UNIT ONE-特別機動捜査班-サスペンス満載のあらすじ、魅力的なキャスト、見どころ満載の国際的ヒットドラマ

デンマークの犯罪ドラマ「UNIT ONE-特別機動捜査班-」は、エミー賞を受賞した国際的ヒット作品です。

殺人事件を追う捜査班のスリリングな捜査を描き、複雑なキャラクター関係や巧みなプロットが視聴者を惹きつけますね。

6月2日(日)13:00から、アクションチャンネルで日本初放送されます!

あのマッツ・ミケルセンの出世作でもあるこのドラマ。

彼の若い頃の初々しさと演技力も見逃せません!

犯罪ドラマのファンにとって、スリル満載の物語が詰まった必見のシリーズです。

放送前に、ドラマのあらすじや見どころ、キャストなどの予備知識をご紹介します。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 



 

「UNIT ONE-特別機動捜査班-」エミー賞受賞のデンマーク犯罪ドラマの魅力


引用元:アクションチャンネルHP

皆さんは「UNIT ONE-特別機動捜査班-」という犯罪ドラマをご存知でしたか?

実は私も最近まで知りませんでした。

ヨーロッパのドラマって、以前はあまり観る機会も少なかったですよね。

 

2000年10月にデンマークで放映が開始されたこのドラマは、最終的に2002年の国際エミー賞を受賞。

デンマーク作品として初めて作品賞(ドラマシリーズ部門)に輝きました。

アカデミー賞の外国映画作品賞のドラマ版と言える賞なので、国際的にも評価が高いドラマですね。

 

物語は、架空の移動捜査班「UNIT ONE」が、国内各地で起きる様々な事件に取り組む様子を描いています。

全3シーズンで放映され、犯罪、ミステリー、サスペンスが絡み合ったプロットが視聴者の心を掴みました。

 

ドラマは、各エピソードごとに異なる場所で事件が発生し、地域の特性や社会問題も盛り込まれているのが特徴です。

この設定により、毎回新たな舞台での謎解きが楽しめる作りになっています。

 

今やハリウッドセレブとなったター俳優マッツ・ミケルセンが主演しているのも興味深いですね。

その他、魅力的なキャスト陣がリアルで多面的なキャラクターを演じているので、そちらの紹介に移りましょう。

 



 

UNIT ONE-特別機動捜査班-のキャスト:マッツ・ミケルセンを含む豪華俳優陣

2000年から2004年に放映されたこのドラマの主要キャストには、当時30歳代前半のマッツ・ミケルセンが出演しています。

彼は捜査官アラン・フィッシャーという情熱的な肉体派の正義漢キャラを、独特の存在感で演じています。

 

また、デンマークの女優シャーロット・フィッチがイングリッド・ダールを演じ、強い意志と感情を持ち合わせた捜査班のリーダーを見事に表現。

ラース・ブリッグマンも聡明な捜査官マス・ラ・クール役で出演し、彼の多面的な演技がシリーズの厚みを増します。

さらに、デンマークの出身の実力俳優たちが捜査班メンバーとして登場し、全体的なキャストの充実度が物語のリアリティを高めています。

各俳優が描くキャラクターたちは、一筋縄ではいかない背景を持ち、視聴者を物語に引き込む力を持っています。

 

マッツ・ミケルセン

役名:アラン・フィッシャー。強引で大胆な捜査官。

プロフィール: 1965年生まれ。デンマーク出身の俳優で、代表作に『ハンニバル』(2013年)、『ドクター・ストレンジ』(2016年)などがある。

▼詳しいプロフィールはこちら▼

マッツ・ミケルセン 若い頃はダンサー? 身長・年齢・出演作などプロフィール

 

シャーロッテ・フィック

役名: イングリッド・ダール。捜査部隊を率いる女性リーダー。

プロフィール:  1961年生まれ。デンマーク出身で、代表作は『マンスローター』(2005年)『ヘッドハンター』(2009年)など。

 

ラーシュ・ブリグマン

役名: マス・ラ・クール。部隊の中で最も聡明で謎解きの得意な捜査官。

プロフィール: 1957年生まれ。デンマーク出身の俳優で、『ライダーズ・オブ・ジャスティス』 (2020年)『ディクテ』(2013-2016年TVシリーズ)が代表作。

 

ワーゲ・サンド

役名: IPヨルゲンセン。人情派の上級捜査官。

プロフィール:1943年生まれ。デンマークの俳優で、代表作は『フォロー・ザ・マネー』(2016‐2019年)。

 



 

UNIT ONE-特別機動捜査班-のあらすじ: 刺激的な犯罪事件を描く各シーズンの物語

「UNIT ONE-特別機動捜査班-」の物語は、各シーズンでどのように展開されるのか気になりますか?

シーズン1は、殺害された「UNIT ONE」のリーダー、トーベン・ロンネの後任として、イングリッド・ダールが新たなリーダーに就任するところから始まります。

彼女の指揮の下、さまざまなデンマークの地域で起こる犯罪事件に、捜査班が挑んでいきます。

 

シーズン2では、誘拐事件や企業家の死など、複雑な事件が次々と起こり、各メンバーの個人的な葛藤も絡み合いながら物語が進行します。

特に、フィッシャーの過ちやインゲリッドの家族問題など、キャラクターの内面が一層描かれています。

 

シーズン3では、行方不明事件から始まり、犯人の背後にある心理や組織の暗部が浮かび上がります。

個々のキャラクター同士の関係性もシーズンが進むにつれ変化し、彼らがそれぞれ抱える問題や試練が明らかになっていきます。

捜査の困難さと個人的な苦悩の間で揺れる彼らの姿は、このシリーズの見どころの一つです。

 



 

UNIT ONE-特別機動捜査班-の見どころ: スリル満載のプロットと多様な舞台設定が魅力

「UNIT ONE-特別機動捜査班-」は、実際にあった機動部隊がモデルになっています。

だから、緊張感のあるプロットと多様な舞台設定が特徴のドラマです。

 

デンマーク国内のさまざまな場所で事件が発生し、捜査班がその土地ごとに異なる問題に対処するため、各エピソードは地域ごとの個性が引き立っています。

見る者にとっては、常に新しい場所での捜査や解決方法を期待できます。

 

シーズンごとに新たな犯罪とキャラクターの成長が描かれますが、同時にメインキャストたちの人間関係の変化や個々の葛藤も物語の見どころの一つです。

犯罪捜査と並行して展開される登場人物たちの個人的なストーリーは、視聴者を一層ドラマに引き込みます。

 

さらに、このドラマはキャラクターの複雑さがリアリティを増しています。

例えば、イングリッド・ダールは仕事と私生活のバランスを取るために葛藤し、フィッシャーは大胆な行動がしばしば問題を引き起こします。

これらの要素が、捜査のスリルと人間ドラマを巧みに織り交ぜたストーリーを作り出しています。

 



 

UNIT ONE-特別機動捜査班-まとめ

なぜ「UNIT ONE-特別機動捜査班-」は国際的に高い評価を得たのでしょうか?

デンマーク発のこのドラマは、2000年から2004年にかけて放送され、緊張感のあるプロットとリアルなキャラクターが特徴です。

国際エミー賞を含む数々の賞を受賞し、その斬新なストーリーテリングが視聴者の心をつかみました。

 

多様な舞台で展開される事件や、登場人物たちの複雑な関係性が視聴者を引き込む要素となっています。

また、マッズ・ミケルセンやシャーロッテ・フィックなど、実力派の俳優陣がそれぞれの役柄に深みを与えており、演技力の高さも魅力です。

 

世界中で視聴者を獲得し続けている理由は、このような見ごたえあるストーリー展開とキャラクターにあるのかもしれません。

犯罪ドラマが好きな方や、異国の文化に触れたい方にとっては、見逃せない一作となるでしょう。

 

もちろん、マッツ・ミケルセンの若かりし頃を見たい方も多いと思います。

30代前半の彼の色気のある演技も見ものですよ。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました