A.J.バックリーの身長・年齢、妻や子供は?CSI:NYからSEAL Teamまで出演作品チェック

A.J.バックリーが俳優として、多くの異なる役を演じてきました。

『CSI: NY』で見せたオタク風の犯罪研究所の技術者から、『SEAL Team』で演じる肉体的にも要求されるネイビーシールズの役など。

さらに、私生活、そして肉体的に大変な役の準備について話を進めながら、バックリーの芸術に対する真剣な取り組みを理解します。

彼がどのようにしてさまざまなタイプの視聴者を引きつけ、才能と努力を見せてきたかを探ります。

ぜひ、最後までご覧ください。



 

A.J.バックリーの身長・年齢・プロフィール

Alan John “A. J.” Buckley
生年月日: 1977年2月9日
年齢: 47歳
出生地: アイルランド ダブリン
身長: 175 cm

A.J.バックリーを知っていますか?

彼は単なる俳優以上の多才な人物で、数々のテレビドラマや映画でその才能を発揮してきました。

A.J.バックリーは、ダブリン、アイルランドで生まれ、カナダで育ちました。

俳優としてのキャリアをスタートさせたのは1990年代からで、様々なゲスト出演やサポート役を経て、彼の名前は徐々に知られるようになりました。

 

特に2004年から2013年までの間、「CSI: NY」で演じたアダム・ロス役は、彼の代表作の一つとして数えられています。

また、彼は「スーパーナチュラル」や「SEAL Team」など、多岐にわたるテレビシリーズに出演し、多彩な演技力を見せつけてきました。

 

しかし、A.J.バックリーの人生で最も重要な役割は、おそらく父親でしょう。

2018年には、彼と妻のアビゲイル・オクシーは双子の男の子を迎え、彼の家族は一気に賑やかになりました。

この新しい章は、彼の人生において大きな転機となり、彼の演技にさらなる深みを加えることになったかもしれません。

 

A.J.バックリーの魅力は、彼の演技の幅広さだけではありません。

彼は、演技を通じてさまざまな人生の側面を探求し、そのプロセスで観客と深いつながりを築いています。

そして何より、家族を大切にする心温まる人物であることが、彼のファンにとって特別な存在にしています。

 

あなたは、彼のどの作品を最も印象に残っていますか?

CSI: NYのアダム・ロス、それともSEAL Teamの勇敢な海軍SEAL隊員の一員としての役柄でしょうか?

あるいは、彼の個人的な成長や家族としての役割に、もっと興味があるかもしれませんね。

A.J.バックリーの物語は、彼が演じるキャラクター同様に多面的で、常に私たちを惹きつけてやまない魅力があります。

 



 

A.J.バックリィ『CSI:NY』アダム・ロスを演じる男の正体は?

A.J.バックリーが「CSI: NY」で演じたアダム・ロスは、彼の演技キャリアの中で特に印象深い役です。

2005年から2013年までの間、このドラマで重要な役を担いました。

 

アダム・ロスはラボ技術者として、自分の専門知識を生かしてチームにとって欠かせない情報を提供する人物でした。

彼は社会的にちょっと不器用だけど、科学の用語を熱く語り、チームの一員として認められたいと強く願っている、情熱的なキャラクターとして描かれています。

 

A.J.バックリーによると、アダム・ロスという役は最初はたった3行のセリフから始まりました。

ですが、彼はこの役に深みを加えるため、アダムを社会的に少し不器用で、科学的な発見に非常に熱心な人物として演じました。

 

彼はチームの一員として受け入れられ、一緒にビールを飲むことを望んでいましたが、まだそのような関係には至っていませんでした。

特にマックやダニーというキャラクターに対しては、尊敬と憧れを抱いていました。

 

彼の役は最初は小さなものでしたが、ライターや視聴者からの評価が高く、シリーズを通じて彼の物語がさらに展開しました。

A.J.バックリーはこの役を演じることがとても楽しく、特に「CSI: NY」のようなシリアスなドラマでユーモアを提供し、視聴者を楽しませることに喜びを感じていました。

 

実生活でも冗談を言うのが好きで、アダム・ロスを通じてその面を表現できたことも楽しんでいたそうです。

A.J.バックリーのアダム・ロスとしての演じ方は、彼の幅広い演技力とキャラクターに深みを与える能力をよく示しています。

彼の役づくりと情熱が、アダム・ロスを視聴者に愛されるキャラクターにしましたね。

 



 

A.J.バックリーが「シール・チーム」ソニー・クイン役で見せた演技の進化!

A.J.バックリーの「SEAL Team」での役割、特殊戦オペレーターのソニー・クインは、彼のキャリアの中で特に際立っています。

2018年に始まったこのCBSヒットシリーズでは、Buckleyはデビッド・ボレアナズと共演しています。

彼の役割の準備と役柄への真摯な取り組みは、このシリーズがファンから高い評価を受ける理由の一つです。

 

A.J.バックリーは、軍人が直面する見えない戦争の傷やPTSDに深く潜り込むことで、役柄の心理的側面を掘り下げます。

このアプローチは、シリーズを通じてソニー・クインのキャラクターが直面する課題と成長に深みを加えています。

彼の演技においては、実際の退役軍人たちとの仕事が非常に重要であり、彼らの物語と犠牲を聞くことで、アメリカの市民としての幸運を改めて実感していると述べています。

 

さらに、A.J.バックリーは役に必要な身体的な条件を維持するために、機能的ワークアウトを採用しています。

このワークアウトは、彼にとってライフスタイルとなり、厳しいジムトレーニングを通じて得られる精神的な満足感について語っています。

彼は「SEAL Team」での役柄に対する準備として、実生活でもベストシェイプを目指すことの重要性を強調しています。

 

A.J.バックリーの「SEAL Team」での役割は、彼がこれまでに演じてきた中でも複雑なキャラクターの一つです。

彼の強面な態度の裏にはPTSDに苦しむ内面があり、この役柄に対する彼の深い理解と献身が、ソニー・クインを魅力的なキャラクターにしています。

 

彼の献身的な演技と役への準備は、「SEAL Team」を見る上で非常に重要な要素であり、彼がこの役柄でどのように成長し、進化していくかを見るのが楽しみです。

 



 

A.J.バックリーの妻との生活は?子供は双子!

A.J.バックリーは『CSI:ニューヨーク』や『シール・チーム』での魅力的な役柄で知られていますが、彼は才能ある俳優だけでなく、家族想いの人物でもあります。

彼が父親になるまでの経験は、喜びも困難もある心温まる話です。

 

バックリーと彼の妻アビゲイル・オクセさんは2018年3月5日に双子の男の子、レンジャー・ジョセフ君とボディ・ロバート君を迎えました。

双子の誕生はバックリー家にとって大きな出来事で、2014年1月19日に生まれた長女ウィロー・フェニックスを含む家族は5人になりました。

 

双子は2分違いで生まれ、特別なケアが必要でした。彼らはNICUでしばらくの時間を過ごしました。

このような初めての困難を乗り越えた後も、バックリーとオクセさんの双子への愛と喜びは変わらず、家族としての将来を楽しみにしていました。

 

二人は2012年12月31日に婚約し、その後家族はさらに成長しました。

この時期のバックリーは妻の強さを誇りに思っており、彼女への賞賛と尊敬の気持ちが増していました。

 

オクセさんは、双子の誕生を控えた喜びを表現するために、ソーシャルメディアに「ベビーダンス」ビデオを投稿しました。

これはカップルの遊び心と愛情を示す行為であり、他の人たちにも喜びを与えました。

 

バックリーの家族の話は、彼がどれほど多面的な人生を送っているかを示しています。

彼はカメラの前だけでなく、家庭でも日常のヒーローです。

 

俳優として多忙であるにも関わらず、彼は家族への愛と献身を常に保っています。これは彼の人柄の深さを物語っています。

この話は、家族を第一に考え、子育ての楽しみと挑戦をしっかりと受け止める男性の生活を垣間見せてくれます。

 


 

A.J.バックリーの出演映画とテレビドラマ

A.J.バックリーは『CSI: NY』でアダム・ロス役(2005-2013年)、『SEAL Team』でソニー・クイン役(2017年-現在)を演じるなど、多くのドラマや映画で幅広い役を演じてきた才能豊かな俳優です。

 

『スーパーナチュラル』(2005-2020年)では、モンスターが登場するシリーズでユーモアと人間味のあるエド・ゼドモアを演じました。

この役は、彼の多様な演技力と超自然的なジャンルへの対応力を示しています。

 

彼はまた、『グッド ダイナソー』(2015年)でアーロの父パッパを声で演じ、『ハッピー フィート』(2006年)では追加の声の役割を担当しました。これらの作品では、彼の声優としての才能も披露されています。

 

映画では、『ザ ボックス』(2009年)でのサポート役、『ホーム スイート ヘル』(2015年)でのコメディ役があり、各作品で異なるタイプのキャラクターを演じ、俳優としての多才さと奥深さを実証しました。

 

A.J.バックリーは『X-ファイル』(1993-2002年)や『ミレニアム』(1996-1999年)から始まり、多くの現代のシリーズや映画で重要な役を演じています。

ドラマからアクション、コメディ、超常現象まで、様々なジャンルをこなす彼の能力は、その才能と技術への献身を示しています。

 

A.J.バックリーは多くの作品に出演し、ただの俳優という枠を超えています。

彼は素晴らしいストーリーテラーであり、その演技は世界中の人々を引きつけ続けています。

 



 

A.J.バックリーの筋肉が凄い!SEALチームのためにムキムキに!

『SEAL Team』での役柄に挑んだA.J.バックリーの変身は本当にすごいものでした。

以前『CSI: NY』でオタク風の研究技師アダム・ロスを演じていたバックリーは、海軍特殊部隊ソニー・クインとしてタフで体力を要する役を演じるために、見違えるような肉体改造をしました。

この変身は、ただ体重を増減させるだけではありませんでした。

彼は全く新しい体づくりをして、役に全力を尽くす姿勢を見せました。

バックリーは元の体重140ポンドから筋肉質で体脂肪率約10%の185ポンドに増量しました。

これには生活スタイルを大きく変え、フィットネスに真剣に取り組むことが求められました。

 

彼のトレーニングは筋肉を増やすだけでなく、海軍特殊部隊のような精神力と回復力を身につけることを目指していました。

これには「SEAL Team」の撮影前に朝4時に起きて厳しいトレーニングを行うことも含まれていました。

 

バックリーの体を変える努力はただ見た目を良くするためだけではありませんでした。

ソニー・クインを説得力あるものにするためには、武器の扱いにも慣れる必要があり、彼にはそれまでの経験がなかったのです。

 

彼はただ体を鍛えるだけでなく、戦闘から帰還した兵士が直面する心理的な問題、特にPTSD(心的外傷後ストレス障害)やTBI(外傷性脳損傷)についても学びました。

 

バックリーのこのような準備と変身は、ただ体を鍛える以上に、ネイビーシールズとしての生活をリアルに描くへの深い尊敬と努力を示しています。

彼のこの全力の姿勢は、役に本物の感じを出すための俳優としての努力と研究の証であり、視聴者に軍隊生活をより深く、尊敬を込めて描いたものを見せています。

 


 

A.J.バックリーの次なる目標は?今後のプロジェクトとベンチャー**について

多様な役で知られるA.J.バックリーは、『CSI: NY』でのオタクな犯罪捜査官から、『SEAL Team』でのたくましいネイビーシールズまで、さまざまなキャラクターを演じています。

彼のフィルモグラフィーは非常に幅広く、映画やテレビで多くの異なる役をこなす才能を示しています。

バックリーの作品は、多岐にわたるジャンルや形式に及び、彼の多動的なキャリアと芸術的な柔軟性を反映しています。

 

次に何をするのでしょうか?

『SEAL Team』の詳細以外のA.J.バックリーの将来のプロジェクトについては、具体的な情報は得られませんでした。

ですが、彼のこれまでの実績を見ると、引き続き挑戦的で多様な役に挑む可能性が高いです。

『SEAL Team』での彼の印象的な体の変化や、役作りへの献身を考えれば、バックリーが俳優としてさらに高みを目指すことは明らかです。

 

バックリーのキャリアは、アニメ映画やビデオゲームでの声優としても活躍するなど、さまざまなメディアを横断しています。

これらの経験は、彼の多才さと異なるストーリーテリングフォームへの適応能力を示しており、テレビ、映画、その他のプラットフォームでの今後の活躍を予感させます。

 

バックリーが俳優としての進化を続ける中で、ファンや観客は彼の多様性と深みを示すさらに魅力的な役で彼を見ることができるでしょう。

彼の仕事への真摯な姿勢と天賦の才能を考えると、これからも見逃せない俳優の一人だといえますね。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました