『ホーム・アローン2』あなたが知らないかもしれない5つのトリビア。

バラエティー

クリスマスの頃になると再放送される『ホーム・アローン2』。

大ヒットした『ホーム・アローン』に続き、マコーレー・カルキンが演じるケビンが、飛行機を乗り間違えてニューヨークへ。

そして、お決まりのドタバタ劇を巻き起こすというストーリーです。

話題作だけあって、制作にまつわるトリビアもたくさん!

その中から、5つのトリビアをご紹介します。

 

ドナルド・トランプが出演した理由とは?

まず、ご紹介したいのが、ケビンがホテルに泊まったシーンです。

そこはニューヨークでも指折りの高級ホテル「THE PLAZA HOTEL」です。

そのシーンで、ドナルド・トランプがカメオ出演しています。

元アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏。

当時は、このホテルのオーナーだったのです。

なぜトランプ氏が出演したか、撮影の依頼をしたときのことを、コロンバス監督がコメントしていました。

「トランプはオーケーと言った。我々は使用料を払ったが、彼は『プラザを使う唯一の方法は、私を映画に出すことだ』と言ったんだ」

スタジオにホテルのセットを組むことが難しかったため、出演をOKしたのだとか。

後に、トランプ氏は大統領に就任。

さらに、議事堂襲撃事件を先導した容疑もあって、このシーンを削除すべきとの声も上がっていました。

実際に2019年には、カナダ放送協会は同作をクリスマスに放送する際に、トランプ氏の出演シーンを削除。

それに対して、トランプ氏はツイッター(Twitter)で怒りを露わにしていました。

ともあれ、クリスマスの名作映画ですから、楽しく観たいですね。



 

ケビンが泊まったホテルの料金は?

ケビンはこの高級ホテル「THE PLAZA HOTEL」に宿泊します。

しかも、スイートルームです。

その料金はと言うと、一泊830ドル。

当時のレートで加算すると、105,000円くらいになります。

今泊まろうとすると、2倍から3倍になるのではないでしょうか。

それに加えてルームサービスを頼んでいますね。

その料金はお父さんのクレジットカードで支払いをしています。

映画でお父さんが請求書を見て、「ケビ~ン!」と叫ぶのも、納得です(笑)



 

実はフェイクだった「白黒のギャング映画」

『ホーム・アローン2』で、ケビンを疑って偵察に来るホテルマンをだますために流していた白黒の映画がありましたね。

それはギャング映画で、『Angels With Even Filthier Souls(もっと汚れた魂の天使)』と言うタイトル。

昔の映画を使用したのかと思いきや、1939年の映画『Angels With Dirty Faces(汚れた顔の天使)』をパロディにしたフェイク映画だそうです。

エンタメ情報サイト「Variety」によると、前作『ホーム・アローン』に登場した『Angels With Filthy Souls(汚れた魂の天使)』(※こちらもフェイク映画)の反響が大きかったことから、『ホーム・アローン2』で“続編”が作られたのだそうです。

「汚れた顔の天使」が、「”もっと”汚れた魂の天使」だなんて。

こんな細かいところにも、ユーモアが効いてますね。

ちなみに、ケビンを演じたマコーレー・カルキンも“本物”だと思っていたそうですよ。

▼マコーレー・カルキンの詳しいプロフィールはこちら▼

マコーレー・カルキンの現在は?『ホームアローン』出演は幸せだった?



 

撮影中に頭を“大やけど”した名優とは?

大やけどを負ったのは、泥棒のハリー役を務めたジョー・ペシです。

「ハリーの帽子が燃やされるシーンでは、頭頂部に大やけどを負ったんだ」

インタビューでこのようにコメントしていました。

その他にも、コブ、痣、全身の痛みなどなど、ケビンの悪戯でいろんな怪我を負ってしまったそうです。

ジョー・ペシと言えば、ハリウッドでも指折りの名バイプレーヤー。

1990年の『グッドフェローズ』でアカデミー助演男優賞を受賞しています。

最近では、2019年の『アイリッシュマン』 でもアカデミー賞など各賞にノミネート。

また、『リーサル・ウェポン』シリーズのレオ・ゲッツ役でも有名です。

最新作『リーサル・ウェポン5』も予定されいます。

マフィアの構成員などの役が多い、ジョー・ぺシですが、『ホーム・アローン』シリーズでは、ユーモラスな泥棒役を好演していますね。

ですが、役づくりはさすが名優と思わされるエピソードがあります。

マコーレーが撮影の合間に、ジョー・ぺシに話しかけました。

するとジョー・ペシはマコーレーに向かって、「失せろ!」と言い放ったそうです。

「私たちがどんな形であれ友好的であるように映画の中で映りたくなかった」

そう言う彼は、撮影の合間でも、マコーレーと意図的に距離を置いたのです。

さすが名優ですね。



 

ハリーポッターのマクゴナガル先生が出演していた?

この映画では、女性のホテルマン役が出演していますね。

この女優さん、ハリーポッターのマクゴナガル先生だと思った人も多いのでは?

この女優は、マクゴナガル先生役のマギー・スミスではありません。

ダナ・アイヴィと言うアメリカの女優です。

現在、81歳。

出演作には、1991年の大ヒット映画『アダムス・ファミリー』と1993年の『アダムス・ファミリー2』。

モーティシアの友人マーガレット役を演じています。

最近では、2017年にドラマ『マダム・セクレタリー』へゲスト出演。

また。2018年には映画『オーシャンズ8』にも出演しています。

ブロードウェイの舞台にも出演をして、トニー賞に5回もノミネートされています。

名優ジョー・ぺシ同様、名女優だったのですね。

と言うことで、マコーレー・カルキン主演『ホーム・アローン2』のトリビアをご紹介しました。

同映画は、ディスニー+、U-NEXTなどで配信をしています。

また、クリスマスの頃には、「金曜ロードショウ」でも、再放送さることが多いですね。

是非ご覧ください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました