トム・エリス 身長・年齢やインスタに映る妻、双子の姉妹など『ルシファー』主演俳優のプロフィール。マ。

コメディ男優

超人気ドラマ『LUCIFER/ルシファー』の主役”ルシファー・モーニングスター”役で大ブレイクしたトム・エリス。その身長同様、活躍のステージがどんどん高くなっています。その魅力はどこにあるのでしょうか?彼のプロフィールを振り返ってみましょう!


トム・エリスは双子だった!身長・年齢とインスタに映る妻など『ルシファー』主役のプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Ellis(@officialtomellis)がシェアした投稿

生年月日: 1978年11月17日
年齢: 43歳
出生地: イギリス カーディフ
身長: 191 cm

トム・エリスのお父さんは、パブテスト牧師で、敬虔な家庭で育ちました。

ルーシーさんという双子の姉と、二人の女姉妹がいます。

スコットランド王立音楽演劇アカデミーで演劇を学び学士号をとりました。

『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』などに出演している、俳優ジェームズ・マカヴォイとは、同級生です。

今も仲の良い友達だとか。

役者になる前は『シェフィールド・ユース・オーケストラ』でフレンチ・ホルンを演奏していたそうです。

演劇のみならず、音楽にも秀でていたんですね。

『ルシファー』ではピアノの弾き語りシーンが印象的ですね。

さぞやピアノも上手なんだろうなぁと思いきや、ピアノは弾けないみたいです!

「えっ!そうなの!!」ってびっくりしますよね。

劇中ではクラブのステージで雰囲気たっぷりに、弾き語りをしているので。

う~ん、役者よのぉ~。

ちなみに、歌声は本人だそうですよ。

演劇や音楽に長けて、ルックスも抜群。身長は191㎝もあるんですね。

『ルシファー』でクロエ・デッカー刑事役で共演しているローレン・ジャーマンも170㎝もあって高身長。


そんなに高いとは思わなかったのですが、なるほどスーツ姿が様になるわけです。

そんなイケメンのトム・エリスですが私生活でもドラマ同様、プレイボーイぶりを発揮しています。

2005年5月に、当時の恋人であるイステル・モーガンとの間に娘さんを授かっています。

ですがその年の11月には、映画『7 セカンズ』に出演していた女優のタムジン・アウスウェイトと結婚しているんですね。

2008年6月と2012年8月にそれぞれ女の子が生まれているんですが、2013年に離婚。

子供が生まれて別離というパターンが二度も。

タムジン・アウスウェイトとの離婚の原因も浮気だとか。

ルシファーのキャラも、地獄の王者であり、ワイルドでセクシーなプレイボーイ。

女性にはモテるが、子供がちょい苦手なキャラそのものを地でいってますね。

2015年から脚本家のミーガン・オッペンハイマーと付き合い始め、2019年6月に結婚しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Ellis(@officialtomellis)がシェアした投稿

トム・エリスのインスタグラムには湖畔に立つ二人の写真を掲載して結婚を報告しています。

次のようなコメントがありましたよ。

「僕の新妻は、ハネムーンの交通手段に少し不安があるようだ」

湖に手漕ぎのボートがあったから、ジョークですかね。

ローレン・ジャーマンの詳しいプロフィールは、こちらをご覧ください。



トム・エリス 『ワンス・アポン・ア・タイム』ロビン・フッド役などドラマや映画の出演作品をご紹介

トム・エリスのデビューは2000年の『Kiss Me Kate(原題)』というイギリスのシチュエーションコメディ。

2001年の『The Life and Adventures of Nicholas Nickleby(原題)』や、 日本でも公開されたブラック・コメディ映画『バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた』に出演。

2003年『アイル・ビー・ゼア』2004年『ヴェラ・ドレイク』の他、2005年ウィリアム・シェイクスピアの4つの作品を現代風にリメイクしたテレビドラマ『シェイクスピア21』の第一話『から騒ぎ』に出演しています。

2006年にはイギリスで人気の長寿ソープオペラ『イーストエンダーズ』に、主要なキャストのドクター・オリバー役を演じました。

2007年には、大人気ドラマの『ドクター・フー』シーズン3にゲスト出演しています。

この『ドクター・フー』はイギリスの長寿SFドラマで、ショーロック・ホームズシリーズのように、主役が何代にもわたって受け継がれ、数多くの名優が出演しています。

トム・エリスが注目されることになったのは、2009年から2015年にBBCで放送されたコメディ『Miranda (原題)』でのゲイリー・プレストン役で準主役で出演したときからのようですね。

翌年には、アーサー王伝説をもとにした『魔術師 マーリン』シーズン3では、敵国の王センレッド役で出演。

その他にイギリスの映画やドラマに数本出た後、2013年『ワンス・アポン・ア・タイム』のロビン・フッド役から、アメリカに活躍の舞台を移しています。

2014年『RUSH 〜スキャンダルな外科医』でアメリカドラマで初の主役を獲得しました。

ですが、1シーズン10エピソードで打ち切りに。

闇のプライベート・ドクターという設定。

訳アリのセレブや犯罪がらみの治療を行い、高額な治療費をふんだくる。

自分も酒と女におぼれてハチャメチャな生活。

ちょっと面白かったんですけどね。



トム・エリス 『ルシファー』が面白い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lucifer(@lucifernetflix)がシェアした投稿


そんなワイルドな設定を何100倍も面白くしたのが『LUCIFER/ルシファー』。

地獄の魔王が魔界に飽きて、”天使の街”ロスアンゼルスで、高級クラブのオーナー「ルシファー・モーニングスター」としてハチャメチャな私生活を送りながらも、ロス市警の美人刑事クロエ・デッカーの相棒として数々の殺人事件を解決していくドラマ。

なんと言ってもトム・エリスのルックスが、地獄の魔王が下界に遊びに来たという設定にぴったり!

時に見せる鋭い眼差しは、魔王の顔に変身する前でも、十分迫力がありますね。

(変身しているのは人間にか。)

かと思いきや、チャーミングな笑顔やそのセクシーな瞳でじっと女性を見つめたり、子供のように奔放な行動で母性本能をくすぐったりと魅力が尽きません。

これからも、トム・エリスの活躍には目が離せませんね。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました