Netflixシリーズ『エリック』は手に汗握るスリラーのあらすじとキャスト、見逃せないポイントは?!

Netflixの最新シリーズ『エリック』は、1980年代のニューヨークを舞台にしたスリリングなサスペンスドラマです。

人気の子供向け番組のクリエーターであるヴィンセントが、失踪した息子エドガーを探しながら自身の心の葛藤と向き合う物語。

脚本はアビ・モーガン、主演はベネディクト・カンバーバッチと、豪華な制作チームとキャストが集結。見どころ、キャスト、物語の魅力を徹底解説します。

全6エピソードの本作は、2024年5月30日からNetflixで配信されます。

ぜひ、最後までご覧ください。



 

Netflixシリーズ『エリック』のあらすじ

どんな展開で視聴者を引き込むのか?

Netflixシリーズ『エリック』の物語に興味はありませんか?

この6エピソードで構成されたミニシリーズは、1980年代のニューヨークを舞台。

成功したパペット作家で人気の子供向けテレビ番組「Good Day Sunshine」のクリエーター、ヴィンセントが失踪した息子エドガーを探すという、感情に訴えかけるスリラー作品です。

 

彼の息子エドガーは学校へ向かう途中で姿を消してしまいます。

息子の喪失により、ヴィンセントの心は悲しみと罪悪感で打ちのめされます。

そして彼はなぜか、息子の描いた青いモンスターパペット「エリック」に執着するようになります。

 

ヴィンセントはエリックの姿をテレビに登場させることで、息子が戻ってくると信じ、彼の心の拠り所としていきます。

ヴィンセントの行動がエスカレートし、周囲の人々や彼を助けようとする刑事までも遠ざけてしまう中で、エリックだけが彼の唯一の味方として残ります。

彼の行動が、エリックへの執着を通して息子を取り戻す助けになるのかが見どころです​​。

 

脚本はエミー賞受賞者のアビ・モーガンが担当し、監督はブラックコメディ『The End of the F***ing World』で知られるルーシー・フォーブスが務めます。

彼らの創り出すこの物語は、見る者を虜にしてしまうのではないでしょうか​。

5月30日から始まるこの限定シリーズで、その展開をお見逃しなく!

 



 

Netflixシリーズ『エリック』のキャスト

『エリック』を支えているキャストの誰に興味がありますか?

主演には、ヴィンセント役でエミー賞受賞者のベネディクト・カンバーバッチが登場します。

彼は人気の子供向け番組クリエーターというキャラクターを巧みに演じ、失踪した息子エドガーを必死で探す父親の姿を見事に表現しています​​。

 

エドガー役には、若手俳優のイヴァン・モリス・ハウが抜擢され、ヴィンセントの9歳の息子を繊細に演じています。

さらに、刑事レドロイト役には、マッキンリー・ベルチャー3世がキャスティングされ、エドガー失踪事件を解明しようとする刑事の緊張感と深みのある演技を見せています​。

他にも、キャシー・アンダーソン役のガビー・ホフマン、マイケル・レドロイト役のマッキンリー・ベルチャー3世。

アリ・ゲイター役のウェイド・アレイン=マーカス、カール・ピーターズ、フィービー・ニコルズ、デヴィッド・デンマンらが参加し、彼らの魅力的な演技で物語にリアリティをもたらします。

 

キャスト陣のバリエーション豊かな演技力により、父親の苦悩、刑事の献身的な捜査、家族の愛情といった幅広いテーマがリアルに描かれているのが魅力です。

アビ・モーガンの緻密な脚本とキャストの迫真の演技で、視聴者を物語の中に引き込んでくれることでしょう​​。

ベネディクト・カンバーバッチ

英国の俳優で、テレビシリーズ『シャーロック』(2010年)でシャーロック・ホームズを演じて一躍有名に。

映画では『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014年)や『ドクター・ストレンジ』(2016年)、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(2021年)での演技が高く評価されています。

▼詳しいプロフィールはこちら▼

ベネディクト・カンバーバッチの身長 年齢から過去の彼女と結婚などのプロフィール情報

 

イヴァン・モリス・ハウ

若手俳優で、『エリック』のヴィンセントの息子エドガー役が初の大きな出演作となります。

これからの活躍が期待される新星です。

 

マッキンリー・ベルチャー3世

『エリック』では刑事レドロイト役を演じます。

アメリカの俳優で、テレビシリーズ『オザークへようこそ』(2017年)や『バスターズ』(2019年)、映画『メジャー・ゲストハウス』(2021年)などで知られています。

 

ガビー・ホフマン

『エリック』ではキャシー・アンダーソンを演じます。

『透明な秘密』(2014年)や『ノスタルジア』(2018年)などの作品で高く評価されているアメリカの女優です。

 



 

Netflixシリーズ『エリック』の舞台裏。スタッフの紹介。

制作の裏側に興味はありますか?

Netflixのミニシリーズ『エリック』は、エミー賞受賞脚本家アビ・モーガンが脚本を担当し、彼女の創造的な手腕で感情に響く物語に仕上げています。

また、監督は『The End of the F***ing World』(2017年)などで知られるルーシー・フォーブスが務めており、彼女のスタイルは本作にも鮮やかに反映されています。

 

製作は、イギリスの制作会社シスター社とリトルチック社が行っています。

シリーズ全体でプロデューサーやエグゼクティブプロデューサーとしてカンバーバッチやモーガン、ジェーン・フェザーストーン、ルーシー・ダイクなどが参加しています。

制作陣のこの強力な組み合わせは、物語を感動的かつ深いものになると確信できますね。

それだけでなく、視覚的にも楽しめると思います。

 

ロケ地はブダペストやニューヨークが選ばれ、1980年代のニューヨークの街並みを忠実に再現するため、撮影には入念なリサーチが行われました。

撮影中の主人公ヴィンセントを演じるカンバーバッチが、眼鏡とグリーンのトレンチコート姿でメディアに写真を撮られました。

現場でのキャラクター作りの真剣さがうかがえる、すてきなショットでしたよ。

 

このドラマシリーズは感情に深く訴えかける物語です。

制作陣の緻密な努力によって、視聴者はスリリングなサスペンスの世界に浸ることができるでしょう。

製作の裏にある努力も知ることで、さらに楽しくなるのではないでしょうか?

 



 

Netflixシリーズ『エリック』の見どころ。必見の理由はとは?

『エリック』が必見の理由を伝えさせてください。

何より『エリック』は父親ヴィンセントが失踪した息子を探すという、心理的な要素が絡むスリラーで、視聴者を惹きつけるテーマに溢れています。

子供の消失という痛ましい状況に直面しながらも、ヴィンセントは息子エドガーの描いた青いモンスターパペット「エリック」にしがみつきます。

エリックがテレビ番組に登場すれば息子が戻ると信じ、執着するヴィンセントの行動が、物語の焦点となります​ ​。

 

また、彼の行動がどのように周囲に影響を及ぼすのかも興味深い要素です。

息子の失踪に対する父親の悲痛な葛藤が、彼の仕事仲間や捜査に当たる刑事との関係に変化をもたらします。

見ているあなたは、彼が家族や友人から次第に孤立していく様子を目の当たりにしながら、事件解決の鍵を握るエリックの正体は何なのか?

きっと、釘づけになるのではないでしょうか​。

 

さらに、監督と脚本家の緻密な構成により、1980年代のニューヨークを舞台にした物語にリアリティが加わり、見ているあなたは完全に引き込まれるに違いありません。

もちろん、ベネディクト・カンバーバッチの深みある演技も、作品の魅力を一層高めています。

彼の心理的な変化が、ヴィンセントの不安と絶望、そして希望を見事に表現しています​​。

 

『エリック』の緊迫感あふれるストーリーは、視聴者を心から揺さぶるものとなるでしょう。

このシリーズは絶対に見逃せません!

 



 

Netflixシリーズ『エリック』の視聴方法は?

このサスペンスドラマは、Netflixにて2024年5月30日に全6エピソードが配信されます。

その日から一気見することも可能です。

 

ただし、ドラマの内容が深刻であるため、TV-MAのレーティングが付いています。

子供の失踪という心に刺さるテーマが展開されるため、慎重に視聴することが推奨されています。

 

2024年の夏の訪れとともに、スリラー好きなファンはヴィンセントと共に息子エドガーの行方を追い、彼の心の葛藤とミステリアスな物語に浸ることができるでしょう。

 

物語の全貌を知るには、ぜひ配信日を忘れずにチェックしてください。

エリックの登場でどういった展開が待ち受けているのか、一瞬たりとも見逃せない内容になっています。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました