カル・ペンの結婚は、個人的な幸福を追求する彼の旅の中で重要なマイルストーンであり、彼の公私にわたる生活のバランスを示すものとなりました。

彼のこの決断は、プライベートながらも公の影響力を持つ行動として、多くの人々に影響を与えるものです。

カル・ペンとジョシュの関係が、多様性と包摂性の価値を推進する一例として、これからも多くの人々にとっての指標となるでしょう。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました