デイン・デハーン『ZeroZeroZero 宿命の麻薬航路』主演の若い頃がディカプリオと瓜二つと話題に!

ドラマ男優

2014年公開のマーベル映画『アメイジング・スパイダーマン2』で、主人公ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)の親友ハリー・オズボーンを演じた俳優のデイン・デハーン。

なんとデインの若い頃があのレジェンド俳優レオナルド・ディカプリオにソックリだと、

ネットニュースが今大騒ぎなのです!

ディカプリオに似ているとは、期待度大ですね!

今回は、今ネットニュースをザワつかせているアメリカの俳優デイン・デハーンについて紹介します!


デイン・デハーンの生い立ちは?若い頃はディカプリオソックリだった!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dane DeHaan(@danedehaan)がシェアした投稿


デイン・デハーンは、アメリカ・ペンシルベニア出身の俳優です。

1986年2月6日生まれの現在35歳です。

デインは、ノースカロライナ芸術学校というとっても頭の良い学校に通っていました。

学生の頃から、芸術や演劇に興味があったのですね!

デインの俳優としてのキャリアは、2008年にイギリス・アメリカの合作映画『アメリカン・バッファロー』のブロードウェイ公演で、

俳優ハーレイ・ジョエル・オスメントの代役をつとめたことからスタートしました。

その後はヒット作に出演し、俳優として成功をおさめています。

現在は30代半ばのデインですが、若い頃の写真を見てみると、なんとあのレオナルド・ディカプリオにソックリなのです!

髪型や顔つき、演技の時の目つきまでも瓜二つですよね!

インターネットで検索してみると、

「この写真はデインとディカプリオのどっちなの?」

という、どちらか見分けがつかない写真がたくさん出てきます。

デインは演技の時のミステリアスな雰囲気がとても魅力的ですよね。

ディカプリオのように世界的スターになる日も近いのかもしれませんね♪


 

デイン・デハーンは結婚している?子供はいるの?

デイン・デハーンは結婚しています。

妻は女優のアンナ・ウッドです。

ふたりは高校に通っていました。

妻のアンナ・ウッドが一つ上の学年です。

高校以外も、同じアートスクールに通っていたようです。

2012年公開のSF映画『クロニクル』では、主人公役のデイン・デハーンの同級生役をアンナ・ウッドが演じていました。

2012年に結婚するのですが、結婚するまで約6年ほど交際をしていたそうです。

共演の時は、結婚間近だったのですね。

今でもそのラブラブっぷりが、デインのインスタグラムにポストされている写真で見ることが出来ます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dane DeHaan(@danedehaan)がシェアした投稿


デインとアンナには女の子と男の子の子どもがいます。

4人家族、ずっと幸せでいてほしいですね♪


 

デイン・デハーン スパイダーマンで一躍有名に!ハリーポッターとは大の仲良し?ドラマ『ZeroZeroZero 宿命の麻薬航路』も日本放映決定。

デイン・デハーンの代名詞といえば、言わずもがな「スパイダーマン」シリーズの、

グリーン・ゴブリンですよね。

2014年に公開され、日本でも話題となった「アメージング・スパーダーマン」で

デインは主人公であるピーター・パーカー/スパイダーマン(アンドリュー・ガーフィールド)の親友で悪役のハリー・オズボーン/グリーン・ゴブリンを演じています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dane DeHaan(@danedehaan)がシェアした投稿

親友だったのに悪役となって、スパイダーマンをやっつけようとするストーリーには、心が痛みます。

ですが、この悪役がとてもハマり役で、この映画でデインは一躍有名俳優となりました。

さらにデインは、大人気映画「ハリー・ポッター」シリーズで主人公のハリー・ポッターを演じた俳優のダニエル・ラドクリフと大の仲良しで、親友と言われています。

デインとダニエルは、2013年公開の映画「キル・ユア・ダーリン」にて共演し、急速に仲良くなったそうです。

同じ仕事をして苦楽をともにしていると、自然と仲が良くなるのかもしれませんね。

また、イタリアンマフィアとメキシコのコカインカルテルとの抗争を描いた話題作『ZeroZeroZero 宿命の麻薬航路』ではデイン・デハーンが主演を務めています。

日本放映も予定されており、楽しみですね。


デイン・デハーン 似てると話題のリヴァイ兵長を演じる!?

2018年に、社会現象を巻き起こしたテレビアニメ「進撃の巨人」が実写化されることが発表されました。

まだキャストなどが発表されていないため、世界中の進撃の巨人ファンがTwitterなどでキャスト予想をしています。

そんな中、キャラクターのひとりであるリヴァイ兵長はデインが演じるのではないかという予想がされています。

確かにリヴァイ兵長の目つきはとてもミステリアスで、デインがハマり役かもしれませんね。

キャストが発表されるのが楽しみですね。

アクション映画も卒なくこなすデイン・デハーン。

社会現象となった作品で再び世界を沸かせられるか、乞うご期待です!


デイン・デハーンの最新作

若手若手と思っていたら、もう30代のデイン・デハーン。

ドラマや映画も大作への出演が増えてきました。

2023年の公開の映画『オッペンハイマー』に出演予定です。

「原子爆弾の父」オッペンハイマーを題材にした物語で、監督がクリストファー・ノーラン。

役柄は不明なのですが、マット・デイモン、ロバート・ダウニー・Jrや、フローレンス・ピューなどが出演する大作です。

また、ドラマでは、2022年放送の『The Staircase』でコリン・ファースと共演します。

さらに、現在新作映画の契約中だとのこと。

ますます活躍が期待できそうですね。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました