サラ・ラッザーロ『DOC あすへのカルテ』アニェーゼの役づくりが深い!

ドラマ女優

『DOC あすへのカルテ』アンドレアの元妻アニェーゼ役を演じている、サラ・ラッザーロ。

イタリアでは、”たとえ白黒であってもスクリーンを突き破り、繊細かつ強烈に観客と対話することができる「スクリーンフェイス」の持ち主”と言われてるそうです。

このドラマでも、記憶を失った元夫の行動に揺れる元妻の心を、好演していますね。

そんな、サラ・ラッザーロの生い立ちや出演作品をご紹介します。

『DOC あすへのカルテ』でアニェーゼ役演じるサラ・ラッザーロの役づくりとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sara Lazzaro(@sara_lazzaro)がシェアした投稿

「アニェーゼは、多くの変化と喪失に直面した複雑な女性です。」

サラ・ラッザーロは、『DOC あすへのカルテ』で演じてい役づくりについて、このように話していました。

元夫で内科医長だったアンドレア(演:ルカ・アルジェンテーロ)が、12年の記憶を喪失。

亡くした記憶の中には、離婚したこと、その原因となったこともあるわけです。

元夫は、愛し合っていたころの夫に戻って、求愛をしてくる。

それだけを考えれば、心が乱れそうです。

ですが現在、自分は新しい人生を歩み出している。

もちろん、夫婦関係が壊るという苦しみを味わってもいます。

そういう時を経て、もう決心したのです。

そして、新しい恋人もいる。

では、このまま何も起こらないかと言うと、いろいろありそうです。

アニェーゼは、矛盾をはらんだ、もろい存在です。彼女は新しい弱さを発見し、それが彼女を前向きにさえることも、頑なになることもあります。」

”矛盾をはらんだ、もろい存在”って、何かが起こりそうですね。

アンドレアとの関係はどうなるのか?

そして、病院長としてのアニェーゼは、どう行動するのか?

サラ・ラッザーロが作り出すアニェーゼは、見れば見るほど、奥深いものがありそう。

ドラマの展開から、目が離せなくなりそうですね。

 

▼関連記事:こちらもご覧ください▼
『DOC あすへのカルテ』メインキャスト10人の私生活と出演作品まとめ。

ルカ・アルジェンテーロは若い頃に”アノ”映画に出ていた!『DOC(ドック) あすへのカルテ』主演俳優のプロフィール

 



サラ・ラッザーロの年齢・身長・生い立ち

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sara Lazzaro(@sara_lazzaro)がシェアした投稿

本名:Sara Lazzaro
生年月日:1984年12月15日
年齢:38歳
出生地:イタリア ヴェネト州パドヴァ県ロヴォローン
身長:158 cm

両親から影響を受けたサラ・ラッザーロ

サラ・ラッザーロの父親は、イタリア人のジャーナリスト。

母親は、アメリカ人で大学講師。

その両親から、彼女は多くを学んだと言います。

若い頃、プロのサッカー選手だった父から、『朝、ベッドから出なければならないときに、好きな仕事を選びなさい……』といつも言われていました。

そして母親からはアメリカ的な考えを、受け継いでいると言います。

「やりたいことをやる、でも分別を持ってやる。」

そういった教育を受けていたそうです。

そして、幼少期はパドヴァとカリフォルニアで過ごしていました。

両親から異文化の影響を受け、異国で暮す経験をしていたサラ・ラッザーロは、小さい頃から映画や美術、音楽に興味があったようです。

 

自由の学びは海を越えて

大学は、IUAV(ヴェネチア建築大学)に進み、視覚芸術と舞台芸術を専攻します。

そして、プロの女優としての道を歩むことを決意。

ドラマセンター・ロンドンに進み、パフォーマンス(映画演技を専攻)の修士号を取得します。

ドラマセンターは、イギリスでも歴史ある演劇学校で、卒業生には、コリン・ファースやエミリア・クラーク、トム・ハーディなどの世界的なスターも。

その後も、ニューヨークで演技の講習を受けています。

そのような経験を積んできた、サラ・ラッザーロ。

イタリアだけでなく、イギリスとアメリカでも、プロダクションに所属することができました。



イタリア、ロンドン、アメリカで活躍するサラ・ラッザーロの出演作

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sara Lazzaro(@sara_lazzaro)がシェアした投稿

このインスタポストは、サラ・ラッザーロの若い頃の宣材写真のようです。

初々しいですね。

そんなサラ・ラッザーロの経歴を辿ると、2001年に、舞台演劇で女優としてスタートを切りました。

2013年には、出演劇場のライジングスター賞を受賞しています。

若い頃から、将来を有望視されていたのですね。

 

舞台から映画・ドラマへ

そして、2009年の映画『Blind Maze(盲目の迷路)』でスクリーンデビューします。

さらに同年、映画『Dieci Inverni(十の冬)』に出演。

そして、2012年には、ドラマ『She died』ジルダ役でテレビデビュー。

さらに、2012年から2016年にかけて、数多くの映画・テレビドラマに出演しました。

その後、2016年には、アメリカ人がローマ教皇となるストーリーで話題となった、ジュード・ロウ主演のドラマ『The Young Pope』に出演。

さらにドラマ『Braccialetti Rossi (赤いブレスレット)』に、レギュラーとして出演します。

この話題作2作に出演したことで、サラ・ラッザーロ、広く注目を集めました。

 

ドラマ『ロックスターになりたかった』

2019年、ドラマ『ロックスターになりたかった』ではダニエラ役に。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lorenzo Mora(@lollo.mora)がシェアした投稿

 

映画『18 regali』

そして、乳がんでなくなる少女を描いた映画『18 regali』に出演。

サラ・サラ・ラッザーロは、カーラ役で出演しています。

『18 Presents』と言うタイトルで、Netflixで配信されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sara Lazzaro(@sara_lazzaro)がシェアした投稿

この映画の後、『DOC あすへのカルテ』のアニェーゼ役に出演することになります。

 

映画『ウェルカム・ヴェニス』

2021年、メインキャストとして映画『ウェルカム・ヴェニス』に出演。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sara Lazzaro(@sara_lazzaro)がシェアした投稿

この映画は、ベネチアを舞台に、漁師として暮らしていきたい兄と、都会的な生活を夢見る弟の葛藤を描いた群像劇みたいです。

世界的に有名になったサラ・ラッザーロは、現在も次々に新作の話しが、舞い込んでいるようですよ。

最新情報は、また改めてご紹介します。



サラ・ラッザーロの私生活。恋人・結婚・子供は?

サラ・ラッザーロのゴシップ情報は、過去も現在もありません。

これから、注目度が高くなると、いろいろなゴシップが出てくるかも。

私生活は、インスタをチェックしてみると、彼女は旅行が大好きなようですね。

海辺のリゾートが好きみたい。

ギターも弾けるようです。

休みの日は、弾き語りでリラックスをしてるのかも。

意外にも、サーフィンをやるようですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sara Lazzaro(@sara_lazzaro)がシェアした投稿


カリフォルニアにいる頃に覚えたのかも。

テニス、水泳、乗馬などにも興味があるようです。

幼い頃のまま、「好きなことを分別を持って」楽しんでいますね。

そんなサラ・ラッザーロの活躍に期待しましょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!

▼関連記事:こちらもご覧ください▼
マティルデ・ジョリ 彼氏と結婚間近?『DOC』主演女優は医師志望だった!

シモーナ・タバスコの年齢や性格は?『DOC(ドック) あすへのカルテ』の役づくりエピソード

ピエールパオロ・スポロンの恋人は?『DOC(ドック) あすへのカルテ』リッカルド役の年齢 身長 生い立ち



コメント

タイトルとURLをコピーしました