ジョディ・カマー かわいい演技派女優の最新映画『最後の決闘裁判』『フリーガイ』ドラマ『13』『キリングイブ』の魅力とは?

ドラマ女優

大ヒットとなったスパイスリラー『キリング・イヴ/Killing Eve』のヴィラネル役で大ブレイク中のジョディ・カマー。
2019年第71回エミー賞ドラマ部門主演女優賞の受賞後も、ノリにのっているいるジョディ・カマー。
最新映画『最後の決闘裁判』『フリーガイ』の魅力をリサーチしてみましょう。

ジョディ・カマー 可愛いと評判の演技派女優。恋人や身長、プライベートなどwiki的チェック

ジョディ・カマーは1993年3月11日生まれ。誕生日占いでみると、「こうなりたい」という明確な意思を持ち、やるべきことを突き詰めるタイプだそうです。

感受性が豊かで、その場の空気を敏感に察知。相手の気持ちもくみ取り、気が利きくタイプです。

かわいいだけじゃない実力演技派女優として評判のジョディ・カマ―。

最近の活躍ぶりを見ると、とっても当たっているのではないでしょうか?

出身はイギリスのリヴァプール。ビートルズ(古い!)と同じですね。

リヴァプールは訛りがひどいらしく、佐々木希が故郷の秋田弁を話すみたいな感じになるのでしょうか?

見た目とのギャップがかわいいですね。

お父さんはサッカープレミアリーグの、エバートンフットボールクラブで働いているジミーさん。

お母さんはドナさん。

ジョディ・カマーは2019年まで、両親と暮らしていたらしいですね。

今はどうか不明ですが、ロックダウンされた時には里帰りしていました。

彼女にとっては両親の家は居心地がいいのでしょう。

彼女は身長が173㎝もあるんですね。

共演するサンドラ・オーと並ぶと断然高い。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Killing Eve(@killingeve)がシェアした投稿


高校時代にドラマの授業を受け、先生の勧めでラジオドラマのオーディションを受けたのが女優デビューのきっかけだったようです。


ジョディ・カマー ドラマ『13』『女医フォスター』で話題になり、遂にヒット作『キリング・イヴ』で大ブレイク!!

デビュー作は2008年の『The Royal Today』。

数本のドラマにゲスト出演した後ミニシリーズ『Justice』のSharna Muihearne役でフル出演を果たしました。

2013~2015年の『マイ・マッド・ファット・ダイアリー』、2014年の『リメンバー・ミー水底の女』では主演をつとめました。

2015~2017年『女医フォスター』のケイト・パークス役で日本でもお馴染みになりましたね。

また、『サーティーン/13 誘拐事件ファイル』では13歳のときに誘拐され、13年後に保護されたアイビー役で話題になりました。

このドラマ、保護されたはずのアイビーに警察が疑惑の目を向け、新たな真が。。。

と言う、英国BBCらしい重々しいサスペンスドラマでした。

そして、『キリング・イヴ/Killing Eve』では大ブレイク!すごいですね。

サンドラ・オーとW主演で各賞の受賞が相次いでいます。

この勢いはしばらく続きそうな雰囲気です。

しかしこのドラマ、最初は?マークでしたが、ヒットしましたね。

ジョディ・カマーはヨーロッパ各地で殺人を行なっているロシア人暗殺者ヴィラネル(オクサナ・アスタンコワ)役。

サイコパスで冷酷非情、バイセクシャルで、追い詰めるイヴに執着し、愛憎入り交じった感情を抱いだく役柄。

しかしシーズンを追うごとに人間らしい一面も見られてくるので、新しいシーズンではどうなるのでしょうね。

ジョディ・カマー自体は、とても明るい性格のようで、けっこう冗談を飛ばしているようですよ。

見た目のクールさとはまた違った魅力がありますね。

なんとなくジェニファー・ローレンスと被るんですよね。

超美形でスタイリッシュですし、クールな役からチャーミングな役も演じ分けれて、存在感があるところが。


ジョディ・カマーの最新映画『最後の決闘裁判』『フリーガイ』が日本公開決定。 実は、映画『スターウォーズ』にも出演していた!

そんな彼女は映画にもオファーが絶えないようです。

2021年には『最後の決闘裁判』『フリー・ガイ』に出演。

リドリー・スコット監督の『最後の決闘裁判』は14世紀フランスにおきた「決闘裁判」をめぐる物語。

ジョディ・カマーはある男に乱暴されたと主張したが、証人もおらず、夫のを生きるマット・デイモン演じる騎士ジャン・ド・カルージュの妻マルグリット役。

彼女は夫の旧友ジャック・ル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴えるも、証人もいないことから、夫と旧友との決闘で判決を下されることになる。

この映画、ベン・アフレックも出演しマット・デイモンと脚本も担当。

ジョディ・カマ―も女性の視点を取り入れるべく脚本会議に参加したそうです。

『フリーガイ』はオンラインアクション・ゲームの世界を舞台に、自分がモブ(背景)キャラであることに気づいた“ガイ”と言うキャラクターの活躍を描いた映画です。

ゲームの中のキャラクターとゲームをやっている人間とちょっとややこしい展開のようですが、予告版を見ると展開が次々に変わって面白そう。

主人公の”ガイ”には『デッドプール』のデッドプール役や『名探偵ピカチュウ』のピカチュウの中の人として知られるライアン・レイノルズが演じています。

ジョディ・カマーはその対戦相手になるのかな?

まだ詳しい役柄は不明ですが、コミカルな展開の中でクールな役割のようですね。

この映画もともと今年8月14日に公開予定だったのですが、新型コロナウイルスの影響で2021年1月22日へと公開延期に。

さらに延期となりやっとのことで2021年5月21日より劇場公開になりました。

ところで、ジョディ・カマーは、映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」にも出演していた、ってご存知ですか?

ヒロイン、レイの母親役として、回想場面にチラっと出ていました。トリビアですね。

『キリング・イヴ/Killing Eve』の新シーズンも待ち遠しいですし、今、ノリに乗っているジョディ・カマーから目が離せませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました