ニック・ゲルファス『シカゴ・メッド』スターから結婚生活そして現在!

ニック・ゲルファスは、『シカゴ・メッド』のウィル・ハルステッド役で人気を博した俳優です。

この記事では、彼のキャリアのスタートからヒットドラマでの成功、プライベートでの結婚、そして現在の活動に至るまでの全てを詳しく掘り下げています。

ニック・ゲルファスのユニークな演技スタイルや役柄への情熱、そして慈善活動に至るまで、彼の多面的な魅力を知りたい方におすすめの記事です。

ぜひ、最後までご覧ください。



 

ニック・ゲルファスの身長・年齢・生い立ち

本名: Nicholas Alan “Nick” Gehlfuss
生年月日: 1985年1月21日
年齢: 年齢 39歳
出生地: オハイオ州 クリーブランド
身長: 186 cm

ニック・ゲルファスがどのようにしてシカゴ・メッドの有力テレビスターになったのか疑問に思ったことはありますか?

1985 年 1 月 21 日にオハイオ州クリーブランドで生まれたゲールファスは、リトル イタリーとチェスターランド地域で育ちました。

 

彼は幼い頃から演技への愛情を育み、その情熱を学術的に追求し、マリエッタ大学で美術学士号を取得し、2010 年にミズーリ大学カンザスシティ校 (UMKC) で美術修士号を取得しました。

失敗を学習の機会として受け入れるよう彼に奨励した親切なインストラクターの助けにより、彼のスキルは向上しました。

 

彼のスターへの道はステージから始まり、2012 年にニューヨークのクラシック ステージ カンパニーでライサンダー役を演じました。

このオフブロードウェイでの役柄が批評家の称賛を獲得し、ローズマリー・ティクラー基金の助成金を得て、他の演劇プロジェクトやテレビでの役への扉が開かれました。

彼は当初、 『グッド・ワイフ』や『ブルー・ブラッズ』などの番組で端役を務めていました。

そして、2015年に彼のキャリアを決定づける躍進を遂げたのは、ウィル・ハルステッドとしてシカゴ・メッドのキャストに加わったときでした。

 

この象徴的な役を演じる前に、ゲールファスは 2014 年に『シェイムレス』の第 4 シーズンでロビー・プラットを演じ、この役で彼の多才性を示し、将来の成功の基礎を築きました。

彼はまた、 『コンスタンティン』や『パワー』にもゲスト出演し、さまざまなジャンルに適応する能力を実証しました。

 

ゲールファスは、オハイオ州からニューヨーク、ロサンゼルスまで情熱を追い続けることで、エンターテインメント業界で成功するために必要な献身的な姿勢を体現しました。

彼のこれまでの道のりは、懸命な努力とチャンスの掴みの証であり、最終的にはシカゴ・メッドでの傑出した役割と、テレビや映画での輝かしいキャリアにつながりました。

 



 

 

ニック・ゲルファス出演のTV シリーズと映画

ニック・ゲルファスの俳優としてのキャリアを決定づけた役柄は何だと思いますか?

著名なテレビスターになるための彼の道は、さまざまなテレビシリーズで小さな役から始まりました。

彼の初期のテレビ出演には、『アーミー・ワイフ』(2010) と『グッド・ワイフ』(2011) があります。

彼は、『ブルー ブラッズ』 (2011 年)、『パーソン オブ インタレスト』 (2012 年)、『リッツォーリ & アイルズ』 (2013 年) で繰り返し役を演じ、彼のキャリアの軌道を形作る貴重な経験を積みました。

 

ゲールファスの注目すべき躍進は、2014 年に『シェイムレス』の第 4 シーズンでロビー・プラットを演じ、6 つのエピソードに出演し、複雑なキャラクターを捉える能力を実証したときに起こりました。

彼のその他の記憶に残るテレビ出演には、『ロングマイヤー』 (2014 年)、『第一殺人事件』 (2014 年)、『パワー』 (2015 年) でのゲスト出演が含まれます。

彼はテレビでの資格を拡大し続け、その後、『シカゴ・メッド』(2015)でウィル・ハルステッド医師を演じて主役を獲得しました。

この役で彼はより幅広い視聴者に紹介され、ディック・ウルフのシカゴの世界に彼を定着させるのに役立ち、シカゴPDやシカゴ・ファイアーにも登場しました。

ゲールファスはテレビに限定されませんでした。彼の映画クレジットも同様に注目に値します。

2014年には『ラブ&マーシー』にブルース・ジョンストン役で、 2016年には『エクイティ』にゲイブ役で出演し、俳優としての幅広さを証明しました。

これらの役割は、彼の多才さと、さまざまなジャンルやキャラクターに適応する能力を強調しました。

ニック・ゲルファスはそれぞれの役柄で自身の技術への献身的な姿勢を示し、キャラクターに真実味と深みを与えて生き生きとさせてきました。

テレビシリーズや映画にわたる彼の演技力は視聴者に記憶に残る印象を残しています。

それに加えて、さまざまな役柄やジャンルにシームレスにフィットする彼の幅広い演技力は、驚くべき能力です。

 

私は、悪役をもっと演じた方が良いと思うのです。

存在感がありながら、どこかはかない印象を作り出せる彼の表現力を持っています。

 

マッツ・ミケルセンのような、不気味さ前面ではなく、「えっ!この人が犯人」と言った意外性のある悪役をやらせたら、きっといいんだろうなぁって思います。

ぜひ、そんな役をやってもらいたいですね。

 



 

ニック・ゲルファスの結婚相手は日系人のリリアン・マツダ

皆さんは、ニック・ゲルファスがどのように恋愛から結婚に至ったかご存知ですか?

2016年5月13日、ニック・ゲルファスは日系人のリリアン・マツダ(Lilian Matsuda)と結婚しました。

彼女はホテルマーケターをしていいるようです。

 

二人はオハイオ州で美しい式を挙げ、多くの友人や家族が参加しました。

結婚式の詳細は公にされていないものの、その日は彼の人生の中で非常に特別なものとされています。

 

ニック・ゲルファスとリリアン・マツダの関係は、彼が『シカゴ・メッド』の撮影に忙しい中で育てられました。

二人は公私にわたって支え合う関係を築いており、リリアン・マツダは彼のキャリアをサポートする一方で、彼女自身のキャリアも全力で追求しています。

このような強固な絆が、彼らの関係をさらに深めているのです。

 

彼らの結婚生活は、ニック・ゲルファスが『シカゴ・メッド』での役割を通じて公の場に出ることが多くなっても、一貫してプライベートな時間を大切にしています。

二人は共に多忙な生活を送りながらも、互いの成功を祝福し、困難を乗り越えてきました。ニック・ゲルファスはしばしば、リリアン・マツダの支えが自分の成功の鍵であると語っています。

 

ニック・ゲルファスとリリアン・マツダの結婚は、愛と支えの美しい物語と言えるでしょう。

二人の幸せを願いたいですね。

 



 

ニック・ゲルファスの現在『シカゴ・メッド』後の人生

ニック・ゲルファスが『シカゴ・メッド』を降板後、何をしているのか気になりませんか?

ニック・ゲルファスは2023年5月に『シカゴ・メッド』を降板し、その後は新たなキャリアを歩んでいます。

 

彼は2015年から2023年まで、シリーズでドクター・ウィル・ハルステッドを演じ続けてきました。

シリーズ降板後のインタビューで、長い間演じてきた役柄を離れるのは寂しいと語りつつも、新たな挑戦に期待を膨らませていると言っています。

 

彼の今後のキャリアについては、テレビシリーズや映画でさらなる役柄に挑戦したいと表明しており、既にいくつかのプロジェクトに関わり始めています。

降板後もファンに感謝の意を示しながら、新たな役を楽しみにしてもらえるよう呼びかけています。

 

さらに、慈善活動にも注力しており、彼は以前から動物保護の団体や医療に関するチャリティー活動に参加しています。

彼は自らの役割を生かし、さまざまなプロジェクトを通じて他者を助けることに情熱を注いでいます。

 

ニック・ゲルファスは俳優としての多様性を示し続けると同時に、個人的なプロジェクトにも意欲を見せています。

ファンとしては、彼の新たなプロジェクトが公開されるのを楽しみに待ちましょう。

 



 

ニック・ゲールファスまとめ

– 1985年オハイオ州生まれ。

– オフ・ブロードウェイの舞台でキャリアをスタートさせた。

– 『シェイムレス』のロビー・プラット役で知名度を上げた。

‐ 『シカゴ・メッド』(2015)でウィル・ハルステッド医師を演じてブレイク。

– ニック・ゲールファスとリリアン・マツダは2016年にオハイオ州で結婚した。

– 2023年に『シカゴ・メッド』を去り、新たなプロジェクトを探している。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました