シモーナ・タバスコの年齢や性格は?『DOC(ドック) あすへのカルテ』の役づくりエピソード

ドラマ女優

『DOC(ドック) あすへのカルテ』のエリーザ・ルッソ役を演じているシモーナ・タバスコ。

人懐こい表情と、多彩な演技力を持ち合わせた女優で、将来、ヨーロッパを代表する女優になるのでは?と評判です。

そんなシモーナ・タバスコの生い立ちや性格、出演エピソード、そして恋愛事情もご紹介します。

シモーナ・タバスコ 年齢 身長 生い立ち

本名: Simona Tabasco
生年月日: 199445
年齢: 28
出生地:イタリアナポリ
身長: 168 cm

イタリアで将来を嘱望されている女優、シモーネ・タバスコ。

幼い頃から、女優を目指していたのでしょうか?

夢はたくさんありました。ダンサーになりたい、獣医になりたい、建築家になりたい、そして最後はファッションデザイナーになりたいと思っていました。

夢多き少女だったようですね。

映画を観ることが大好きで、短編映画に出演するなど、演技の才能も発揮していました。

18歳になったシモーネ・タバスコは、世界最古の映画学校であるイタリア国立映画実験センターに進みます。

さっそくチャンスが訪れ、テレビドラマ『Fuoriclasse2』で、ムスリムの少女アイーダ・メルリッシ役に抜擢され、レギュラー出演をしました。

犯罪スリラー『Perez.』(2014年)で、映画デビューをはたします。

主人公デメトリオの娘ティー役で、ギャングのボスの息子と恋に落ち、これが一家を危険で劇的な状況の渦に巻き込むという、主役級の役どころでした。

その演技が認められ、2015年のシルバーリボンでグリエルモ・ビラギ賞を獲得します。

この賞は、その年の最も期待される若手俳優に贈られもの。

前年には『DOC(ドック) あすへのカルテ』で共演している、ジュリア役のマティルデ・ジョリが受賞しています。

その後、『È arrivata la felicità』 (2015-2018年)や、『I bastardi di Pizzofalcone』(2017-2021年)で、レギュラー出演が続き、人気女優に。

2016年の映画『I babysitter』では、メインキャストを務めました。

2020年から『DOC(ドック) あすへのカルテ』のエリーザ役で、大ブレイクすることになります。

詳しいエピソードはこの後で。


シモーナ・タバスコ『DOC(ドック) あすへのカルテ』の役づくり

DOC(ドック) あすへのカルテ』でシモーナ・タバスコが演じているのは、内科研修医のエリーザ・ルッソです。

内気だけれども、思ったことはズバズバ言ってしまうキャラのようです。

シモーナ・タバスコは、このエリーザをどのようにとらえているのでしょう。

「エリサはグレーゾーンの多い、複雑なキャラクターです。特に病院ではタフさを誇示するが、実際は深いもろさを持っている。」

このように、エリーザのキャラクターを作り込んでいるようです。

思ったことを口にするのは、自分を守るためなんですね。

そして、もっと深い内面があると、彼女は言っています。

「彼女が人生に求めるものはただひとつ、永遠の愛を誓う相手。」

シモーナ・タバスコ曰く、「深いもろさを持つエリーサが、永遠の愛を誓う相手を求めている。」

そう聞いただけで、ドラマの人間模様がどのように展開していくのか、興味津々。

医療ドラマなんですけど、美男美女の医師同士。

いろんな恋愛が繰り広げられるのでしょう。

はたして、エリーザに「永遠の愛を誓う相手」は現れるのでしょうか?

ドラマをお楽しみください。

▼こちらもご覧ください▼
『DOC(ドック)あすへのカルテ』キャストはどんな人?出演履歴と私生活。



シモーナ・タバスコの結婚、恋人、子供

ドラマの展開だけでなくシモーナ・タバスコロの恋愛事情も気になります。

シモーナ・タバスコの私生活については、ほとんど知られていません。

あるインタビューでこのようなコメントがありました。

「長い間付き合っていたが、同棲の末に終わった」

そのお相手は、ロドリゴ・デラスモと言うアーティストのようです。

ブラジル出身で、1976年生まれ。

シモーナ・タバスコより、18歳も年上です。

破局の真相はわかりません。

「私は個人的、専門的な成長のこの瞬間を、集中して一人で生きてみたかった。」

相手の状況と言うよりは、自分で判断して決めたことなのですね。

シモーナ・タバスコは、「強い女性」なのか?

それは、次の章で。



シモーネ・タバスコの性格は?

「私は緊張しやすく、とても情熱的で、衝動的で、一瞬で結論を出してしまう。」

シモーネ・タバスコは、自分の性格をこのようにとらえているようです。

「一方、私はとても寂しがり屋で、本を読んだり、考えたりするのが好きなんです。」

直感的で、自分の世界を持っている女性だと言えそうですね。

女優として次々に実績を上げている力の源は、こういった性格にありそう。

また、本を読む以外にも、音楽を聴くのも好きなようです。

最近は、ゼンデイヤ主演ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』を見て、「Labrinth(ラビリンス)」の曲を夢中で聴いているのだとか。

2019年には、ミュージックビデオにも出演しています。

(「Rose viola di Ghemon」と「Vento del Sud dei Tiromancino」)

子供の頃から、ミュージックビデオの監督になるのが大きな夢でした。

そうコメントするシモーネ・タバスコ。

彼女の監督作品も、いつの日か観られうのかもしれませんね。

シモーネ・タバスコの出演情報

シモーネ・タバスコの最新作は、『ホワイト・ロータス / 諸事情だらけのリゾートホテル』シーズン2です。

バカンスに訪れる裕福な宿泊客たちと、彼らをもてなすホテルの従業員たちの1週間を描いたブラックコメディ。

ハワイを舞台にしたシーズン1が大ヒット。

シーズン2はイタリアのシシリアが舞台です。

シモーナ・タバスコは、見出し下のインスタポストのように、ホテルをうろついているイタリア女性、ルシアを演じます。

コメディに出演する、彼女の演技も楽しみですね。

ちなみに『DOC(ドック) あすへのカルテ』のカロリーナ役で出演の、ベアトリス・グランノも、ミア役で出ています。

HBOオリジナルドラマで、2022年10月30日から配信される予定です。

日本での放送は未確認ですが、わかり次第ご案内します。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました