ジェレミー・シスト『FBI』ジュバル役のプロフィール。

ドラマ男優

ジェレミー・シストと言えは、アメリカの演技派として実績のある俳優です。

現在は、大人気ドラマ『FBI: 特別捜査班』のジュバル・バレンタイン役で活躍しています。

そんなジェレミー・シストのプロフィールと出演作をご紹介します。

最後に、元舞台役者の私から見た、ジェレミー・シストの魅力もご案内しています。

どうぞご覧ください。

 

ジェレミー・シストの年齢・身長・生い立ち

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jeremy Sisto(@sistosistosisto)がシェアした投稿

本名: Jeremy Merton Sisto
生年月日: 1974年10月6日
年齢: 48歳
出生地: カリフォルニア州 グラスバレー
身長: 187 cm

ジェレミー・シストは芸能一家で育ちました。

母親は、女優のリーディ・ギブス。

父親は、ジャズミュージシャンのリチャード・”ディック”・シストです。

姉のメドウ・シストも、女優です。

一家は、シエラネバダ山脈の麓で、電気も配管もないロックハウスで暮らしていたそうです。

ドラマの「大草原の小さな家」みたいですね。

しかし、両親は彼が4歳の時に離婚。

ジェレミー・シストは、姉と共に母親と暮らしました。

そして、7歳の頃はシカゴに移り、地元の劇団で演劇活動を始めます。

10歳の頃に、ミュージックビデオに出演し、プロの俳優としてスタートします。

さらに、高校在学中に映画『グランドキャニオン』(1991年)で映画デビュー。

そして、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に進学する頃には、俳優として常時作品に出演するようになっていました。



 

ジェレミー・シストの出演作品

『タイタニック』の最終候補に

1995年の青春コメディ映画『クルーレス』に出演したジェレミー・シスト。

エルトン役を演じ、若手俳優として脚光を浴び始めました。

そして翌年、彼は映画『タイタニック』(1997年)のオーディションを受けます。

なんと主人公ジャック・ドーソン役で、ケイト・ウィンスレットとスクリーンテストするまでいったのです。

若い頃のジェレミー・シスト、なかなか甘い顔立ちですね。

ですが、ご存じの通りその役は、レオナルド・ディカプリオに。

ちなみに、マシュー・マコノヒーもこの役の最終の候補者だったそうです。

その後、俳優として注目を集めていたジェイミー・シストは、大人気ドラマ『シックス・フィート・アンダー』に出演することになります。

2001年から2005年まで、ビリー・チェノウィス役を演じました。

このドラマの人気と共に、彼の演技力にも注目が集まります。

彼はこのドラマで、スクリーンアクターズギルド賞を、2度ノミネートされています。

 

メインキャストで出演した作品

この頃になると、ジェレミー・シストは多くの作品で、メインキャスト務めています。

2006年に、ブロードウェイの舞台『Festen』で主演を務めます。

犯罪ドラマ『キッドナップ』(2006‐2007年)では、誘拐された人質を奪還する私立探偵を演じました。

2007年から2010年にかけて『Law & Order』のサイラス・ルーポ刑事役、そして2011年から2013年には『Suburgatory』のジョージ・アルトマン役でレギュラーに。

さらに、コメディ映画『ブレイク・ポイント』(2014年)では、脚本を共同執筆し、主演も務めています。

その後も、『The Returned』『Wicked City』(2015年)、『Ice』(2016–2018年)などにも出演しています。

そして、『FBI: 特別捜査班』のジュバル・バレンタインとして、レギュラー出演をすることになります。

▼関連記事:こちらもご覧ください▼

『FBI:特別捜査班』キャストのプロフィール【最新版】マギー降板か?



 

ジェレミー・シストの結婚・恋人・子供

最初の結婚は女優のマリサ・ライアンと勢いで?!

1993年8月30日、ジェレミー・シストは女優マリサ・ライアンと、ラスベガスで結婚しました。

当時二人は共に18歳。

そして、なんと2日後に二人は別れることに。

つまり、勢いで結婚しちゃったみたいですね。

実は、ラスベガスでは『したいときにいつでも』結婚できることで有名です。

ですが、正式離婚はそれから約10年後の、2002年6月21日でした。

アメリカは、法的に離婚が成立するまで、とんでもなく時間がかかるのですね。

 

2度目の結婚はアディ・レーン

2009年6月5日、ジェレミー・シストと交際していたアディ・レーンとの間に、チャーリーバレリーナちゃんを授かりました。

その年の10月13日に、ニューヨーク市役所で正式に結婚。

そして、2012年3月9日に、セバスチャン・キックくんが生まれています。

勢い婚やできちゃった婚など、何かとお騒がせなジェイミー・シスト。

実は、父親と早くに別れてしまったことで、彼自身「父親」として苦労したそうです。

名優でも、実際の父親を演じるのは難しいようですね。

ですが、彼が思うほど、ダメなパパではないと思いますよ。



 

ジェレミー・シストの魅力

『キッドナップ』と『FBI: 特別捜査班』のシスト

個人的には、『キッドナップ』(2006‐2007年)のルシアン・ナップ役が好きでした。

私立探偵で人質救出のエキスパートという、特異なキャラの主人公。

はぐれ者なんだけれど、放っておけない人柄。

シチュエーションは違うのですが、『タクシードライバー』のロバート・デ・ニーロを思わせる、独特の雰囲気で演じていました。

そして、『FBI: 特別捜査班』では、捜査を仕切る特別捜査官アシスタント役。

事件が起こるや否や、イゾベル・カスティーユ監督官(アラナ・デ・ラ・ガーザ)に代わって、捜査室のスタッフに次々に指示を与えます。

その姿は、まるでオーケストラのコンダクターのよう。

とても迫力のある演技をしています。

このキャラクターは、演出なのか?

それとも、ジェレミー・シストの役作りなのかは、わかりません。

どちらにせよ、彼の存在感ある演技は、『FBI』の見どころの一つになっていますね。

一方で、家庭は上手くいってなくて、寂しさを抱えている一面もあります。

 

陰と陽を重ね合わせ演技力の魅力

ジェレミー・シストの魅力は、そんな陰と陽を重ねて、深みを出す演技力でしょうか。

陰だけの演技、陽だけの演技だと薄っぺらな感じがします。

例えば、「男はつらいよ」という日本一ヒットした映画。

コメディという「陽」の中に、ペーソス(哀愁)という「陰」がちょっと入る。

そんな、奥深さが観客を引き付ける。

そんな感じに似ているかもしれません。

と言うことは、ジェレミー・シストは、アメリカの寅さん?

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!

▼関連記事:こちらもご覧ください▼

『FBI:特別捜査班』キャストのプロフィール【最新版】マギー降板か?

アラナ・デ・ラ・ガーザ『FBI』出演女優の夫や子供。身長・年齢など基本プロフィール



コメント

タイトルとURLをコピーしました