マッツ・ミケルセンは『ハンニバル』のレクター役で評判に! 若い頃はダンスで活躍! 最新作『カオス・ウォーキング』に出演!

ドラマ男優

数々の作品で名悪役俳優としてその名を知られるマッツ・ミケルセン。

そんな彼のプライベート情報から、ゲームソフト『デス・ランディング』や代表的な出演作、最新作『カオス・ウォーキング』の話題までをお届けします!


マッツ・ミケルセンの若い頃はダンスで活躍! 身長は? 年齢は? 兄弟はいるの?


マッツ・ミケルセンの身長は183cm、1965年11月22日にデンマークのコンペンハーゲン、オースタブロに生まれ、現在は55歳です。

看護師のベンテ・クリスティセンと、銀行員で労働組合の職員であるヘニング・ミケルセンの次男として誕生しました。

兄は名悪役で知られる俳優のラース・ミケルセンで、兄弟ともにナールブロで育ちました。

若い頃は陸上競技を志し、体操選手としてトレーニングを受けていたマッツ・ミケルセン。

ヨーテボリのバレエ・アカデミーでダンスを学び、それがきっかけで振付家のハンネ・ヤコブセンと出会い、2000年に結婚しました。

1996年にオーフス演劇学校で演劇を学んでいますが、俳優としてデビューするまでの約10年間をプロのダンサーとして活躍しています。

50代になった現在でも活躍しているマッツ・ミケルセンですが、若い頃から色気のあるカッコ良さが評判になっていました。

その色気は今でも衰えを見せてはいませんね。


 

マッツ・ミケルセンは『デス・ストランディング』に出演! 小島秀夫監督の日本発ゲームソフト!

日本のゲームクリエイター、小島秀夫監督が大ファン。

小島秀夫監督はゲームソフト「メタルギア」シリーズで有名なゲームクリエイターです。

2019年に発売されたゲームソフト『デス・ストランディング』の謎の男・クリフ役でマッツ・ミケルセンが出演しています。

映画通としてもよく知られており、『デス・ストランディング』は主人公役のノーマン・リーダスをはじめ、レア・セドゥリンゼイ・ワグナーなど、錚々たる俳優陣が出演している作品です。

ゲームソフトの発売に先駆けてマッツ・ミケルセンと小島秀夫監督のスペシャル対談の映像を、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが製作。

二人が『デス・ストランディング』の世界を作り上げた過程を、貴重な撮影エピソードとともに語っています。


また、小島秀夫監督はマッツ・ミケルセンを主人公とした企画を複数構想しているそうで、その一つの仮タイトルは『マッツマックス(MADS MAX)』だとか。

タイトル名は冗談だったとしても、小島秀夫監督のマッツ・ミケルセンへの愛を感じるエピソードですね!


 

マッツ・ミケルセンは悪役で有名! ドラマ『ハンニバル』、『007 カジノ・ロワイヤル』、『ドクター・ストレンジ』に出演

マッツ・ミケルセンはハリウッドでは名悪役俳優としておなじみ。

2013年から2015年まで放送されたドラマシリーズ『ハンニバル』では、あの悪名高い人食い殺人鬼のハンニバル・レクター役を見事に演じています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nbchannibal(@nbchannibal)がシェアした投稿


これ以上にはないというぐらいに悪の象徴として描かれるレクター博士。

マッツ・ミケルセンは高級ブランドのスーツを身につけ、マナーを重んじるという上品でスマートなレクターを演じ、美しさすら感じさせる演技がファンを魅了しています。

『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)のル・シッフル役では強烈な印象を残し、全世界から注目を集めました。

もともと「スパイダーマン」が好きだったというマッツ・ミケルセン。

『ドクター・ストレンジ』(2016年)ではヒーローではなく、主人公と敵対する悪役のカエシリウスを演じました。

マッツ・ミケルセンはこの役をとても興味深いキャラクターと語っており、説得力のある演技をしたいと思っていたそうです。

どんな悪役でもマッツ・ミケルセンが演じることで、観客の心をつかんで離さない、魅力のあるキャラクターになってしまいますね!


 

マッツ・ミケルセンは『カオス・ウォーキング』に出演!

マッツ・ミケルセンの最新作、『カオス・ウォーキング』。

トム・ホランドデイジー・リドリーら、豪華俳優陣が共演することで、話題を集めています。

パトリック・ネスの小説「混沌(カオス)の叫び」3部作の1作目『心のナイフ』を、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・リーマン監督が映画化。

西暦2257年、男性は思考が「ノイズ」としてさらけ出され、女性は死に絶えてしまった星を舞台とした作品です。

汚染した地球を逃れ、新天地「ニュー・ワールド」にやって来たデイジー・リドリー演じるヴァイオラと、トム・ホランド演じる「ニュー・ワールド」で生まれた最も若い青年であるトッドの逃避行が、壮大なスケールで描かれています。

本作では、唯一ノイズをコントロールできる謎の男、プレンティス役をマッツ・ミケルセンが演じています。

作中ではテンガロンハットを被り、高級感のある毛皮のコートをまとった渋くてカッコいいマッツ・ミケルセンの姿が拝めます。

その頬には、戦争での死闘を彷彿とさせるような大きな十字傷が刻まれており、“イケオジ”好きにはたまらない魅力を放っていますね。

歳を取るたびに色気を増していくマッツ・ミケルセンの魅力を、ぜひスクリーンで堪能してください!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました