ウィリアム・ピーターセンの現在。身長・年齢、出演作『ヤングガン』などプロフィールと『CSI』降板理由について。

ドラマ男優

全米視聴率№1の犯罪捜査ドラマ『CSI:科学捜査班』で主人公ギル・グリッソム役を努めたウィリアム・ピーターセン。
『CSI:ベガス』で復帰を果たしました。
2015年でファイナルを迎えた”科学捜査班”から6年。
あらためて、ウィリアム・ピーターセンのプロフィールを振り返ってみましょう。

ウィリアム・ピーターセンの現在。『CSI:ベガス』で復帰も、撮影中に緊急入院!


伝説のドラマ『CSI:科学捜査班』は2000年から2015年放映。

ヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーが製作総指揮を務めました。

『CSI:科学捜査班』のヒットにより、『CSI:マイアミ』、『CSI:ニューヨーク』、『CSI:サイバー』と2016年までに4作品がスピンオフ。

「21世紀に最も見られたテレビドラマ」と言われるヒットシリーズとなりました。

そして、『CSI:ベガス』が新たにスタート。

ウィリアム・ピーターセンが復帰し、新たな伝説が始まりますね。

海外ドラマファンとしては、居ても立っても居られないのでは?

ウィリアム・ピーターセンも、このようにコメントしています。

「オリジナル版の放送開始から20年が経ち、捜査で使われるテクノロジーが格段に進歩して全く違う世界になっているし、復帰にワクワクしているよ」

20年かぁ。

捜査方法も”科学捜査班”と時代と、”ベガス”とで比較して観るのも楽しそうです。

とは言えウィリアム・ピーターセン、当初からシーズン1の10話限りの契約のようです。

70歳に届こうかと言う年齢もあって、ドラマの撮影はしんどいのかも知れませんね。

シーズン1の撮影中も、体調を崩して緊急入院。

大事をとっての入院ということなので、何よりでした。

『CSI:ベガス』はシーズン2の更新も決まっています。

以降は、エグゼクティブ・プロデューサーとして関わるようです。


ウィリアム・ピーターセン 身長・年齢など基本プロフィール

本名 William Louis Petersen
生年月日 1953年2月21日
年齢 69歳
出生地 イリノイ州エヴァンストン
身長 178㎝

さて、ウィリアム・ピーターセンの生い立ちを触れていきましょう。

演劇の道を始めたのは、大学生の頃から。

アメリカンフットボールの奨学金で入学したアイダホ州立大学の演劇クラスで、演技の魅力を強烈に感じてしまったようです。

大学を中退して、スペインのバスク地方に渡り、演劇を学びました。

彼はデンマークとドイツ系なので「なぜスペイン?」と思いますよね。

スペイン行は、当時の教授に従事したからのようです。

また、ウィリアム・ピーターセンもバスク文化に興味があり、強く影響を受けました。

後に授かる娘さんに、バスク語の「マイテ・ネレア」(「私の愛する人」)という名前をつけたほど。

アメリカに戻ってからはシカゴで劇団活動に関わり、リメインズ・シアター・アンサンブルの共同創設者となっています。

その後、テレビや映画に出演するようになるのですが、それは次章で。


ウィリアム・ピーターセンの出演作品『ヤングガン』など

舞台活動後、ウィリアム・ピーターセンは、映画に出演を果たします。

いくつかの映画に出演後、1986年に『刑事グラハム/凍りついた欲望(原題:Manhunter)』の主人公ウィル・グレアム役で注目を集めます。

1990年には西部劇『ヤングガン2』で、キーファー・サザーランドなどと共演。


エミリオ・エステベスが演じる、主人公ビリー・ザ・キッドを裏切り、彼を追い詰める保安官となった、パット・ギャレット役を務めました。

また、オリバー・ストーン監督の『プラトーン』出演の話しもありました。

しかし、家族と離れて、撮影先のフィリピンに行くのが嫌で断ったそうです。

本当は、ハードなアクションシーンが嫌だったのでは?

テレビドラマへの出演では、1990年のミニシリーズ『若き日のJFK(原題:The Kennedys of Massachusetts)』で、ケネディ大統領の父、ジョセフ・P・ケネディ役を務めました。

このドラマは、エミー賞、ゴールデングローブ賞を獲得して、話題になりました。


ウィリアム・ピーターセン 『CSI』降板理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

GSR fan page(@gsrsaragrissom)がシェアした投稿


そして2000年から『CSI:科学捜査班』に、主人公のギル・グリッソム役で出演。

2009年までレギュラーを務めました。

主演として、映画俳優組合賞を受賞。

ゴールデングローブ賞にもノミネートされています。

さらに番組のプロデューサーとして、プライムタイム・エミー賞に3回ノミネートもされました。

レギュラー降板後も、ゲスト出演やプロデューサーとして関わったのですが、大ヒットドラマの主人公が降板するとあって、当時はすごい話題となりました。

降板理由としては、「家族との時間」や「やり尽くした」、「新たなチャレンジ」などいろいろと取りざたされています。

それぞれの理由は正解なのでしょうね。

実際、1話60万ドル(約6,500万円)の収入がありました。

だから、働かなくても生活はできたわけで。

降板後、2014年にドラマ『Manhattan(原題)』に出演しましたが、大ヒットとはならずシーズン2で番組は打ち切りに。

主演でもなかったので、「ちょっと出てみる?」程度だったのかも。

そして『CSI:ベガス』で待望の復帰!

だいぶ年齢は重ねましたが、とても良い歳の取り方をしていますね。

やはり『CSI』出演で、エネルギーがみなぎっているのでしょうか!


ウィリアム・ピーターセンの家族。実は、子供は双子。

ウィリアム・ピーターセンは、ジョアン・ブレイディさんと、1974年から1981年まで結婚していました。

と言うことは、スペインのバスク地方に演劇修行に一緒に行ったのですね。

1975年には、娘「マイテ・ネレア」ちゃんが誕生。

先述した、「私が愛する人」というバスク語です。

ウィリアム・ピーターセンの2番目の奥様はジーナ・シローネさん。


あまり情報がないのですが、ダンサーをしていたようです。

2003年6月に結婚しています。

2011年7月に、二卵性の双子(息子と娘)を授かりました。

代理出産だったそうです。

ちなみに、ウィリアム・ピーターセン、『シカゴP.D.』のトルーディ・プラット巡査部長役で有名なエイミー・モートンと、一時期交際していたようです。

意外ですね。

と言うことで、ウィリアム・ピーターセンのプロフィールを振り返ってみました。

復帰後の『CSI:ベガス』の演技を楽しみたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



タイトルとURLをコピーしました