『Major Crimes ~重大犯罪課』のあらすじ、キャスト、見どころを徹底解説

「Major Crimes ~重大犯罪課」は、2012年から2018年まで放送された、サスペンスと人間ドラマが交錯するクライム・サスペンスシリーズです。

前作「クローザー」のスピンオフとして誕生し、重大犯罪課の新リーダー、シャロン・レイダーが司法取引を駆使しながら事件解決に挑む姿を描いています。

物語は、事件の謎解きとキャラクターたちの成長が巧みに絡み合い、ファンと批評家から高評価を受けた作品です。

5月20日(月)17:00から、アクションチャンネルで再放送。

ぜひ、最後までご覧ください。

※ファイナルシーズンについて記載がありませますので、ご注意ください。



 

Major Crimes ~重大犯罪課の背景とあらすじ


引用元:アクションチャンネルHP

「Major Crimes ~重大犯罪課」は、米国で2012年から2018年にかけて放送されたクライム・サスペンスドラマです。

先行作品「クローザー」(2005年-2012年)のスピンオフとして制作されました。

主人公のシャロン・レイダーは、ロサンゼルス警察の重大犯罪課の新リーダーに就任し、司法取引を通じて犯人逮捕を目指します。

 

レイダーは、重大犯罪課のメンバーたちと共に、事件の被害者や証人と向き合いながら解決に取り組みます。

少年証人であるラスティ・ベックの保護や、複雑なチーム内の人間関係に苦心しながらも、事件解決に全力を尽くします。

物語の中で、レイダーとチームのメンバーの成長や葛藤が描かれることで、リアリティと人間ドラマが強調されています。

 

また、事件の捜査過程だけでなく、被害者の感情や犯人の動機にも焦点が当てられ、視聴者の興味を引きつける作りになっています。

キャラクターたちの個々の物語が深く描かれ、犯罪と法執行機関の複雑な関係を垣間見ることができます。

 

このシリーズは全6シーズンにわたって製作され、ファイナルシーズンでは主要キャラクターたちのエピソードがクライマックスを迎えます。

サスペンスと人間関係のドラマを楽しみたい方におすすめの作品です。

 



 

Major Crimes ~重大犯罪課のキャストとその活躍

「Major Crimes ~重大犯罪課」のキャスト陣の演技に興味はありませんか?

作品全体の雰囲気やキャラクターの魅力が、俳優たちの演技により一層引き立てられています。

2012年にスタートし、2018年に完結したこのシリーズの中心人物シャロン・レイダーは、メアリー・マクドネルが演じました。

冷静で毅然とした姿勢と共感力を持ち合わせたキャラクターとして、チームを率いて司法取引を駆使しながら事件解決に尽力します。

 

レイダーと共に重大犯罪課のメンバーとして登場するのは、ラスティ・ベック役のグラハム・パトリック・マーティン、アンディ・フリン役のトニー・デンソン。

そして、プロベンザ役のG・W・ベイリー、タオ役のマイケル・ポール・チャンなど多彩な俳優陣です。

 

特に、ベックは10代の証人として重大犯罪課のチームに保護され、彼の成長と過去のトラウマ克服の物語が視聴者の心を掴みます。

 

また、プロベンザやフリンのコミカルな掛け合いが、シリアスな事件展開の合間に絶妙なバランスで挿入されています。

キャラクターたちのバックグラウンドが次第に明らかになることで、視聴者は彼らの人間的な側面に親近感を抱くようになります。

 

全6シーズンで描かれるキャラクターたちの成長と葛藤が、シリーズを通じた大きな見どころの一つです。

俳優たちの演技により、各キャラクターの個性が際立つことで、作品全体のリアリティが高まっています。

 

メアリー・マクドネル


引用元:アクションチャンネルHP

プロフィール: アメリカの女優で、1952年生まれ。舞台や映画、テレビで幅広く活躍。
代表作:
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年)
『インデペンデンス・デイ』(1996年)
『バトルスター・ギャラクティカ』(2004年-2009年)

 

グラハム・パトリック・マーティン


引用元:アクションチャンネルHP

プロフィール: 1991年生まれのアメリカの俳優。子役から活動を開始。
代表作:
『ツー・アンド・ア・ハーフ・メン』(2010年-2012年)
『Major Crimes ~重大犯罪課』(2012年-2018年)

 

トニー・デンソン


引用元:アクションチャンネルHP

プロフィール: アメリカの俳優で、1949年生まれ。主にテレビドラマで活動。
代表作:
『クローザー』(2005年-2012年)
『Major Crimes ~重大犯罪課』(2012年-2018年)

 

G・W・ベイリー


引用元:アクションチャンネルHP

プロフィール: 1944年生まれのアメリカの俳優。舞台やテレビ、映画で長く活動。
代表作:
『ポリスアカデミー』シリーズ(1984年-1994年)
『クローザー』(2005年-2012年)
『Major Crimes ~重大犯罪課』(2012年-2018年)

 

マイケル・ポール・チャン


引用元:アクションチャンネルHP

プロフィール: 1950年生まれのアメリカの俳優で、映画やテレビで活動。
代表作:
『バットマン フォーエヴァー』(1995年)
『クローザー』(2005年-2012年)
『Major Crimes ~重大犯罪課』(2012年-2018年)

各キャストが作品を通して、個性的で印象的なキャラクターを生き生きと演じています。

▼こちらもご覧ください▼

『クローザー』キャストの現在は?最新作や私生活!個性派バイプレーヤーたちのキャリアが凄い!

 



 

Major Crimes ~重大犯罪課の見どころとトリビア

「Major Crimes ~重大犯罪課」の見どころは、事件捜査と登場人物たちのドラマを巧みに組み合わせたストーリーにあります。

観る側が捜査チームの一員となったかのように、事件の謎解きに夢中になれるのはなぜか気になりませんか?

本作では、「クローザー」からの主要メンバーが再登場するため、前作のファンにとって馴染みのあるキャラクターたちの活躍が楽しめます。

 

とりわけ、シャロン・レイダーをリーダーに迎えた新たな重大犯罪課は、さまざまなタイプの事件に挑みます。

司法取引や証人保護など、法的プロセスのリアルな描写が物語に深みをもたらし、視聴者の興味を惹きつけます。

レイダーのリーダーシップと共感力、チームメンバーたちの個性や成長が物語に彩りを添えます。

 

また、ラスティ・ベックの物語も見逃せません。彼が保護下に置かれながら、自らの過去やトラウマに向き合い成長していく過程は感動的です。

一方で、プロベンザやフリンのコミカルな掛け合いがシリアスな展開の中に笑いをもたらすことで、作品全体のバランスが取れています。

 

さらに、シリーズ全体を通じて、登場キャラクターたちのバックストーリーや心の変化が次第に明らかにされ、視聴者を作品の世界に引き込む魅力があります。

緊張感のある事件捜査と、複雑な人間関係のドラマが絡み合う見どころ満載のシリーズです。

 



 

Major Crimes ~重大犯罪課ファイナルシーズンの衝撃

ファイナルシーズンの展開はどのようなものだったか、気になりませんか?

「Major Crimes ~重大犯罪課」は2018年に第6シーズンで完結し、物語のクライマックスを迎えました。

この最終章では、重大犯罪課のメンバーたちが、少年たちの連続失踪事件やラスティ・ベックの過去に関わるスリリングな事件に挑みます。

シャロン・レイダーは新しいリーダーとして事件解決に尽力しますが、チームの士気を保つためにも試練が待ち受けています。

 

また、ラスティ・ベック自身のトラウマと向き合う様子や、他のメンバーたちのバックストーリーも深掘りされ、彼らの成長や変化がしっかりと描かれています。

物語が進行する中で、ファンにとって衝撃的な出来事や、感情を揺さぶる展開が幾つも含まれており、視聴者を最後まで釘付けにする仕上がりとなりました。

 

最終的に、司法制度や捜査の複雑さに関するテーマが作品を通じてしっかりと描かれ、レイダーを含むキャラクターたちの物語が感動的な形で収束します。

主要メンバーのエピソードの結末は、視聴者にとっても忘れられないものとなり、長らく続いたシリーズが見事に締めくくられました。

 

こうしたファイナルシーズンのエピソードは、シリーズを通して視聴者にキャラクターたちの結末を見届けさせ、心に深く残るフィナーレを提供します。

 



 

Major Crimes ~重大犯罪課ファンと批評家の評価

「Major Crimes ~重大犯罪課」はファンと批評家の両方からどう評価されたのでしょうか?

本シリーズは2012年から2018年にかけて放送され、長年にわたり視聴者の注目を集めました。

批評家たちからは、キャラクターたちの成長や物語全体の一貫性が高く評価されました。

情報サイト「ロッテン・トマト」での評価も好調で、特にラストシーズンに向けた盛り上がりが印象的でした。

 

ファンからは、シャロン・レイダーを含むキャラクターたちのストーリー展開や、それぞれの人間ドラマに強い共感を得る声が多く寄せられました。

「クローザー」から続投したキャラクターの個性や、新たなキャラクターの登場により物語が一層充実し、チーム全体のダイナミクスが視聴者に愛された理由の一つです。

 

一方で、一部の視聴者からはシリーズ途中のペース配分やシーズン間のストーリー連続性についての指摘もありました。

特に最後のシーズンでは、感情的な要素が強くなるため、賛否が分かれる部分もありましたが、全体としてはクライムドラマの枠を超えて心に残るシリーズとなりました。

 

批評家とファンの意見が一致したのは、登場キャラクターたちの成長と物語全体の奥行きにあります。

シリーズを通じて、事件の謎解きだけでなくキャラクター同士の関係性や個人の成長が丹念に描かれ、犯罪捜査ドラマでありながらも感動的なヒューマンストーリーを提供しています。

シリーズ終了後も多くの視聴者の記憶に残り続ける作品です。

 



 

Major Crimes ~重大犯罪課まとめ

1. 「クローザー」のスピンオフで、重大犯罪課の新リーダー、シャロン・レイダーが司法取引を通じて事件解決に取り組む姿を描く。ラスティ・ベックの成長やチーム内の人間関係が見どころ。

2. メアリー・マクドネル、グラハム・パトリック・マーティン、トニー・デンソンなどの主要キャストが登場。個性豊かなキャラクターたちが各自の成長や過去と向き合う様子が描かれる。

3. リアルな司法取引や法的プロセスの描写、キャラクターたちの成長が見どころ。ラスティ・ベックの成長物語やプロベンザとフリンの掛け合いが、物語に深みとバランスを与える。

4. ファイナルシーズンでは、レイダーとチームが少年失踪事件に挑む。登場キャラクターたちのストーリーがクライマックスを迎え、感動的に締めくくられる。

5. ファンと批評家の両方から高評価。キャラクターの成長と奥行きのある物語が評価される一方、シリーズ途中のペース配分についての指摘もあり。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました