『アダムス・ファミリー』キャストの現在は?プロフィールと最新出演作を紹介!

バラエティー

映画『アダムス・ファミリー』のキャストたちは現在、どうしているのでしょう?

個性的なキャストたちの現在と、最新作をご紹介します。

アダムス・ファミリー あらすじ

とある街に、一軒の不気味な巨大屋敷があった。

住人のアダムズ一家は当主・ゴメズを始め、魔女の血を引くモーティシア夫人、ウェンズデーとパグズリーの姉弟、夫人の実母・グラニー、使用人のラーチそして手だけしかないハンドの7人暮らし。

傍から見れば不気味で暗く陰鬱な雰囲気漂う一家だが、これが日常であり常識。

膨大な資産を持つ彼らは何不自由なく幸せに暮らしていた。

だがゴメズは、25年前に失踪したアダムス家の長男である兄・フェスターの行方を一人案じ続けていた。



アダムス・ファミリー キャストの現在は?

【モーティシア・アダムス】アンジェリカ・ヒューストン


引用:https://addamsfamily.fandom.com/

モーティシアは、アダムス家の母親。

美しく痩せこけた魔女。

アンジェリカ・ヒューストン
生年月日: 1951年7月8日
年齢: 71歳
出生地: カリフォルニア州 ロサンゼルス
身長: 178 cm

アンジェリカ・ヒューストンは、1985年、父親ジョン・ヒューストンが監督した映画『女と男の名誉』で、アカデミー助演女優賞を受賞した名女優。

現在も、第一線で活躍しています。

最新作は、ノア・シュナップス主演映画『アーニャは、きっと来る』のオルカーダ役、『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』で、ナレーターを務めています。

 

【ウェンズデー・アダムス】クリスティーナ・リッチ


引用:https://addamsfamily.fandom.com/

アダムス家の長女。

三つ編みのおさげ髪に水玉のワンピースを着て、いつも不幸そうな顔つきで、無口。

クリスティーナ・リッチ
生年月日: 1980年2月12日
年齢: 42歳
出生地: カリフォルニア州 サンタモニカ
身長: 155 cm

 

この投稿をInstagramで見る

 

Christina Ricci(@riccigrams)がシェアした投稿

当時は、「天才子役」として話題になった、クリスティーナ・リッチ。

その後も、ジョニー・デップと共演した映画『スリーピー・ホロウ』、キアヌ・リーブス主演映画『マトリックス レザレクションズ』などに出演。

ドラマにも出演し、『アリー my ラブ』『PAN AM/パンナム』などにレギュラー出演するなど、活躍が続いています。

最新作は、スリラー映画『Monstrous』では、主演としてローラ役。

さらに、主演映画『The Dresden Sun』が予定されています。

 

【ラーチ】カレル・ストルイケン


引用:https://addamsfamily.fandom.com/

アダムス家の執事。

非常に長身で、いつもヨロヨロ歩いており、フランケンシュタインに似ている。

カレル・ストルイケン
出生地: オランダ ハーグ
生年月日: 1948年7月30日
年齢: 74歳
身長: 213 cm

 

この投稿をInstagramで見る

 

Twin Peaks(@welcometotwinpeaks)がシェアした投稿

フランケンシュタインのような風貌の執事を演じていた、カレル・ストルイケン。

その後も、映画『スタートレック』シリーズや、テレビドラマ『ツイン・ピークス』シリーズなど、現在も、怪演俳優として活躍しています。

最新作は、映画『ドクター・スリープ』。

グランパ・フリック役でユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソンなどと共演しています。

 

【フェスター・アダムス】クリストファー・ロイド


引用:https://addamsfamily.fandom.com/

ゴメズの兄。

性格はまともだが、外見は一番怪しい。

禿で白い肌、目にはクマ、歯は無く、年中コートを着ている

クリストファー・ロイド
生年月日: 1938年10月22日
年齢: 83歳
出生地: コネチカット州 スタンフォード
身長: 185 cm

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのドク役の印象が強い、クリストファー・ロイド。

『全米捜索!バック・トゥ・ザ・フューチャー』が2021年に、日本でも放送されていました。

現在も、舞台、映画、テレビ、声優など、幅広く活躍中です。

2002年から続くアニメ『サイバーチェイス』のハッカー役で声優を務めている他、映画『Mr.ノーバディ』、ドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』などに出演。

最新作は、2022年の子供向けホラー『スピリット ハロウィン: ザ ムービー』アレック・ウィンザー役があります。

 

【パグズリー・アダムス】ジミー・ウォークマン


引用:https://addamsfamily.fandom.com/

アダムス家の長男でウェンズデーの弟。

縞模様のシャツにサスペンダー付きの半ズボンの悪ガキ。

ジミー・ウォークマン
生年月日: 1980年10月4日
年齢: 41歳
出生地: バージニア州フェアファックス

1991年~2004年まで俳優として活動をしていましたが、引退。

現在は、映画やテレビ番組制作の技術スタッフをしています。

映画業界で働く人々の労働組合の活動もしているそうです。

 

【ゴメズ・アダムス】ラウル・ジュリア


引用https://addamsfamily.fandom.com

家族をこよなく愛するアダムス家の家長。

頭が良いわけではないが、悪巧みには頭が回る。

生年月日: 1940年3月9日
出生地: プエルトリコ サン・フアン
身長: 188 cm

『アダムスファミリー2』公開の翌年、1994年10月24日、脳卒中のため54歳で死去。

1995年公開された『闇に抱かれて』のトマス・ラミレス役での出演が、遺作となりました。

 

【グラニー・アダムス】ジュディス・マリナ/キャロル・ケイン


引用:https://www.imdb.com/

アダムス家のおばあちゃん。

ジュディス・マリナ
生年月日: 1926年6月4日
出生地: ドイツ キール

『アダムス・ファミリー』のグラニー役を務めたジュディス・マリナ。

『狼たちの午後』ではアル・パチーノの母親役の他、演劇活動で多大な貢献をした女優です。

『アダムス・ファミリー』後も、映画『みんな私に恋をする』やドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』に出演。

2015年4月10日に、88歳で死去。

2019年に、ドキュメンタリー『The Forgiveness of Judith Malina』が公開されました。

 

キャロル・ケイン
生年月日: 1952年6月18日
年齢: 70歳
出生地: オハイオ州 クリーブランド
身長: 158 cm

『アダムス・ファミリー2』では、キャロル・ケインがグラニー役を務めました。

当時は40歳と若かったため、特殊メイクをしていたそうです。

その後も、映画、ドラマに数多く出演。

最新作は、ドラマ『スタートレック:ストレンジ・ニューワールド』(2022年)で、ペリア役を務めています。



アダムス・ファミリー まとめ

『アダムス・ファミリー』、コメディ映画の中でも、記憶に残る楽しい映画ですね。

元々は1937年から雑誌『ザ・ニューヨーカー』に掲載されていた無題の一コマ漫画だったそうです。

その頃は、キャラクターの名前もあいまいで、映像化されるようになって、キャラの名前がちゃんとついたのだとか。

タイトルの「アダムスファミリー」も原作者のチャールズ・アダムスからとったと言います。

それ以降、映画、アニメ、舞台と受け継がれていき、独特の個性を持ったキャラクターも、都度つど成長していったようです。

個人的には、ゴメズ・アダムス役のラウル・ジュリアが大好き。

フランシス・コッポラ監督作品『 ワン・フロム・ザ・ハート』の伊達男ぶりが、印象に残る俳優だったので、コメディの演技は予想外でした。

ですが、ギャップがあって、楽しいキャラに仕上げているあたりはさすがです。

彼の代表作になりましたね。

『アダムス・ファミリー3』の企画中に、突然亡くなってしまったのが、本当に残念です。

他のキャストたちも、実力ある俳優で、現在まで活躍する人たち。

テンポある軽快な笑いの裏には、しっかりした演技力とアドリブがぎっしり詰まっているのでしょうね。

そんなことを全く見せずに、演じている俳優たちに拍手!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



タイトルとURLをコピーしました