ナヴィーン・アンドリュース『LOST』サイード役の若い頃から現在まで。

ドラマ男優

『LOST』のサイード役で世界的に大ブレイクしたナヴィーン・アンドリュース。最近も『インスティンクト』にも出演し、元気な姿を見せてくれています。

彼の若い頃から現在までを見てみましょう。

ナヴィーン・アンドリュースのインスタを、まずはチェック!

 

ねんいは
この投稿をInstagramで見る

 

NAVEEN ANDREWS(@naveenxandrews)がシェアした投稿

 

インスタを覗いてみると、相変わらずのイケメンぶり。見た目も若いですね。

でも、『LOST』のサイード役の時の写真も多いです。

やっぱり今でもナヴィーン・アンドリュースが画面に出てくると、「あっ、サイード」って思っちゃいます(笑)

ナヴィーン・アンドリュースの年齢や若い頃などの基本プロフィール

ナヴィーン・アンドリュースは、1969年1月17日生まれ。イギリス・ロンドン出身です。52歳なんですね。見た目、若いですね。

ご両親はインド出身の移民で、敬虔なキリスト教徒だったからか、厳しい家庭で育ちました。ナヴィーン・アンドリュースが16歳の頃、通っていた学校の30歳の教師ジェラルディン・フィーキンスさんと交際をしてたんだとか。

当然、ナヴィーン・アンドリュースの両親は大反対。そのため彼が18歳の時に家を出てしまい、ジェラルディンさんと一緒に暮らすことに。

そして、ナヴィーン・アンドリュースが23歳の時、息子のジャイサルくんが誕生したのですが、結局結婚はせず、分かれてしまいました。

そんなナヴィーン・アンドリュースのことを、両親は亡くなるまで許さなかったそうです。悲しいですね。



ナヴィーン・アンドリュースの恋愛事情や結婚は?

ナヴィーン・アンドリュースは、年上女性が好きなようで、次の恋人も21歳年上の女優バーバラ・ハーシーでした。

この交際について彼はこのようにコメントしています。

「自分は年上の女性が好きなんだ。21歳の年齢差は全く問題にならない」

彼が29歳の1998年から、40歳の2009年まで交際をしていました。

途中、分かれていた期間があり、その間にチェコ出身の女優エレナ・ユスターチと2005年から2006年まで付き合っていました。

彼女は彼より5歳年下で、年上ではなかったんですね。だからかなのか、1年足らずで別れてしまい、またバーバラ・ハーシーのもとに戻っています。

ですが、その時にエレナ・ユスターチは妊娠し、出産。それが後に分かったのですが、バーバラ・ハーシーともそのことについて話し合ったようです。

ですが、バーバラ・ハーシーが許してくれなかったのか、それとも60歳を過ぎた彼女に魅力を感じなくなったのか、しばらくして二人は破局してしまいます。

また、子供の養育に関して責任を持つとコメントしていたナヴィーン・アンドリュースは、親権についてエレナ・ユスターチと法廷で争い、最終的に親権は彼が獲得しました。

なんかとっても複雑な恋愛を若い頃から続けていますね。



ナヴィーン・アンドリュース出演作品。『LOST』のサイード役で大ブレイク!

そんなナヴィーン・アンドリュース、本業の役者について触れてみます。

彼はロンドンのギルドホール音楽演劇学校に通い、本格的に勉強をしたのですが、その時の同級生にユアン・マクレガーとデヴィッド・シューリスがいました。

1991年の映画『ロンドン・キルズ・ミー』でキャリアデビュー。

その後いくつかの映画やドラマに出演後、1996年にイングリッシュ・ペイシェント(1996年)でキップ・シンで出演。その時の演技が評価され、全米映画俳優組合賞にノミネートされました。

そして何と言っても2004〜 2010年に出演した『LOST』のサイード・ジャラーは海外ドラマファンの記憶にいつまでも残るのではないでしょうか。

イラク兵の経歴を持ち、いつもは物静かながらいざとなったら、一番頼りになる役柄で、熱量のある役柄のジャックやソーヤーとは違った魅力がありましたね。

元拷問担当の兵士で、ソーヤーを無実の罪だったにもかかわらず拷問しゃちゃうなどの冷酷な面もあり、最後は自己が犠牲になって仲間を救うってかっこいい役でしたね。

私は正直『LOST』の後半の方は、何がどうなったのか意味不明な感じでしたが、サイードだけは強く印象が残っています。

その後に出演した『インスティンクト -異常犯罪捜査』のジュリアン役もいいですね。こちらでも過去にいわくあり気な役柄ですが、主人公のNY市警刑事のリジーと恋仲になっていたり、ドラマではあまり見られない役どころも楽しみの一つです。



ナヴィーン・アンドリュースの現在は?

『インスティンクト -異常犯罪捜査』が2019年ファイナルを迎えた後、『The Dropout(原題)』というドラマに出演することが決まったようです。

どんなドラマかと言うと、

実在した元ベンチャー企業のセラノスの創業者でのちに詐欺で捕まったエリザベス・ホームズの栄枯盛衰を描いたもの。

主人公のエリザベスをアマンダ・セイフライドが努め、ナヴィーン・アンドリュースはエリザベスのビジネスパートナー兼不倫相手のラメッシュ・”サニー”・バルワニを演じるようです。

撮影は、今年の夏の予定のようですね。

2006年にはPeople誌の「世界で最も美しい人々」の1人に選ばれたナヴィーン・アンドリュースですから、役柄はぴったりですね。

日本での放映がいつになるのでしょうか?だいぶかかりそうですが、楽しみです。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました