アナ・デ・アルマスは結婚してる?子供は?かわいい女優の出演映画・プロフィール

ドラマ女優

今、もっとも旬な女優アナ・デ・アルマス。

007シリーズ『ノー・タイム・トゥ・ダイ』のボンドウーマン役で世界的に注目されました。

さらにマリリン・モンローを描いた話題作『Blonde』がこの秋に公開予定です。

そんな、アナ・デ・アルマスのプロフィールをご紹介します。

アナデアルマス 結婚はしている?子供は?ベン・アフレックとの関係とは?

いきなりですが、アナ・デ・アルマスは、結婚経験があります。

23歳の時に、8歳年上のスペイン人俳優マルク・クロテットと、1年交際した後、2011年7月に結婚しました。

しかし、2013年に破局。

わずか1年半の結婚生活でした。

子どもはいませんでした。

離婚後、2014年にロサンゼルスに移住してアメリカで活動を開始。

2015年~2016年にかけて、タレントエージェントのフランクリン・ラット、アーティストのアレハンドロ・ピニェイロ・ベロ、ベネズエラの俳優エドガー・ラミレスとの交際報道がありました。

さらに、2019年11月から2021年1月まで、ベン・アフレックと交際。

ハリウッドセレブと新進女優の交際は、大きな話題となりました。

でも、16歳の年齢差と、子供もいたベンアフレックとの立場の違いもあったようで、一年ほどで破局となってしまいました。

その後すぐ、マッチングアプリTinderの副社長、ポール・ブカダキスとの交際が伝えられています。

ラテンの血を引くアナ・デ・アルマス。

恋愛体質のようですね。

▼こちらもご覧ください▼
ベン・アフレックは元恋人のジェニファー・ロペスと復縁?!新作とは!『最後の決闘裁判』


アナデアルマス かわいい女優の身長 年齢などプロフィール

本名: Ana Celia de Armas Caso
生年月日: 1988年4月30日
年齢: 34歳
出生地: キューバ サンタ・クルス・デル・ノルテ
身長: 168 cm

キューバ生まれのアナ・デ・アルマス。

父親は銀行の支店長や学校長、副市長などを歴任した人で、母親も教育省に勤めていました。

両親の経歴からすると、お堅い家系に思えますね。

なので、10代の頃は、インターネットを使えず、土曜日にアニメと日曜日の昼の映画のみ、観ることを許されたそうです。

とは言え、女優になることを夢見ていたようで、近所の知り合いの家で、ハリウッド映画を観ていました。

14歳の時に、キューバ国立劇場のオーディションに合格。

研究生として4年間の演劇コースに進みます。

同時にプロの女優としても、恋愛ドラマ『Una rosa de Francia』(2006年)などドラマや映画に出演をしていました。

卒業まで残りわずかとなった時期に、アナ・デ・アルマスは、演劇コースを退学してしまいます。

と言うのも、国立劇場の卒業生は、3年間の社会義務活動があり、キューバから出られない規則があるのです。

アナ・デ・アルマスは、母方の故郷であるスペインで女優活動を望んでいたため、卒業直前で退学を選択したのです。

そして、彼女はスペイン国籍取得し、18歳でマドリッドへ移ります。

すると、チャンスはすぐに巡ってきました。

スペインの青春ドラマ『El Internado』(2007年~)のメインキャストに抜擢されたのです。

その後6シーズンに渡って出演。

それ以外にも、青春コメディ『メンティラス・イ・ゴルダス』(2009年)などに出演し、スペインの人気女優となりました。

この頃、アナ・デ・アルマスは、「ハリウッド進出」と言う、さらに高みを目指していたようです。

彼女は、英語を話せなかったため、ニューヨークでの語学留学や、ハリウッド・エージェントと契約をしたりしています。

そして2014年に、ハリウッド女優の夢を掴むため、ロサンゼルスへ向かいました。


アナデアルマス  英語を克服してハリウッド映画に進出


スペインでのキャリアを投げうって、ロサンゼルスに移ったアナ・デ・アルマス。

最初は、英語があまり話せず、だいぶ苦労したようです。

ラテン系限定で役を獲得する手段もあったようですが、彼女はそれをしなかったようです。

彼女の最初の作品は、キアヌ・リーヴス主演のスリラー『ノック・ノック』(2015年)でした。

共演をきっかけに、キアヌから誘いを受け、『エクスポーズ 暗闇の迷宮』(2015年)でも共演をすることに。

彼女に与えたのはスペイン語を話す役。

さすがキアヌ。優しいですね。

そんな「キアヌ効果」もあったからなのか?、2015年の「世界で最も美しい顔100人」で、いきなり第9位にランクイン。

新進女優として注目されるようになります。

その後、映画『ウォー・ドッグス』(2016年)に出演。

最近『トップガン マーベリック』出演で話題の、マイルズ・テラーと共演しています。

この頃はまだ、英語の意味は分からないことも多く、セリフは、耳で聞いて覚えたそうです。

そして映画『ブレードランナー2049』(2017年)で、ライアン・ゴズリングと、恋人ジョイ役で共演。

さらに、ミステリー映画『ナイブス・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019年)では、ゴールデングローブ賞にノミネートされました。

大物俳優との共演で話題になったり、彼女自身の魅力への評価もうなぎ登りに。

そして、007シリーズの『ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年)でボンドウーマンのオファーが届きます。

英語を話せなかった女優が、たった数年で女優なら誰もが憧れる007シリーズへの出演が決まったのです。


 

アナデアルマス 007ボンドウーマン”パロマ”役に抜擢!


『ノー・タイム・トゥ・ダイ』でアナ・デ・アルマスが演じたのは、キューバのCIAエージェント、パロマ役。

出番はそんなに多くないのですが、キューバの地でジェームズ・ボンドをサポートする印象的な役柄でした。

カリー・ジョージ・フクナガ監督はこのキャラクターをアナ・デ・アルマスを想定して書いたそうです。

そして、監督自ら彼女に電話をかけ、このようにオファーしたそう。

「この映画に君のための役を作るから、ぜひ出てほしい」

007シリーズの監督にそんなこと言われたら断れないですよね。

そして、主演のダニエル・クレイグとは、『ナイブス・アウト/名探偵と刃の館の秘密』で共演していました。

二作続けての共演と言うことで、アナ・デ・アルマスにとっては、とっても心強かったそうです。

ダニエル・クレイグからも

「ただ楽しめばいいんだよ。心配しないで」

そう言って、何度も励ましてくれたそう。

彼女と共演した俳優は、また共演したいと思う人が多いらしいのです。

キアヌ・リーブスもそうですし、ライアン・ゴズリングの”また共演したいリスト”にも、彼女の名前が入っているそうです。

その理由は、なぜなのでしょうね。

なんとなく思うのは、”親しみやすさ”でしょうか。

「私は女優よ!」って言うオーラが、いい意味でないんですよね。

そして、ハリウッド女優として成功すると言う目標に向かって、頑張る姿勢でしょうか。

一生懸命さが、伝わるからでしょう。

頑張っている人って、周りも応援したくなりますよね。


 

アナデアルマス マリリンモンローを演じた『Blonde』は18禁!


アナ・デ・アルマスが主人公を演じるマリリン・モンローの伝記映画『Blonde』。

ジョイス・キャロル・オーツの同名小説を基に、50年代~60年代のマリリンを描いたフィクション映画です。

予告編を見ましたが、独特の笑顔がマリリンそっくりです。

そして、地下鉄の通気口の上で舞い上がるドレスを押さえる、あの超有名なシーンも、アナ・デ・アルマスは再現してくれるようです。

ストーリーも、今までにないマリリン・モンロー像が観られるようです。

ところが、この映画の性描写が過激だと言うことで、アメリカで「NC -17(18歳未満は鑑賞禁止)」に指定されてしまいました。

いろんな意味で、話題満載の『Blonde』は、2022年9月にNetflixで配信開始予定です。

その他、アナ・デ・アルマスの出演作品が目白押しです。

元恋人、ベン・アフレックと共演した官能スリラー『Deep Water(原題)』。

そして、ライアン・ゴズリングとクリス・エヴァンス主演のNetflix映画『The Gray Man(原題)』。

実は、スカーレット・ヨハンソンが出られなくなったため、アナ・デ・アルマスが出演することになった作品です。

ライアン・ゴズリングの”また共演したいリスト”効果ですかね?!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!


タイトルとURLをコピーしました