『キリング・イヴ/Killing Eve』シーズン4キャストのプロフィールとあらすじ

バラエティー

いよいよファイナルシーズンとなる『キリング・イヴ/Killing Eve』。

美しく冷酷な暗殺者ヴィラネルと捜査官イブを主人公に、スタイリッシュでユーモラスなスパイサスペンスドラマのあらすじとキャストのプロフィールをご紹介します。

キリング・イヴ/Killing Eveのあらすじ

英国秘密情報部“MI6”のイヴは、世界中で暗殺を繰り返すロシア人の殺し屋ヴィラネルを追跡。

しかし2人の女性は死闘を繰り広げながら、国家間の争いを背景に陰謀や裏切りが絶えない理不尽なスパイの社会で心身ともにすり減り、時に共感し合うように。

そんなイヴは警備会社で働きながら、夫だったニコに重傷を負わせ、元上司キャロリンの息子で仲間だったケニーに死をもたらした謎の国際組織“トゥエルヴ”に復讐しようと決意。

格闘術や銃の扱いを修練し、ヴィラネルを操っていた“トゥエルヴ”のメンバー、エレーヌにつながる情報を追い求める。

一方、ヴィラネルは殺し屋であることから足を洗い、新たな生き方を求めて教会に向かう……。



キリング・イヴ/Killing Eveのキャスト

【イヴ・ポラストリ】サンドラ・オー

イヴは、MI6から離れ、警備保障会社に籍を置く。

そして「トゥエルブ」の全貌を明かすべく、ヨーロッパを股に掛けて捜査活動に専念している。

サンドラ・オー
生年月日: 1971年7月20日
年齢: 51歳
出生地: カナダ オタワ ネピアン
身長: 165 cm or 168 cm

▼サンドラ・オーの詳しいプロフィールはこちら▼

サンドラ・オーの現在。グレアナ降板後のドラマでも大活躍。次回作も韓国系の役柄が話題に。

 

【ヴィラネル】ジョディ・カマー

サイコパスで腕利きの暗殺者、ヴィラネル。

イヴに駆け落ちを断られたあと、刺客に戻り「トゥエルブ」の幹部職を目指します。

ジョディ・カマー
生年月日: 1993年3月11日
年齢: 29歳
出生地: イギリス リバプール
身長: 173 cm

▼ジョディ・カマーの詳しいプロフィールはこちら▼

ジョディ・カマー かわいい演技派女優の最新映画『最後の決闘裁判』『フリーガイ』ドラマ『13』『キリングイブ』の魅力とは?

 

【キャロリン・マーテンズ】フィオナ・ショウ

キャロリンはMI6のロシア担当部長の職を追われ、マヨルカ島の英国領事館に左遷されている。

自分を差し置いて、対ロシア活動をするMI6に腹をたてている。

フィオナ・ショウ
生年月日: 1958年7月10日
年齢: 64歳
出生地: アイルランド コーブ
身長: 173 cm

映画『ハリー・ポッター』シリーズ(2001年-2010年)のペチュニア・ダーズリー役でも、お馴染みのフィオナ・ショウ。

イギリスのロイヤル・シェイクスピア・カンパニーとナショナル・シアターで、舞台女優として活躍をしていて、1990年と94年にオリヴィエ賞主演女優を受賞しています。

『キリング・イヴ』でも、2019年英国アカデミー賞助演女優賞(TV部門)を受賞しています。

<最新作品>
ドラマ『キャシアン・アンドー』(2022年)に出演しており、映画『If 』(2024年)の出演が予定されています。

<私生活>
2018年に、スリランカの経済学者ソナリ・デラニヤガラと結婚しました。

 

【コンスタンティン】キム・ボドゥニア

コンスタンティンは、ヴィラネルに指示を与える、殺人請負人。

キム・ボドゥニア
生年月日: 1965年4月12日
年齢: 57歳
出生地: デンマーク コペンハーゲン
身長: 179 cm

サスペンスドラマ『THE BRIDGE/ブリッジ』マーティン・ローデ役など、デンマークのベテラン俳優であるキム・ボドゥニア。

『キリング・イヴ』では、2019年英国アカデミー助演男優賞(TV部門)を獲得しました。

<最新作品>
Netflixで配信する、ヘンリー・カヴィル主演ドラマ『ウィッチャー』に出演しています。

<私生活>
女優のリッケ・ルイゼ・アンダーソンと二度目の結婚をして、二男一女をもうけています。

 

【エレーヌ】カミーユ・コッタン

エレーヌは、「トゥエルブ」の幹部職。

ヴィラネルの行動を見極めている。

カミーユ・コッタン
生年月日: 1978年12月1日
年齢: 43歳
出生地: フランス パリ
身長: 168 cm(?)

フランスの女優、コメディアンとしてフランスで活躍する、カミーユ・コッタン。

2016年のスリラー映画『アライド』から国際的な映画に出演を開始。

2021年にはマット・デイモン主演映画『スティルウォーター』でヴィルジニー役、レディ・ガガ主演の話題作『ハウス・オブ・グッチ』ではパオラ・フランキを演じています。

<最新作品>
ヘレン・ミレン主演映画『Golda』(2022年)、アガサ・クリスティ原作の映画『A Haunting in Venice』(2023年)に、メインキャストで出演予定です。

<私生活>
2005年に建築家と結婚し、一男一女をもうけています。

 

【パム】アンジャナ・ヴァサン

パムは、エレーヌの新たな刺客。

いつもは葬儀社で働いている。

アンジャナ・ヴァサン
生年月日: 1987年1月31日
年齢: 35歳
出生地: インド タミル・ナードゥ州 チェンナイ
身長:  cm

アンジャナ・ヴァサンは、インド生まれのシンガポール人の女優です。

ロンドンを拠点として、舞台女優としてプロデビュー。

2019年上演の舞台『人形の家』で注目を集めました。

2021年の『絶叫パンクス レディパーツ!』では主演のアミナ役を務めています。

シンガーソングライターとしても活動しているようです。

<最新作品>
Netflixのドラマ『ブラック・ミラー』シーズン6に出演予定です。

 

【ユセフ】ロバート・ギルバート

ユセフは、温厚でカリスマ性のある元軍人で、警備保障会社の社員。

イヴの復讐劇に協力する。

ロバート・ギルバート
生年月日: 1988年
年齢: 34歳
出生地: イギリス ロンドン ハマースミス

ロバート・ギルバートの情報はあまり無いのですが、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで活躍していたようです。

<出演作品>
イギリスのテレビドラマ『Sinbad』(2012–2013年)タジーム役、
ジャック・ブラック主演映画『ガリヴァー旅行記』(2010年)マーク役、スティーブン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1 』(2018年)アンドリュー役、デンゼル・ワシントン主演映画『マクベス』(2021年)アンガス役。



 

キリング・イヴ/Killing Eveのまとめ

『キリング・イヴ/Killing Eve』がいよいよファイナルシーズンとなりました。

シーズン1当初から、難解なドラマだなって思いました。

殺人が理由なく行われて、意味が分からないなぁと。

それに、イブとヴィラネルがくっついたりして、さらに意味不明。

ですが、視点を変えてみると、このドラマ、「意外とわかりやすいのでは?」と思います。

イブの視点で観ると、イブは自分の気になることを突き詰めたいし、突き詰めたことは、最後までやり遂げたい。

だから、殺されそうになっても、立ち向かうし、「トゥエルブ」を倒したいから、ヴィラネルとくっついちゃう。

一方で、ヴィラネルは筋金入りのサイコパス。

「支配欲」の視点で観ると、わかりやすいように感じます。

とにかく、自分の思うとおりにならないと、爆発する。

自分の思い通りにするために、人を利用する、感情を操作するわけです。

ただ、イブとの関係は、「支配欲+α」があるような。

もう一人、キャロリンの視点もあると思います。

とにかく、今までのやってきた仕事を汚したくない。

元々仕事のできる人なので、手練手管でいろいろとしかけるのです。

”女の執念”と言えばいいのでしょうか。

このドラマは、この女性3人の視点で観てみると、それぞれのドラマがあるようです。

ファイナルシーズンでは、エレーヌとパム、二人の女性が新たにメインキャストに加わります。

スパイサスペンスのキーパーソンがすべて女性と言うのも、見どころの一つですね。

是非、お楽しみください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました