トム・ホランド かわいい彼女ゼンデイヤと交際順調?ムキムキ筋肉のスパイダーマン俳優の身長や性格について!

アクション俳優

誰もが一度は見たことのある、子どもから大人までみんなが大好きなマーベル作品「スパイダーマン」シリーズにて主人公のピーター・パーカー(スパイダーマン)を演じているイギリスの俳優トム・ホランド。
甘いマスクと人懐っこい性格、なのに筋肉ムキムキであらゆるアクションシーンをこなす姿に、世界中のファンがトリコになっています。
最近は、恋人ゼンデイヤとの交際も順調のようです。

今回はそんな誰からも愛される俳優トム・ホランドについて紹介します!

トム・ホランドはかわいい笑顔と筋肉ムキムキのギャップがすごい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Holland(@tomholland2013)がシェアした投稿


トム・ホランドは、イギリス出身の俳優です。

1996年6月1日生まれで、現在25歳です。

身長は172cmで、欧米出身にしては少し小さめ….?と言われています。

しかし、その身長すらも気にならなくなるほど魅力的なのが、トムの筋肉です。

腹筋と上腕二頭筋が特に素晴らしく、思わずじっと見てしまうほどの筋肉美です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Holland(@tomholland2013)がシェアした投稿


スパーダーマンのようなアクションシーンが多い撮影をこなすためには、あのような筋肉がないと難しいのかもしれませんね。

それにしても美しいです。

そんな素晴らしい筋肉美の持ち主なので、さぞかしクールな性格なのかと思いきや、実はとっても陽気で明るく、かわいい笑顔が素敵。

みんなから愛されるキャラクターのようです。

日本でもその姿がとてもかわいいと大人気で、「トムホ」や「世界の孫」という愛称で呼ばれているほどです。

特にお母さん世代に大人気なのですね。

トムの父親はコメディアンで作家のドム・ホランドで、イギリスで有名人です。

トムのフレンドリーさは、コメディアンの父ゆずりなのかもしれないですね。


トム・ホランドとゼンデイヤがとってもアツアツ!?

そのイケメンな顔立ちと性格の良さで、過去にも数々の美人とお付き合いをしていたトム・ホランド。

そんなトムの現在の彼女は、女優でシンガーソングライターのゼンデイヤです。


トムとゼンデイヤは映画「スパイダーマン」シリーズで共演し、交際に発展しました。

過去にふたりは一度付き合っていて、破局したあとはそれぞれ違う人デートを重ね、

最近ふたりは恋人同士に戻りました。

いわゆる復縁ですね。

トムはゼンデイヤの親にもすでに会っているということなので、公認のカップルなのです。

実は、先輩スパイダーマンのトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドとの対面する際に、ゼンデイヤについてきてもらったのだとか。

あまりに緊張して、一人では居られなかったみたいなんです。

それほどの信頼関係ってことですね。

最新作の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、その三人が集結するシーンが見どころです。

そんなエピソードを知ると、ゼンデイヤ演じるMJとスパイダーマンの関係も、また違った見方もできるかもしれません(笑)

いつまでもラブラブでいてほしいです。


トム・ホランド、来日時に日本のファンから熱いラブコールを受ける!

トム・ホランドはずっと日本に行きたかったそうです。

そんな思いが叶ったのが、2017年公開の映画「スパーダーマン・ホームカミング」のジャパンプレミアの時です。


日本の文化や食べ物にとても興味を持っていたみたいで、実際に来日してそれらを堪能したときのエピソードを語っていたインタビューでは、とても嬉しそうな様子でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Holland(@tomholland2013)がシェアした投稿


日本のファンに対しても、

「歓迎してくれて嬉しい。スパイダーマンで僕がスーパーヒーローなら、あなたたちはスーパーファンだ!」

とコメントしていて、日本のファンから愛されていることも嬉しがっていました。

このようにファンが喜ぶ熱い言葉をサラッと言えるのも、世界中でトムが愛される理由なのかもしれませんね。


トム・ホランド 代名詞の映画「スパイダーマン」シリーズで不動の地位と人気を手にした!

トム・ホランドの代名詞といえば、言わずもがな「スパイダーマン」シリーズですよね。

2016年公開の映画「シビルウォー / キャプテン・アメリカ」でピーター・パーカー / スパイダーマンを演じてから、その後のマーベル作品にはずっとスパイダーマンとして出演しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Holland(@tomholland2013)がシェアした投稿


トムは、ロバート・ダウニー・Jr. が演じるアイアンマン / トニー・スタークに憧れる15歳の高校生ピーター・パーカー / スパイダーマンを演じています。

「スパイダーマン」シリーズはアクション映画ですが、スパイダーマンのもう一つの醍醐味といえば、ロマンスが必ずあるということです。

スパイダーマンが主役の2作目の映画「スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム」でも、ゼンデイヤ演じるミシェル・ジョーンズとのラブロマンスシーンがありました。

本作よりも先にくっついたトム(スパイダーマン)とミシェル(ゼンデイヤ)ですが、映画の中でもふたりの恋の進展も見逃せないポイントですね。

また、3作目の最新作「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」では、魔術師ドクター・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチとの共演も楽しみ!

主人公ピーター・パーカー/スパイダーマンとドクター・ストレンジと、ヴィランとの戦いも見ものですね。


 

トム・ホランド 次回作はフレッド・アステアの伝記映画。伝説的ミュージカル俳優タップダンスを見せられるか!

トム・ホランドの次回作が決定しました。

伝説的ミュージカル俳優として知られるフレッド・アステアの伝記映画です。

フレッド・アステアと言えば、1930年~1950年代を席巻したミュージカル映画の大スター。

彼の踊る優雅なタップダンスはファンを魅了しました。

トム・ホランドってタップが踏めるのでしょうか?

あるインタビューで、フレッド・アステアを同のように演じるかを問われたときのコメントです。

「古いタップシューズを引っ張り出して、パイナップル・ダンス・スタジオズに戻ってタップのレッスンを受けるつもりです。僕はタップがすごく上手で、ずいぶん長いことやってきたから、習得できるとは思うんですよ。」

実はトム・ホランド、俳優デビューを果たした『ビリー・エリオット・ザ・ミュージカル(原題)』で、劇中で2年間もタップダンスを踊っているのです。

とは言え、フレッド・アステアを演じるにあたってこのように話しています。

「彼(フレッド)はとても優雅で上品。だから、おそらくはそのスタイルを学ばなくてはいけないんです。きちんと練習しますし、とても楽しみだし、素晴らしい映画になると思います。」

スパイダーマンでは、軽やかなアクションでファンを楽しませてくれるトム・ホランド。

きっと見事なタップを披露してくれることでしょう。

トム・ホランドの活躍に、これからも期待しましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました