ジョー・マンテーニャの身長や年齢と結婚生活『クリミナルマインド』での活躍を徹底解説

ジョー・マンテーニャは、映画『ゴッドファーザー PART III』や『クリミナル・マインド』などで高く評価され、長い俳優キャリアを築いた人物です。

50年以上連れ添う妻アーリーンとの結婚生活や、俳優である娘ジーアとの共演など、プライベートでも豊かな人生を歩んできました。

現在は俳優としての活躍だけでなく、チャリティ活動にも力を入れ、これからも注目すべき存在です。

 

ぜひ、最後までご覧ください。



 

ジョー・マンテーニャの身長や年齢と声優でも活躍する多彩キャリア

本名: Joseph Anthony Mantegna
生年月日: 1947年11月13日
年齢: 76歳
出生地: イリノイ州 シカゴ
身長: 180 cm

ジョー・マンテーニャのキャリアはどのように始まり、どのような賞を受けたかご存知ですか?

1947年にイリノイ州シカゴで生まれたマンテーニャは、1969年にグッドマン・スクール・オブ・ドラマを卒業し、舞台俳優としてのキャリアをスタートさせました。

特に、デヴィッド・マメットの舞台『Glengarry Glen Ross』でのリチャード・ローマ役が絶賛され、1984年にトニー賞を受賞しています。

 

彼はその後、1980年代から1990年代にかけて映画俳優としても頭角を現し、コメディ『週末はマフィアと!』(1988年)でヴェネツィア国際映画祭の男優賞を受賞。

『ゴッドファーザー PART III』(1990年)では、敵役のジョーイ・ザザ役として観客に強い印象を残しました。

 

テレビ業界では、2007年から2020年までの長期にわたり『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のデヴィッド・ロッシ役でレギュラー出演。

声優としても『ザ・シンプソンズ』で“ファット・トニー”の声を担当し、その独特な演技力でファンを魅了しています。

 

マンテーニャは俳優だけでなく、映画監督としても活動しており、1998年にはテレビ映画『ラット・パック/シナトラとJFK』でゴールデングローブ賞にノミネートされました。

彼の多岐にわたる才能と、長年にわたるキャリアは、彼を一流の俳優として知らしめています。

 



 

ジョー・マンテーニャの結婚生活は?50年以上連れ添う妻アーリーンとの絆!

ジョー・マンテーニャの結婚生活や家族について興味がありますか?

マンテーニャは1975年にアーリーン・ヴァイオレットと結婚し、2人の娘を授かっています。

長女のミアは、発達障害を持つが、音楽が得意な才能を持ち、次女のジーアは女優として活動しています。

特にジーアは、『クリミナル・マインド』でシーズン3と13にゲスト出演し、父との親子共演を果たしました。

 

ジョーとアーリーンは、お互いを支え合い、家族としての絆を深めてきました。

アーリーンはかつてレストランのオーナーでしたが、2019年に閉業し、現在はチャリティ活動に専念しています。

ジョーが厳しい『クリミナル・マインド』の撮影スケジュールを乗り越えられたのも、アーリーンの内助の功があったからかもしれません。

 

また、ジョーとアーリーンは、1990年代から長年にわたりチャリティ活動にも積極的に関わってきました。

特に、彼らは自閉症の啓発活動に参加し、関連団体と協力してサポートプログラムの発展に尽力しています。

家族や周囲の支えを受けながら、マンテーニャは俳優としてもプライベートでも豊かな人生を送っているようです。

 



 

ジョー・マンテーニャ『クリミナル・マインド』デヴィッド・ロッシ役の存在感

ジョー・マンテーニャが『クリミナル・マインド FBI行動分析課』でデヴィッド・ロッシ役を演じているのはご存知ですか?

この役は彼のキャリアの中でも特に有名で、2007年からシリーズ終了までの約13年にわたりレギュラー出演しました。

マンテーニャが演じるロッシは、FBIの行動分析課(BAU)の主要メンバーであり、シーズン3から登場した彼は、チームの知識と経験を高める重要な役割を果たしました。

ロッシは元々BAUの創設メンバーでありながら、長年の退職生活から復帰して、若いメンバーたちを指導する立場として描かれています。

彼の冷静な判断と豊富な経験は、BAUチームが複雑な事件を解決するのに欠かせないものでした。

 

マンテーニャの演技は、ロッシの人間性を見事に表現しています。

彼の過去にまつわる背景や家族との関係、同僚たちとの友情が物語の中で巧みに織り交ぜられ、視聴者にとってロッシはリアルで親しみやすいキャラクターとなりました。

さらに、シーズン13では娘ジーア・マンテーニャとゲスト共演するなど、ファンを驚かせました。

 

こうした長年の活躍により、ジョー・マンテーニャのロッシ役は『クリミナル・マインド』において欠かせない存在感を持ち続け、視聴者に強く印象を残しています。

 



 

ジョー・マンテーニャの現在は?俳優としての活躍とチャリティへの貢献

ジョー・マンテーニャが現在どのような活動をしているか興味がありますか?

マンテーニャは『クリミナル・マインド FBI行動分析課』でのデヴィッド・ロッシ役を務め、2020年にシリーズが終了するまで活躍しました。

シリーズ終了後も、俳優としての活動を続けつつ、チャリティへの貢献にも注力しています。

 

彼はアニメ『ザ・シンプソンズ』でマフィアのボス「ファット・トニー」の声を担当するなど、声優としても活動。その他、近年ではディズニーのアニメ映画『ズートピア』(2016年)のテレビシリーズ版『ズートピア+』にも声の出演をしています【7†source】。

さらに、チャリティ活動では、自閉症の認知を高める取り組みに参加し、他の俳優たちとも協力しています。

娘ミアが発達障害を持つことから、自らの経験を基にした啓発活動に取り組んでいます。

 

そしてジョー・マンテーニャは、シリーズ終了後の新しいシーズン『クリミナル・マインド:エボリューション』にもデヴィッド・ロッシ役で出演しています。

このシリーズは2022年からスタートし、彼は行動分析課(BAU)のリーダーとして再登場し、現代の犯罪に立ち向かうチームの中心人物を担っています。

長年にわたるロッシの経験と洞察力が、最新の事件捜査において重要な役割を果たしており、マンテーニャの存在感は引き続きシリーズに欠かせないものとなっています 。

 

彼の演技は、ベテランの捜査官としての落ち着いた態度と鋭い洞察力を兼ね備え、ファンを再び魅了しています。

マンテーニャのデヴィッド・ロッシは、今回の新シーズンでもクリミナル・マインドの物語に欠かせない柱として、その存在感を発揮し続けています 。

 



 

ジョー・マンテーニャまとめ

・ジョー・マンテーニャは、舞台でトニー賞を受賞し、映画では『ゴッドファーザー PART III』などの作品で評価。

2. 2007年から2020年まで『クリミナル・マインド FBI行動分析課』でデヴィッド・ロッシ役を好演。

3. 1975年にアーリーン・ヴァイオレットと結婚し、50年以上の長い結婚生活。

娘のジーアも女優として活動し、父娘で『クリミナル・マインド』に共演。

4. 現在は『クリミナル・マインド:エボリューション』でもデヴィッド・ロッシ役で出演。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました