サラ・ミシェル・ゲラーの現在。『ラストサマー』『バフィー』のかわいい魅力は変わらず。

ドラマ女優

サラ・ミッシェル・ゲラーがアメリカ本国のみならず、日本でもブレイクしたのは、2000年から日本放映された『バフィー 〜恋する十字架〜』。
このドラマで主役のバフィー・アン・サマーズを演じ、その愛くるしいキュートな魅力で、多くの海外ドラマファンの心を掴みました。
サラ・ミッシェル・ゲラーの演じた役柄は、ブロンドヘアーのかわいい女子高生と思いきや、闇の世界と戦うその時代でただ一人選ばれし、バンパイア・スレイヤー。
キュートな顔にスレンダーなスタイルながら、バンパイアやモンスターをバンバンなぎ倒していく。そのギャップに魅了された方も多いのではないでしょうか? そんな、サラ・ミッシェル・ゲラーの魅力をまとめてみました。

サラミッシェルゲラーの現在 インスタの画像がキュート&ビューティー!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sarah Michelle(@sarahmgellar)がシェアした投稿

 

サラ・ミッシェル・ゲラーの魅力はなんといっても、その愛くるしい瞳。

しかし、少しグレーがかった瞳の奥に、芯の強さが垣間見られます。

そこが先ほどお伝えしたように、ミステリアス且つかわいいキュートな魅力に繋がっているのでしょう。

インスタにアップされた画像を見ると、40代になって今でもその美しさは変わりません。

二児の母だけあって、ティーンの時にようにはじけるような愛らしさよりも、女性としての落ち着いた魅力が感じられます。

変わらないのは、そのスタイル。

『第70回エミー賞授賞式』(2018年)の日に、インスタにブルーの素敵なカクテルドレスを着た写真をアップしています。

なんとそのドレスは、自身が19年前にエミー賞授賞式で着用したのと同じドレスだとか! 

美貌だけでなくスタイルも維持しているなんて、素晴らしいですね。

そんなスタイルの持ち主であるサラ・ミッシェル・ゲラー。

インスタに下着姿のスレンダーな写真を、「感謝祭の木曜日に食べ過ぎないように、これらの写真を貼っておくかな」とコメント付き投稿したことがあります。

これがなんと大炎上してしましました。

そのスタイルを称賛する人だけでなく、「無理なダイエットにつながってしまうのでは?!」といって、非難を受けてしまったのです。

彼女はその非難に対して、このように釈明しています。

「感謝祭が大好きですが、残念なことに欲張ってしまって、気持ち悪くなるほど食べ過ぎてしまいがちです。ですからこれはそうならないようにするための、冗談交じりの自分への戒(いまし)めだったのです」

サラ・ミッシェル・ゲラーのインスタは、このような彼女の美しさだけを投稿しているだけでなく、母親として、産後うつに悩まされた経験をつづったメッセージ性の強い投稿もアップしています。

「子供を持つことは素晴らしいことで、人生を変えるような、めったにないこと。私は自分の子供たちを世界中の何よりも愛してる。でも、多くの女性と同じように、私も最初の出産の後には産後うつに悩まされた。助けてもらってなんとか乗りきったわ。そしてそれからは毎日がこれ以上ないほど最高の贈り物になってる。この問題に直面しているみんなに知ってほしいのは、あなたは1人ぼっちじゃないし、きっと状況は良くなるってこと。そして、産後うつも医療保険でカバーされるべきだと思う人は、どうか今日少し時間をとって callmycongress.comにアクセスしてちょうだい。」

それ以外にも、ボランティアへの参加の呼びかけやエコ商品の紹介など母目線の投稿や、なにより旦那様との仲睦まじい写真もアップされています。

今後も素敵な投稿を期待したいですね。

サラミッシェルゲラー『ラストサマー』で出会った夫フレディとは、ハリウッドきってのおしどり夫婦

サラ・ミシェル・ゲラーの旦那様は、俳優のフレディ・プリンゼ・ジュニア。

二人の出会いは1997年。映画『ラストサマー』での共演でした。

交際はその時に始まったわけではなく、その3年後から。

友人を交えて食事の約束をしていたのですが、その友人が飛行機に乗り遅れドタキャン。

結局、二人で食事をすることになり、それがきっかけで交際に発展したそうです。

そんなドラマティックな出来事が本当にあるのですね。

二人のなれそめは、「映画『ラストサマー』での共演」と書いてある情報が多く、私はちょっとゲスな勘繰りをしてたんです。

何かというと、『ラストサマー』にはもう一人のヒロインが、ジェニファー・ラブ・ヒューイット(ドラマ『ゴースト 天国からのささやき』などで人気ですね)。

サラ・ミッシェル・ゲラーとジェニファー・ラブ・ヒューイットは、若かりし頃にそっくりさんと言われた時期もあるんです。

二人とも、とっても素敵な女性ですから、フレディ・プリンゼ・ジュニアがサラ・ミッシェル・ゲラーを選んだ理由って「何だったのかな?」と。

話しを二人のなれそめに戻します。

『Us Weekly』の記事によるサラ・ミッシェル・ゲラーのコメントです。

「共通の友人と一緒に食事をすることになってたんだけど、彼女が飛行機を逃して来られなくなったの。で、ふたりで行くことにしたのよ」
「それまでに何度も一緒に食事をしていたのに、その夜は違う感じだったの。自然と、別のものに移行したのね」。

旦那様のとフレディも「最初にキスしてから、もう他の人とはデートしなくなりました。

サラだけです」と、その日からの思いを語っています。

二人はそのドラマティックなデートから、2年の交際を経て2002年にメキシコで結婚式を挙げました。

その後、2009年に女の子シャーロット・グレース・プリンゼ、2012年には男の子ロッキー・ジェームス・プリンゼを授かっています。

二人の子供に恵まれてからは、夫婦のいずれかが子供と一緒にいられるよう、仕事も夫婦で調整していったようです。

また、旦那様のフレディは『E! News』に対して「娘が生まれたことは、僕にとってかなり大きなことで、フルタイムの父親になったんだ。仕事じゃないよ。

僕が心からやりたいことなんだ」と語っています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sarah Michelle(@sarahmgellar)がシェアした投稿

サラ・ミッシェル・ゲラーも子供優先で考えているようです。

『Entertainment Tonight』の「夫と再び映画で共演することはあるか?」との質問に対し、このようにコメントしています。

「ないと思うわ。だって、そうしたら誰が子どもたちと一緒にいるの?」

というわけで、『ラストサマー』や人気映画『スクービー・ドゥー』でフレッドとダフネ役を演じていたふたり。

少なくとも二人の子供に手がかからなくなるまでは、共演は期待できなさそうですね。

そんな仲睦まじい二人ですが、男の子のロッキー誕生から3年後に、破局説が報道されたことがあります。

実はガセネタだったらしく、記事に対してエージェントを通じて抗議していました。

また、サラ・ミッシェル・ゲラー自身が、そのガセ報道を一気に払しょくする行動に出ています。

その年の結婚記念日に、結婚式で披露したファーストダンスの写真を、旦那様への愛のメッセージ付きでSNSにアップして、破局説を一掃したそうです。

アメリカのスターはマスコミの扱いも、余裕があってお洒落ですね。

ハリウッドきってのおしどり夫婦でいる秘訣を、サラ・ミッシェル・ゲラーが『Us Weekly』にコメントしてくれています。

「電話したり、連絡したり、時間をとったり。多くの人がそういう努力をしようとしていないわね。カップルでも、友達でも、ビジネスパートナーでも、あらゆる関係で言えることだけど、どれだけその関係を築くために努力できるかが大事だと思うわ。」

これからも、すてきなカップルでいて欲しいですね。

▼こちらもご覧ください▼

ジェニファー・ラブ・ヒューイットの現在は?

サラ・ミッシェル・ゲラー そのかわいい魅力と身長 年齢などプロフィール

そんな彼女のプロフィールを見てみましょう。

サラ・ミッシェル・ゲラーは、『バフィー 〜恋する十字架〜』はじめ、映画『ラストサマー』(1997年)、日本の原作をハリウッドが取り上げた映画『THE JUON/呪怨』や『呪怨 パンデミック』(1999年)などに出演。

サスペンスやホラーが似合うミステリアスさと、アイドル的なかわいさが同居した、独特な魅力のある女優です。

本名:サラ・ミシェル・プリンゼ
生年月日: 1977年4月14日
出生地: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ロング・アイランド島
配偶者: フレディ・プリンゼ・ジュニア (2002年から)
活動期間: 1981年 – 現在
子女: シャーロット・グレース・プリンゼ、 ロッキー・ジェームス・プリンゼ

サラ・ミッシェル・ゲラーは、ユダヤ系のご両親の間に生まれました。

父親のアーサー氏は衣服関係に勤め、母親のロゼリンは保育園の教諭だったそうです。

4歳の時(1981年)にレストランでスカウトされ、バーガーキングのコマーシャルに出演しました。

その後、数多くのコマーシャルや舞台に出演。

2年後の1983年にはテレビ映画「An Invasion of Privacy」でデビューしています。

1995年にはソープ・ドラマ「すべて私の子供たち」で、デイタイム・エミー賞の若手女優賞を受賞。

同時期にニューヨーク舞台芸術学院に通っていて、飛び級で1年早く卒業しています。

成績も優秀だったようですね。

サラが19歳の1997年には、映画「スクリーム2」、「ラストサマー」に出演し、注目を集めました。

この「ラストサマー」は、同じく人気テレビ女優のジェニファー・ラブ・ヒューイットと共演しているのも興味深いですね。

同じ97年「バフィー 〜恋する十字架〜」に主演。一気にスターの道を登っていきます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Buffy the Vampire Slayer(@buffythevampireslayer)がシェアした投稿

「バフィー 〜恋する十字架〜」では、サターン賞、ティーンズ・チョイス・アワード、キッズ・チョイス・アワードなど各賞を受賞。

テレビ界のドラマ部門ではエミー賞と共に最高峰の一つである、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にもノミネートされています。

エンジェル役のデヴィッド・ボレアナズとの不思議な関係が、とても魅力的はドラマでした。

サラ・ミッシェル・ゲラーの出演作品をたどってみると、小さい頃から頑張っていたんですね。

愛くるしい魅力が先行して、かわい娘ちゃん女優のように思われがちですが、実力も兼ね備えた女優です。

<その他の主な出演作品>
1998年SFアクション映画『スモール・ソルジャーズ』(声の出演。グウェンディ人形役)
1999年ドラマ映画『クルーエル・インテンションズ』(主演。キャスリン役)
2002年アニメーション番組の実写映画『スクービー・ドゥー』(ダフネ・ブレイク役)
2004年『スクービー・ドゥー2 モンスターパニック』(ダフネ・ブレイク役)
2004年ホラー映画『THE JUON/呪怨』(主演。カレン・デイヴィス役)
2006年『呪怨 パンデミック』(カレン・デイヴィス役)
2009年サスペンス映画『シャッフル2 エクスチェンジ』(主演。ジェス役)
2011年-2012年テレビドラマ『リンガー 〜2つの顔〜』(主演。ブリジット / シボーン双子姉妹役)
2013年-2014コメディドラマ『クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店』(シドニー・ロバーツ役)

いかがでしたか?サラ・ミッシェル・ゲラーのかわいい魅力。

『バフィー 〜恋する十字架〜』の役柄に代表されるように、ミステリアスさとかわいいキュートさが同居した独特の魅力をもつ彼女。

『スクービー・ドゥー』などのかわいい役柄の映画やドラマもにも、数多く出演しています。

一度、ご覧いただければ幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

デヴィッド・ボレアナズの年齢は?息子や奥さんは?現在の出演ドラマはなんだろう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました