ルカ・アルジェンテーロは若い頃に”アノ”映画に出ていた!『DOC(ドック) あすへのカルテ』主演俳優のプロフィール

ドラマ男優

『DOC(ドック) あすへのカルテ』の主人公アンドレア・ファンティ医師役のルカ・アルジェンテーロ。

いかにもイタリアらしい、かっこいいオヤジですね。

そんなルカ・アルジェンテーロのプロフィールや出演作品をご紹介します。

もちろん、『DOC(ドック) あすへのカルテ』出演エピソードもお伝えしますよ!

ルカ・アルジェンテーロの若い頃に出た有名な作品とは?身長 年齢 生い立ち。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luca Argentero(@lucaargentero)がシェアした投稿

本名: Luca Argentero
生年月日: 1978年4月12日
年齢: 44歳
出生地: イタリア トリノ
身長: 185 cm

イタリアドラマはあまり馴染みがないのでルカ・アルジェンテーロをご存じない、海外ドラマファンも、少なくないでしょう。

ですが、ジュリア・ロバーツ主演映画『食べて、祈って、恋をして』で、イタリア語を教えていた青年役の俳優と言えば、「あ~ぁ」となる方も多いのでは。

そんなルカ・アルジェンテーロは、イタリアでは大人気の俳優。

俳優以外にも、テレビ司会者や、以前はモデルをしていました。

ルカ・アルジェンテーロが学生からモデルになるまで

ルカ・アルジェンテーロの経歴を振り返ると、まず高校を卒業して、トリノ大学の経済学と商業学を専攻しました。

学費稼ぎなのでしょうか、ナイトクラブでバーテンをして働きながら、大学に通い卒業しています。

そして、十数人の男女を、3か月間隔離して集団生活をさせる、テレビのリアリティ番組『ビッグ・ブラザー』に出演し、注目を集めました。

それがきっかけで、モデルとして活動を始めます。

当時のルカ・アルジェンテーロがこちら。

超イケメンですね~

今の渋さもいいですが、若い頃も素敵です。

 

俳優としてのルカ・アルジェンテーロ

しばらくモデルの活動をしたの後、テレビシリーズ『Carabinieri/カラビニエリ』(2005年)に出演。

ついに、俳優としてデビューをすることになります。

その翌年には、映画『カーサ ノストラ』(2006年)でスクリーンデビューも飾りました。

そして2010年、『食べて、祈って、恋をして』に出演。

また、この年は『恋に落ちたシェイクスピア』と言う、劇場演劇にも出演しています。

最近の作品としては、映画『脱線した猫のように〜デッドマンズ・コッチャに戻る』(2021年)、テレビシリーズ『無知な妖精たち』があります。

おすすめの出演作については、最終章で詳しくお伝えします。



ルカ・アルジェンテーロ 彼女や結婚した妻はどんな人?

ルカ・アルジェンテーロの恋愛事情を探ってみましょう。

なんと言っても、これだけの男前です。

ましてやイタリアのメンズですから、さぞや華やかでしょう。

そう思ったのですが、そうでもなかったですね。

ルカ・アルジェンテーロの彼女 マリアネッラ・バルジリ

最初に交際が報じられたのは、2003にイタリアの女優マリアネッラ・バルジリでした。

ルカ・アルジェンテーロがデビュー前に出演した、リアリティー番組『ビッグ・ブラザー』での二人の関係が、観ているファンの間で、ものすごい話題になったそうです。

 

ルカ・アルジェンテーロの彼女 ミリアム・カターニア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gossip.it(@gossipit)がシェアした投稿

ミリアム・カターニア42歳のイタリア人女優。

2004年に付き合い始め、5年間交際をしました。

そして、2009年に結婚。

しかし、7年後の2016年に離婚してしまいました。

 

ルカ・アルジェンテーロの妻 クリスティーナ・マリノ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luca Argentero(@lucaargentero)がシェアした投稿

現在は、女優のクリスティーナ・マリーノと2021年6月に結婚をしました。

二人の出会いは、2015年に映画『Vacanze ai Caraibi』の撮影でした。

そして、交際を開始。

その後2020年5月に、二人の間に娘のニーナ・スペランツァちゃんが誕生しています。



『DOC(ドック) あすへのカルテ』ルカ・アルジェンテーロの役づくりとは?

イタリアで大人気のドラマ『DOC(ドック) あすへのカルテ』。

シーズン3の撮影が決定したようです。

そんな、人気ドラマの主人公アンドレア・ファンティを務める、ルカ・アルジェンテーロ。

どんな役づくりをしていたのでしょうか?

 

『DOC』には実在のモデルがいた!

『DOC』出演について、イタリアのインタビュー記事があったのでご紹介します。

最初に台本を読んだとき、ルカ・アルジェンテーロはこう思ったそうです。

「直感で、この物語を伝えたいと思い、引き受けました」

主人公アンドレア・ファンティは、銃で撃たれた前後で性格が真反対に変わります。

けっこう難しい役づくりだったと思うのですが、このように話をしていました。

「ピエルダンテ・ピッチョーニというモデルが目の前にいたのです。彼に相談することで、私やキャスト全員が助けられました。」

このドラマは、実話を土台にしたドラマ。

その実在のモデルが、医師のピエルダンテ・ピッチョーニです。

このインスタポストで、ルカ・アルジェンテーロと映っているのが、ピッチョーニ医師。

役づくりのため、ルカ・アルジェンテーロと、ピッチョーニ医師にアドバイスをたくさんもらったそうです。

しかし当時は、コロナウイルス感染の真っただ中。

ですから、オンラインでミーティングをしたそうです。

しかも、ピッチョーニは現役の医師なので、コロナウイルス治療の最前線にいました。

このとき、イタリアの感染者数はもの凄い時期でした。

医師の感染死亡率も高かったようです。

そんな状況の医師本人にアドバイスされたら、役者としても気合が入りますよね。

 

”DOC”がヒゲをはやしているワケ

職場に医師の補助員として復帰したアンドレア・ファンティ医師。

以前の部下から”DOC”と呼ばれるようになります。

そして、性格も部長時代と一遍。

さらに、ヒゲを生やしています。

実はヒゲも、役づくりのひとつなのだそうです。

彼曰く、ヒゲは “柔らかさ “の証しなんですって。

その他、実際に病院で2~3か月間、医師や看護師、研修医など、スタッフと話したりして、「体験」をしながら、役づくりを行いました。

その結果、彼自身だけでなく、共演者との連帯感も生まれて、チームワークが格段に良くなっていきました。

なので、ドラマを観る上では、そういった共演者との、会話のテンポや目線の合わせ方などにも、注目してみてみてください。

▼詳しくはこちらもご覧ください▼
『DOC(ドック)あすへのカルテ』あらすじとキャストのプロフィール



ルカ・アルジェンテーロの出演作品

数多くの映画、テレビシリーズ、そして舞台にも出演しているルカ・アルジェンテーロ。

その中でも、日本で公開された作品をご紹介します。

ルカ・アルジェンテーロ 出演作品『食べて、祈って、恋をして』

 

この投稿をInstagramで見る

 

GOtv Namibia(@gotvnamibia)がシェアした投稿

ジュリア・ロバーツが主演し大ヒットした映画『食べて、祈って、恋をして』に、ルカ・アルジェンテーロも出演しています。

ジュリア・ロバーツ演じるエリザベスに、イタリア語を教えてくれる気のいいイタリア青年ジョバンニ役でした。

エリザベスが滞在するアパート前まで送っていくシーン。

イタリア男性にしては、草食系の役柄でしたね。

 

ルカ・アルジェンテーロ 出演作品『恋するショコラ』

恋愛よりも、チョコレート作りで友情が芽生えるというハートフルコメディです。

ルカ・アルジェンテーロは主人公のマティア役。

マティアは、しがない建築会社の社長。

あることをきっかけに、チョコレートのレッスンを受けることになります。

原題は『Lezioni di cioccolato』で、チョコレートのレッスン。

その後、『今ドキ女子の恋愛ショコラティエ』と言う、続編も公開されました。

この作品は、U-NEXTで観られます。

 

と言うことで、『DOC(ドック) あすへのカルテ』の主人公アンドレア・ファンティ医師役のルカ・アルジェンテーロをご紹介しました。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!

▼関連記事:こちらもご覧ください▼
サラ・ラッザーロ『DOC あすへのカルテ』アニェーゼの役づくりが深い!

マティルデ・ジョリ 彼氏と結婚間近?『DOC』主演女優は医師志望だった!



タイトルとURLをコピーしました