クリッシー・メッツが『THIS IS US』のケイト役を掴むまでの下積み生活が凄かった!

ドラマ女優

『THIS IS US』のケイト役で世界的にブレイクした、クリッシー・メッツのプロフィールをご紹介します。

クリッシー・メッツのWiki的プロフィール 日本で育った?!

本名: Christine Michelle Metz
生年月日: 1980年9月29日
年齢: 41歳
出生地: フロリダ州 ホームステッド
身長: 165 cm

クリッシー・メッツは、フロリダ生まれです。

アメリカ海軍にいた父と母、そして兄と姉がいます。

その後、父親の駐屯地が日本になったので、家族で引っ越しました。

クリッシー・メッツは、あるトーク番組で、経歴を確認されてたとき、

「あと、日本です。日本で育ちました」

フロリダで育ったことに加えて、「日本」って付け加えて答えていました。

日本での生活が、幼い頃の良い思い出となっているようです。

日本のどこだったのでしょうね?

海軍基地だとしたら、横須賀、佐世保、沖縄とかですね。

3か所のうちどこいたとしても、雰囲気のある素敵な街。

それに、赤ちゃんの時から8年間過ごしたところです。

クリッシー・メッツにとって、日本は「ふるさと」って感じなのではないでしょうか?

 

クリッシー・メッツ デビューのきっかけは?

しかし、クリッシー・メッツが8歳のとき、両親が離婚してしまいます。

母親、兄姉と4人で、フロリダに戻りました。

その後、母親が再婚。

二人の妹が出来て、末っ子だった彼女は5人兄弟の真ん中に。

この頃は、兄姉、妹たちの間で、ムードメーカーだったようです。

高校に入ると、室内合唱団に入りました。

本当は、ミュージカルもやりたかったそうです。

そんなクリッシー・メッツを女優の道に導いたのは、新しく出来た妹でした。

モデル・タレントオーディションに参加する妹に付き添っていったクリッシー・メッツ。

見知らぬ女性に「あなたも出るべきよ」と勧めれたそうです。

もともとミュージカルをやりたかった彼女。

オーディションにエントリーし、クリスティーナ・アギレラの「Beautiful」を歌いました。

彼女の声質にあった選曲ですよね。

クリッシー・メッツって、中低音からナチュラルに伸びのる音域を持っている思うのですが、そんな彼女にこの曲はぴったり。

声質に加えて、クリッシー・メッツが歌うと、情景が浮かぶんですよね。

もともとミュージカルをやりたいって言ってたくらいですし、物語を紡いでいるようなパフォーマンスを見せたのではないか?

勝手に想像しちゃってますけど(笑)

もちろん、審査員たちは、大絶賛!

「もはやあなたは、ここに居るべきではない!」

そう言われ、エージェントを紹介されました。

クリッシー・メッツは、そのときのことを、このようにコメントしています。

「すべてはそこから始まった。フロリダの小さな町からやってきて、演技が本物になることを実感したんです。」

自分自身の才能に気づいたクリッシー・メッツ。

その才能を活かすべく、エンターテイメントの聖地、ロサンゼルスに向かいます。

それは、彼女が22歳の頃でした。



クリッシー・メッツ 体重がネックで出演作が見つからない日々

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chrissy Metz(@chrissymetz)がシェアした投稿


ロサンゼルスに出てきたクリッシー・メッツ・

しかし、現実は厳しいものでした。

まず、彼女の体重がネックでした。

「才能があれば大丈夫!」

クリッシー・メッツは、そのように思っていたのものの、自分の才能を発揮できるような役に付くことはできませんでした。

太ったプラスサイズ体型では、役が限られてしまいます。

いくつかの端役の仕事で出演しましたが、大体の役柄は、ジョークのネタになるようなものばかり。

そして、プラスサイズの役を任せるには、「かわいすぎる」という評価でした。

確かに、クリッシー・メッツは美形ですよね。

それが、逆にアダになるとは。

仕事のない彼女は、実際のところ、自分が所属するエージェントで働かざるを得ませんでした。

しかし、くじけずにプラスサイズ女優たちのコミュニケーションに参加したり、数少ないオーディションを受け続けました。

そうこうするうちに、ロサンゼルスに出てきて約9年が経ちました。

夢と現実のギャップに、クリッシー・メッツは、うつ病に苦しんだと言います。

30歳の誕生日には、発作を起こして倒れてしまいました。

死んでしまうかもしれないと、本当に怖かったそうです。

このような状況でも、クリッシー・メッツは、なんとか立ち直ろうと、自分を見つめ直し、自己啓発を行っていきました。



クリッシー・メッツ ドラマ同様、痩せた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chrissy Metz(@chrissymetz)がシェアした投稿

2014年、クリッシー・メッツは『アメリカン・ホラー・ストーリー』で役を掴みました。

バーバラ/アイマ・ウィグルス役で、5つのエピソードに出演。

さらに、『THIS IS US』のオーディションを受けるチャンスも引き寄せました。

オーディションの役柄の台本を見たとき、クリッシー・メッツはこう感じたそうです。

「これは、私だ!」

そして、ケイト役に決まったと電話が来たとき、クリッシー・メッツは、

「おしっこを漏らしそうになった!」

このように、そのときのことを振り返っていました(笑)

そして、ドラマの大ヒット共に、クリッシー・メッツもブレイク。

エミー賞やゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートされ、彼女がやりたかった「演技」でも、認められることに。

実は、『THIS IS US』の収録中に、50キロの減量に挑んでいて、見事に減量に成功!

オーディションのときに、「これは、私だ!」と思ったように、劇中同様、私生活でも、ダイエットに取り組んでいたのです。

まさに全身全霊で、役に取り組んでいたのですね。

ロバート・デ・ニーロも、真っ青!



クリッシー・メッツの恋人、結婚相手は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chrissy Metz(@chrissymetz)がシェアした投稿

最後に、クリッシー・メッツの私生活について、もう少し。

現在の恋人は2020年から交際している、ライターのブラッドリー・コリンズさん。

ご覧のように、インスタでも公表しています!

幸せそうですねぇ。

実は彼女、結婚歴があります。

2008年1月に、イギリス人ジャーナリストのマーティン・イーデンさんと結婚をしました。

クリッシー・メッツにとって、本当に愛した最初の男性だそうです。

マーティンさんは、とても素敵なイケメンなのだそう。

しかし、二人は2013年1月に別居。

2014年11月に離婚申請が出され、2015年12月離婚は成立しました。

クリッシー・メッツがうつ病に苦しんでいるときと、かぶってますね。

なんか、残念な気がします。

しかし、人生には「マイナスと同じだけプラスがある」と言います。

視野を移せば、お互いにとって、良かったのかもしれません。

『THIS IS US』のケイト役で、自分の夢を叶えたクリッシー・メッツ。

これからさらなる大きな夢へ!

活躍が楽しみですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



 

タイトルとURLをコピーしました