チャーリー・ヴィッカース『ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪』ハルブランド役の出演エピソード。

ドラマ男優

チャーリー・ヴィッカースは、『ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪』でハルブランド役で、注目を集める俳優です。

このドラマでは、最も重要な役柄の一つを演じています。

それを演じるまでの出演エピソードをご紹介します。

もちろんプロフィールや、過去の出演作などもお伝えします。

チャーリー・ヴィッカース『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』出演エピソード

ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』で、南方国の王の末裔だと思われていたハルブランド。

シーズン1の最後に、その真の正体は、邪悪な冥王サウロンだった!ということがわかりました。

演者のチャーリー・ヴィッカースが、この二つの役を演じるとわかったのは、なんと第3話の撮影を始めるときだったそうです。

ショーランナーであるパトリック・マッケイとJ・D・ペインが、彼を邪悪な要塞のセットに連れて行き、彼に向かって、こう叫びました。

「サウロン様、万歳!!」

「あれは私にとって決定的な瞬間だった。」

チャーリー・ヴィッカーズは、そう思ったそうです。

実は、オーディションを受けたときから、なんとなく予感はあったそうです。

と言うのも、彼が演じるハルブランドは、原作にはないキャラクター。

オーディションのときも、シェイクスピアの「リチャード三世」とジョン・ミルトンの「失楽園」の一部を読むように言われたそうなのです。

「文字通りサタンのオーディションでした。」

彼のコメント通り、二つの作品とも邪悪な人間を描いた作品ですね。

原作にないキャラクターだけに、「何かあるかも!」と思ったのでしょう。

そういう経緯を経て、ハルブランドと冥王サウロンの二役を演じることを知った彼は、サウロン研究に没頭します。

J・R・R・トールキンの神話物語集「シルマリルの物語」を全巻読み、トールキンの書簡から手がかりを得ようと、不明瞭な個所を調べ尽くしたそうです。

そうすることで、ハルブランドのことばや行動に、意味を込めていくことができます。

この設定があると、セリフや表情、立ち居振る舞いが、まるっきり変わってきます。

ハルブランドは「サウロンだ~」と思って、見返してみると、さらにストーリーの深みが増します。

例えば、ガラドリエル(演:モーフィッド・クラーク)を利用するために、海にいた。

南方国の戦いで怪我をしたのは、エルフの国に行くため。

そして、ケレブリンボール卿に合金を作るヒントを与えて、リングを完成させた。

このように、ハルブランドの姿を通して、ガラドリエルや、かかわる人々を利用して自分の思いを遂げようとしています。

ファンの中には、第2話の段階で察しがついた人もいるようですね。

あなたが、もしそうでないようでしたら、再視聴をお勧めします。

▼「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」のキャスト紹介はこちら▼
『ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪』キャストと種族と国名。今さら聞けないポイントまとめ

▼モーフィッド・クラークの詳しいプロフィールはこちら▼
モーフィッド・クラークの身長や年齢、抱えている障害とは?『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』出演エピソード



チャーリー・ヴィッカースの年齢・身長・俳優になるまで

本名: Charlie Vickers
生年月日: 1992年10月30日
年齢: 29歳
出生地: オーストラリア ビクトリア州メルボルン
身長: 188 cm

チャーリー・ヴィッカースは、メルボルン生まれ。

ロイヤルメルボルン工科(RMIT)大学で、演劇などを勉強し、芸術の学士号を取得。

アマチュア劇団にも所属する、熱心な演劇青年だったようですね。

そんなチャーリー・ヴィッカースは、さらに演劇研究を重ねようと、ロンドンに渡ります。

ロイヤル・セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマに入学し、2017年に卒業しました。

この演劇学校は、『SHERLOCK(シャーロック)』のマーティン・フリーマンや、『

スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールドの他、多くの名優を輩出しています。



チャーリー・ヴィッカースの彼女・結婚・子供は?

チャーリー・ヴィッカースは、現在独身です。

プライベートを明らかにしていないのか、彼女の情報も、今のところないようです。

これから注目を集めるでしょうから、パパラッチされるかもしれませんね。

チャーリー・ヴィッカースのプライベート情報で言うと、彼はトライアスロンを何度か完走しているようです。

週に数回、5~10kmのランニングを行っているんですって。

『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』で見せる、精悍ないで立ちは、日々の鍛錬から生まれるものなのですね。



チャーリー・ヴィッカースの出演作品

チャーリー・ヴィッカース出演ドラマ『メディチ』

2016年、イタリアで放送されたドラマ。

ルネサンス期のフィレンツェで、政治的・芸術的景観を探求する一族メディチ家を描いています。

チャーリー・ヴィッカーズは、グリエルモ・デ・パッツィ役で、シーズン2に出演しています。

日本では、Huluなどで配信しています。

チャーリー・ヴィッカース出演ドラマ『The Lost Flowers of Alice Hart 』

2022年、シガニー ウィーバー主演のドラマ。

家族の悲劇を経験した9歳のアリスと、祖母のジューンとともに花畑で暮らすことになるが、そこで自分と家族の過去について秘密があることを知るといった、ドラマです。

Amazonプライムで配信予定で、7部構成のテレビ シリーズです。

チャーリー・ヴィッカースは、クレム・ハート役で出演しています。

チャーリー・ヴィッカース出演映画『Palm Beach』

2019年のオーストラリアで作られた映画。

シドニーのパームビーチで、生涯の友人たちによる同窓会パーティーを舞台にした映画です。

チャーリー・ヴィッカースは、ダン役で出演しています。

 

と言うことで、チャーリー・ヴィッカースをご紹介しました。

『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』のシーズン2は撮影に入っているとこのこと。

次の配信が楽しみですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました