アダムブロディの現在。『スタートアップ』ニック役の妻はレイトン・ミースター

ドラマ男優

今回は、アダム・ブロディです。ティーンに大人気となった青春ドラマ『The O.C』ではアイドル級の人気者。また最近ではクライム・サスペンス『STARTUP スタートアップ』で主演を務める彼の仕事と恋愛、家族のことなどについてまとめてみました。

アダムブロディの現在 『シャザム』『スタートアップ』で脱アイドル。

『ギルモア・ガールズ』『The O.C』ではティーンエージャーからアイドル的な人気のあったアダム・ブロディですが、それまでの好青年的なイメージから脱皮して、様々な役柄を演じています。

ザッカリー・リーヴァイ主演の映画『シャザム』では、中身は子供ながらスーパーヒーローになるというコミカルな役をすんなりと演じています。

ラストの戦闘シーンに登場するのですが、ちょっとしたアクションでしたが、難なくこなし、コミカルな表情も爽やかさもプラスしていい感じでした。

またテレビドラマ『STARTUP スタートアップ』では、仮想通貨で一攫千金を狙い一念発起して起業した3人グループの一人ニックを演じています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Adam Brody(@ohadambrody)がシェアした投稿


カネのためなら殺人はするは、自分勝手な行動で仲間に迷惑をかけるような、癖のある役柄も味のある演技で評価も高いようです。

そうなんです。アダム・ブロディお坊ちゃまな役しかできない俳優ではないのです。彼自身も自分が器用な役者だと認識があるようです。あるインタビューでのコメントです。

「僕は器用にいろいろできるタイプだとは思っている、だけど何事もずば抜けているわけじゃない。皆で協力するのは得意だけどね」

さらにこう続けています。

「何か特別な分野に秀でてる奴を探したいなら、僕より出来る奴を教えてあげるよ。僕はとにかく器用ではある。その才能を生かして、ストーリーをつむぐ世界の一員でありたいんだ」

このコメント、やっぱり「育ちの良さ」がにじみ出てますね。”金持ち喧嘩せず”余計な争いはしないっていうようにもとれますね。

ですが、プロデュースや脚本を手掛ける彼だけに、一芝居加えるような演技ではなく全体のストーリーの中で生きる演技を心がけているのではないかと思います。



 

 

アダムブロディの身長や年齢など基本プロフィール。

アダム・ブロディは1979年12月15日生まれの 41歳。出身はカリフォルニア州サンディエゴです。身長は180cmです。

アメリカ人男性の平均身長が175㎝なので、やや高めと言ったところでしょうか。ですがアダム・ブロディは、スマートなのでもっと高く感じますね。

ユダヤ系の両親は父が弁護士、母はグラフィックデザイナーで、二人の双子の弟がいます。

大学に進んだのですが、勉学には熱心ではなく中退して、個人コーチをつけて演技を学びました。個人コーチって、随分とお坊ちゃまなのですね。そう言われれば、顔つきも「育ちの良さ」がにじみ出てるし。

役者としては、それもキャラとして、オリジナリティが出せるので”強み”です。「育ちの良さ」は作ろうと思ってもなかなか難しいのです。役づくりをしても、動きの中でどうしても、ふとしたところで薄っペらさが出てしまうのですよね。

そんなアダム・ブロディ、二十歳を過ぎたあたりから、テレビドラマから声がかかるようになったようですよ。

俳優以外にも、2003年の短編映画『Home Security』ではプロデューサーと脚本家も兼任しています。

また、アダム・ブロディは、「Big Japan」というインディーズバンドでドラムを担当しているそうなんです。”Big Japan”とは、どんな由来があるんでしょうね。



 

アダムブロディ 『ギルモア・ガールズ』『The O.C』でブレイク!共演女優レイチェル・ビルソンと交際。

2002年~2003年に出演した『ギルモア・ガールズ』のデイヴ・ライガルスキ役で注目を集めた後、2003年からスタートした『The O.C.』のセス・コーエン役でブレイク。

レイチェル・ビルソン演じるわがままなお嬢様、サマー・ロバ―ツに首ったけなオタク青年と言う役柄が人気を集めました。

プライベートでも2003年12月からレイチェル・ビルソンと付き合い始め、憧れのカップルとして、ティーンの間で話題になりました。2年4ヶ月交際期間がありましたが、2006年3月に破局してしまいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Adam Brody(@adambrodyyx)がシェアした投稿

それにしても、二人は2歳の年齢差があるのですが、見た目アダム・ブロディの方がぜんぜん幼く見えますね。20代の頃は女性の方がしっかりして見える傾向にありますし、アダム・ブロディはお坊ちゃまだから、苦労が顔に出てないっていのもあるでしょう。

しかし若い二人はプライベートでレイチェル・ビルソン破局しても、ドラマでは一緒に出ていたので、二人はプロに徹していてのでしょう。その点はえらい!

そんなアダム・ブロディですが、モテ期は途切れず、2007年には映画『スパイダーマン』のメアリージェーン役を務めたキルスティン・ダンストと交際。

その後も、2008年にオーストラリアの女優テリーサ・パーマー、2009年にはディアナ・アグロンとも噂ががありました。

2009年~2011年の間、脚本家ローリーン・スカファリアと交際をしています。



 

アダムブロディの妻は『ゴシップガール』出演女優のレイトン・ミースター

そして、『ゴシップガール』のブレア・ウォルド役で有名なレイトン・ミースターと、2012年12月から交際を開始。一年後2013年11月20日に婚約を発表し、3か月後の2014年2月に結婚しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Adam Brody(@adambrodyyx)がシェアした投稿


実は、アダム・ブロディは、レイトン・ミースターが演じていた『ゴシップガール』のブレア・ウォルド役の意地悪で策略家なイメージが強く、実際の本人もそのようなネガティブな印象が合ったそうなんです。

ですが、交際を始めてみると、彼女の魅力にメロメロになってしましました。

「交際を始めてレイトンが文字通りジャンヌ・ダルクだってことがわかった。彼女は強くて、僕が知っている中で一番素晴らしい人。僕にとって道徳的な指針で北極星のような存在なんだ。彼女の性格については褒めても褒めきれない」。

奥さんをジャンヌ・ダルクに例えるとは、相当レイトン・ミースターの尻に敷かれていそう(笑)育ちの良いお坊ちゃまなアダム・ブロディには、しっかりした女性がお似合い。

そして二人には2015年、第1子となる女の子アーロ・デイが生まれ、2020年9月にも男の子を授りました。アダム・ブロディは子煩悩そうですよね。積極的に育児に関わりそう。

レイトン・ミースターもママになっても女優を続けているので、二人で協力し合っているのでしょうね。

レイトン・ミースターがレギュラー出演するコメディドラマ『シングル・ペアレンツ』に、アダム・ブロディがゲスト出演し夫婦共演も果たしているんです。撮影現場では二人仲良く撮影に臨んでいたそうですよ。

ですが、娘のアーロちゃんはお父さんとお母さんが、二人とも家にいなかったことが不満だったよう。

「娘が、‟パパもママもずっと仕事場にいるのね”って言うんだけど、私が(撮影現場に)いたのは一日だけなのよ。娘には、”二人とも同じ時に仕事しちゃダメ”って言われたわ」

ママのレイトン・ミースターのそんなコメントも、幸せな家族の雰囲気が伝わってきますね。

けっして自分を目立たせようなんて思わず、全体を見てチームに一員としてベストを作る俳優アダム・ブロディ。

彼も41歳。このドラマをきっかけにさらにステップアップを期待したいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!

▼こちらもご覧ください▼
ドラマ『 STARTUP スタートアップ』のキャストの最新作がすごい!



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました