サム・ワーシントンの現在『アバター』続編で変わった役づくりとは?

ドラマ男優

サム・ワーシントンと言えば、『アバター』で大ブレイクし、現在まで活躍を続ける大スターです。

その彼が、現在出演中の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』では、新たな役づくりに取り組みました。

前作との違いについて、サム・ワーシントンの心境をご紹介します。

 

サム・ワーシントンが現在出演中の『アバター』。前作と違った役づくり

サム・ワーシントンを世界的映画スターにした前作の『アバーター』。

太陽系の外の衛星「パンドラ」を舞台にした壮大な物語でした。

パンドラの資源や土地を奪おうとする地球の人間たち。

それに立ち向かい、自分たちの暮らしや生態系を守ろうとする「ナヴィ」たち。

その戦いの最中に生まれた、主人公ジェイクと先住民ナヴィの女性ネイティリのラブストーリー。

今回の続編『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は、その前作から約10年後の世界を描いています。

そしてジェイクと妻のネイティリとの間に家族が増え、子供たちと一緒に暮らしているという設定なのです。

サム・ワーシントンもこの役柄同様、父となりました。

ジェイクを演じる上で、このようなコメントをしています。

「子どもを守りたいという気持ちは父親の本能。

一方で大切な人がいるからこそ、同時に恐怖を感じる。」

子どもを持つと自然に生まれる感情を、今回の役づくりに取り入れているそうです。

「新作でのジェイクは、親として学びの過程にあり、子どもたちの話に耳を傾け、命令するだけでなく子どもたちを尊重し受け入れていく。」

彼自身も、前作とは違ったジェイクが見られます。

「1作目のように、無鉄砲ではなくなった。私もジェイクと同じように親として学んでいる最中です。」

前作では、ナヴィたちと共に、果敢に敵に立ち向かっていくジェイクの姿が、一つの見どころでした。

しかし、今回は子供を持つ父としての「深み」が、サム・ワーシントンの演技に現れているようですね。

ストーリーや場面の違いだけでなく、サム・ワーシントンの演技の違いにも注目したいですね。



 

サム・ワーシントンの身長・年齢・生い立ち

本名: Samuel Henry J. Worthington
生年月日: 1976年8月2日
年齢: 46歳
出生地: イギリス ゴダルマイニング
身長: 178 cm

サム・ワーシントンが生まれたゴダルマイニングは、イギリスのサリー州にある街。

ロンドンから南西に50㎞にあります。

彼が幼い頃、家族は西オーストラリア州パースに移住。

そして高校を卒業すると、サム・ワーシントンはレンガ積み職人になります。

しかし19歳の時に、奨学金を得てシドニーのオーストラリア国立演劇学院(NIDA)に入学します。

ケイト・ブランシェットやメル・ギブソンも通った、名門の演劇学校ですね。

そして、1998年に卒業。

そして、プロの俳優としてオーストラリア国内で活躍をします。



 

サム・ワーシントンの結婚・子供・恋人

ここでちょっと、サム・ワーシントンのプライベートについて。

2014年にオーストラリアのモデル、ララ・ビンクルと結婚をしました。

彼は、私生活をほとんど明かさないので、判明したのは挙式の1年後でした。

その結婚について、妻のララ・ビンクルのコメントです。

「親族だけで、10人にも満たなかったわ。お互いに自作の誓いの言葉も交わし合ったの。私は妊娠してて、妊娠6か月用のドレスを探すのってすごく難しいの。」

妊娠6か月での挙式だったことも判明。

翌2015年に。リヴァー君が誕生しました。

その後、二人には2016年にロケット君、2020年にレイサー君も生まれました。



 

サム・ワーシントンの出演作品

NIDAを卒業後、プロの俳優として活動を始めたサム・ワーシントン。

彼の主な出演作品を見ていきましょう。

映画デビューは、2000年の『タップ・ドッグス』でした。

オーストラリアの映画で、彼は主人公の兄役。

弟を邪魔する嫌な役柄でした。

この年には『犯罪捜査官ネイビーファイル』にゲスト出演。

その後、2002年の映画『ジャスティス』でハリウッドへ進出しました。

 

『ターミネーター4』で注目を集める

2009年の映画『ターミネーター4』に出演。

この映画は、『ターミネーター』(1984年)の前日譚の作品です。

サム・ワーシントンはマーカス・ライト役。

ジョン・コナーと共に戦うことになる、未来人を演じていました。

そのジョン・コナー役には、クリスチャン・ベール

もちろんん、アーノルド・シュワルツェネッガーも出演。

さらに、ブライス・ダラス・ハワードやヘレナ・ボナム=カーターなどの人気女優も出演していました。

 

主演映画『アバター』で大ブレイク

 

名匠ジェームズ・キャメロン監督に抜擢され、主演のジェイク役を務めました。

2009年に公開されると、この映画は世界興行収入記録の新記録を打ち立てる大ヒット。

一躍、サム・ワーシントンもハリウッドセレブの仲間入りを果たしました。

 

主演作『タイタンの戦い』

『アバター』以降は、『タイタンの戦い』(2010年)に主演。

ゼウスの子である、ペルセウス役を演じました。

世界を滅亡の危機から救うため、ペルセウスが、冥界の王ハデスを倒す戦いを描いた映画です。

 

実話を描いた映画『エベレスト 3D』

1996年に起きた遭難事故を映画化した『エベレスト 3D』(2015年)。

主演の一人として、登山ガイド、ガイ・コター役を務めました。

この映画、今をときめくスターが出演していて、ビックリしました。

主演ジェイソン・クラークやジェイク・ギンホール、ジョシュ・ブローリン。

主人公の妻役にキーラ・ナイトレイ。

女性ジャーナリスト役でヴァネッサ・カービー

医師役でエリザベス・デビッキ

興行的にはあまり振るわなかったようですが、押さえておきたい映画ですね。

 

映画『ハクソー・リッジ』

2016年に公開された、「人を殺さない兵士」デズモンド・ドス を描いた映画です。

主人公ドスを、アンドリュー・ガーフィールドが演じて、話題になりました。

サム・ワーシントンは、ドスの上官、ジャック・グローヴァー大尉を演じています。

戦争の最前線で、「人を殺さない兵士」が配属され、最初は転属させようとします。

しかし、彼の信念と衛生兵として勇気ある行動を見るうちに、信頼して共に戦う役柄でした。

 



『アバター』に抜擢されたサム・ワーシントンの魅力

世界ナンバー1の興行収入を上げた『アバター』。

名匠ジェームズ・キャメロン監督は、この主人公ジェイク・サリー役に、サム・ワーシントンを指名しました。

『アバター』のオファーが来て、サム・ワーシントンは驚いたそうです。

「僕みたいな無名のオーストラリア人を起用するなんて、キャメロン監督はどうかしてしまったのではないかと、僕自身も思ったほどだよ。」

彼の名が知られていなかったので、キャメロン監督は、製作サイドを説得するのに6ヶ月もかかったそうです。

 

キャメロン監督の抜擢理由とは?

その抜擢理由について、キャメロン監督はこのように語っていました。

「チャニングの魅力もクリスの魅力もよかった。2人とも、すばらしいヤツだ。」

なんと、監督の主演候補はクリス・エヴァンス、チャニング・テイタムとサムの3人だったことを明かしてくれました。

そして、サム・ワーシントンを選んだ理由としては。

「だが、サムの声や激しさの質は格別だった。」

と、サム・ワーシントンには、他の2人にない”光るもの”を見たそうです。

実は、オーディションのセリフ読みでは、3人は互角だったそうです。

その後の、「この土地は我々のものだ」と言うセリフが、決め手になりました。

これは、ジェイクがナヴィ族に向って熱く叫ぶ、「決め台詞」です。

サム・ワーシントンがこのセリフを言ったとき、ジェームズ・キャメロン監督は、

「サム演じる、ジェイクが戦闘を率いる姿が目に浮かんだ。」

そう、語っていました。

キャメロン監督は、技術もなく、理屈ではない、彼自身の内面から湧き上がる魅力を感じたのだそうです。

 

サム・ワーシントンは、心で演じる俳優

また、『タイタンの戦い』のルイ・ルテリエ監督はも、サム・ワーシントンを表してこのように言っていました。

「心で演じる俳優」

技術や理屈で演じるのではなく、心で演じて、役になりきることができる俳優だと。

「なりきる」俳優ってたくさんいますね。

ロバート・デ・ニーロを筆頭に、クリスチャン・ベールやジャレッド・レトなど。

ですが、サム・ワーシントンの場合、ストイックさが微塵も見られない。

その点が、他の俳優と違った魅力にもなっているのでしょうか。

そんな、サム・ワーシントンの活躍は今後も期待できそうです。

今後はミラ・ジョボヴィッチ共演のアクションスリラー映画『ブリーズ(原題) / Breathe(原題)』。

さらに、Netflix映画『リフト(原題) / Lift』などが予定されています。

楽しみですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました