ジェニファー・ガーナーの最新ドラマ情報!ベンアフレックとの離婚や最近のインスタ投稿をまとめてみました!

ドラマ女優

海外ドラマファンならばジェニファー・ガーナーと聞いて『エイリアス』のシドニー・ブリストウ役がぱっと思い浮かぶのではないでしょうか。

最近は映画の出演が続いており、ドラマファンとしてはちょっと寂しいですが、そんな彼女の新作映画が Netflix で3月12日に配信予定されています。

そのドラマについてはもちろんジェニファーガーナーの近況なども調べてみました。

ジェニファー・ガーナーの現在は?新ドラマ『Camping(原題)』に主演。その他もと出演作品が続々公開!

『エイリアス』以降、映画がメインの活躍の場となっていた、ジェニファー・ガーナー。

久々のドラマ出演が決まりました。

そのドラマ『Camping(原題)』。

ジェニファー・ガーナーが演じるのは、主人公キャサリン。

何でも自分で仕切らないと気が済まない、几帳面な性格の持ち主です。

<あらすじ>
主人公キャサリンの夫ウォルトの45歳の誕生日を祝うためのキャンプ旅行が開かれる。しかし、キャサリンの大人しい姉妹や、聖人ぶった元親友、ちょっと迷惑な自由人らが集結したことで、結婚が試される週末になってしまう。

コメディ作品のようですよ。

どちらかというと、シリアスなイメージがある彼女の演技も見ものですね。

それ以外にも、新作が続々と公開されるようです。

まず、Apple TV+の新リミテッドシリーズ『The Last Thing He Told Me(原題)』。

これは当初ジュリア・ロバーツが主演する予定のドラマでした。

しかし、スケジュールの関係で、ジェニファー・ガーナーが代役になったもの。

ストーリーは、ジェニファー演じる主人公が、失踪した夫の真実を調べていくうちに、夫の16歳の連れ子と心を通わせていくといった内容です。

ジュリア・ロバーツの降板がきっかけですが、ジェニファー・ガーナーにぴったりの役柄のように感じますね。

制作はリース・ウィザースプーンの製作会社とジェニファー・ガーナー自身が制作総指揮も務めるます。

それ以外にも、2本の主演作が公開を控えています。

一つは、SF映画『The Adam Project(原題)』。

もう一つ『Family Leave(原題)』で、エイミー・クラウス・ローゼンタールの絵本を映画化した作品です。

ジェニファー・ガーナー、女優としても、プロデューサーとしても忙しい日々を送っているようですね。


ジェニファー・ガーナー主演・プロデュース映画は子役と共演のコメディ。彼女のインスタでも紹介!

ジェニファー・ガーナー主演の映画が Netflix で配信開始されます。

『YESデー〜ダメって言っちゃダメな日〜』

この映画、ジェニファー・ガーナーの実際の子供とのエピソードが基となった映画。

実は、ジェニファー・ガーナーが、自分の子供に一年に一度だけ、親がなんでも言うことを聞いてくれる『YESデー』を作ったそうなんです。

これはエイミー・クラウス・ローゼンタールの絵本『YESデー』を呼んで感動しちゃったかららしいんですよ。

そしたら、ジェニファー・ガーナー、なんと映画も作っちゃおうということで、自らまたプロデュースし、主演までしてしまったという作品なんです。

彼女のインスタにも紹介されています。

設定は、ロサンゼルス中を舞台に、「24時間何をしてもいい」という自由を許された子供が、様々なことをしでかす先にあるものはといったドラマ展開になるようです。

何だか楽しそう。

でも、子供への思いをきっかけに映画一本作っちゃうんんですから。

セレブのやることはすごいですね。

以前もジェニファーガーナー、『かわいい私の作り方~全米バター細工選手権~』という映画をプロデュースし、自らも主演。

この時も、ヤラ・シャヒディと言う子役と共演して話題になりました。

ですが、批評家たちの見解はいまいち。

キャストは才能豊か。

笑いもそこそこ。

ですが、全体的な作品としては低評価だったことがあります。

今作は、そのような評価にならないことを祈りたいですね。



ジェニファー・ガーナー、ベン・アフレックと離婚。悲しい過去を支えたものとは?

ジェニファー・ガーナーは2000年に俳優のスコット・フォーリーと結婚したのですが2004年に離婚。

その後2003年から2004年にかけてフランス人俳優マイケル・ヴァルタンと8か月間の交際の後、映画『デアデビル』の共演がきっかけでベン・アフレックと2005年に結婚しました。

3人の子供を授かるものの2015年に別居を発表。その後はオンオフがあったものの、2017年にジェニファーが離婚を申請している。

ベンアフレックとの結婚は10年後、別居状態に。原因はベン・アフレックのギャンブル癖や浮気などだったようです。

ジェニファー・ガーナーは、かっこいい女のイメージがあるのですが、「結婚で大事なのは忍耐」と公言しているように、とても我慢強い温厚な性格のようです。

離婚の噂が立った時に何回も修復して関係を維持してきました。子供のことを第一に考えていたのでしょうか。しかし最後はやはり耐えられなかったのかもしれません。2018年に正式に離婚しています。

この時ジェニファー・ガーナーはかなり落ち込んだようなんです。そして心の支えとなったのが信仰心だったそうです。

もしかしたら、女優をやめて聖職者になるんではないかというような報道まで出るほどでした。

その根拠として、テレビドラマシリーズなどを立て続けに入れていたことが、今後の生活費を稼ぐだけ稼いでるのではないか。そういった資金づくりをしているのではないか。と言った憶測を呼んだようです。

もともと社会活動に熱心な彼女は、自分の教会を作って、苦しんでる人を助けて行きたいと思っているようです。この先どうなるのでしょうね。

 



ジェニファー・ガーナー 今の恋人はなんと、ブラッドリー・クーパー?! かっこいい女から優しいお母さんへ。

とは言え、ベン・アフレックとの間にもうけた3人の子供達へは、二人とも変わらぬ愛情を注いでいるようです。

長女のバイオレットちゃんは14歳になったんですが、身長173㎝と長身のお母さんよりも、さらに大きくなって175㎝ぐらいあるんじゃないかって言われてます。

まだ中学生ぐらいですからね。これからますます伸びて、お父さんが193㎝ですから、もしかしたら180㎝くらいの長身になっちゃうのかな?

ゆくゆくは、女優かモデルか?!両親ともスターなだけに血筋としては素晴らしいものがありますから、将来が楽しみですね。

ところで、ジェニファー・ガーナ―の恋愛事情ですが、最近、ブラッドリー・クーパーとの交際が噂されてます。

この二人はドラマ『エイリアス』で共演していた当初から、仲の良さは周りが羨ましがるほどでした。

昨年の夏には、マリブのビーチでジェニファー・ガーナーとブラッドリー・クーパーが浜辺でくつろぐ様子が撮られています。

そして二人と一緒に、彼の3歳の娘リカちゃんが。ジェニファー・ガーナ―が本当のお母さんのように彼の娘さんに優しく接しています。

仲の良い友人としての家族ぐるみの付き合いなのか? お互いに今シングルなので、ここにきて急接近したのかもしれませんし、これからの展開はどうなるのでしょうか。

最近のジェニファー・ガーナ―は、かっこいいから優しいお母さんのイメージが板についてきたように感じられます。インスタを見ても、料理をする姿であったり、家族を大事にしている投稿が目立ちます。

そんなジェニファー・ガーナ―最新作『YESデー〜ダメって言っちゃダメな日〜』。3月12日から Netflix で配信開始です!お楽しみに。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました