『ブラックリスト』キャスト ”勝手な人”ランキング(ネタバレあり)

バラエティー

超人気犯罪サスペンスドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト』。
2013年の放送開始からシーズンを重ね、シーズン10まで更新が決定しています。
その人気の秘密はなんと言っても、ストーリーの意外性。
それは登場人物の”勝手な行動に表れています。
今回は、そんな『ブラックリスト』キャストの、”勝手な人”ランキングを作ってみました。

『ブラックリスト』あらすじ

ある日突然FBIに出頭してきた、指名手配犯レイモンド・”レッド”・レディントン(ジェームズ・スペイダー)。彼は免責と引き換えに、凶悪犯罪者の”ブラックリスト”を提供するとしてFBIへの協力を申し出ます。また、情報は新人プロファイラーのエリザベス・”リズ”・キーン(メーガン・ブーン)のみに話すことを条件にしました。

なぜ指名されたのかも分からないまま、突然FBI特別作戦部(通称:郵便局)に連れて行かれたリズ。テロ対策本部長クーパー(ハリー・レニックス)の元で、FBI捜査官レスラー(ディエゴ・クラテンホフ)とCIA捜査官マリク(パーミンダ・ナーグラ)とともに、リストの犯罪者を追うことになります。



第10位 ハロルド・クーパー役/ハリー・レニックス

第10位は、FBIテロ対策部副部長のハロルド・クーパー。

この人、とってもいい人です。

部下のことを信じ、なにかあったら自分が責任をとる覚悟が出来ている人。

「いい人ランキング」だったらダントツ優勝です。

ただ、部下を信用するあまりリズの逃亡をサポートしたり、レディントンの死刑執行を防ぐために、大統領まで脅すといった、けっこう勝手なことをしちゃってます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿


<ハリー・レニックスのプロフィール>

生年月日:1964年11月16日(56歳)
出身地: アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ

出演TVドラマ:『マダム・プレジデント 〜星条旗をまとった女神』、『24 -TWENTY FOUR-』、『ドールハウス』



第9位 トム・キーン役/ライアン・エッゴールド

リズの夫で小学校の教師と言う仮面をかぶった潜入員。

もともとレディントンに雇われてリズに使づいたのに、次第にリズへの想いが親密な関係に変わってしまいます。

そんな勝手な行動をしたためレディントンにクビにされてしまいます。

そうしたら”ベルリン”に雇われレディントンと敵対するという勝手さ。

ただ、勝手な行動をするものの自分で責任をとるところがトムのいいところ。

例えば、リズに監禁されている際に、トムが殺した港湾職員の殺害容疑がリズにかかるや、彼女の無実を証言しましたね。

また、リズが司法長官殺害容疑で指名手配されると、黒幕のカラクルトを捕らえて、リズの罪を帳消しにしたり。

一番の勝手は、リズと子供を作ったのに死んじゃったことかでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿


<ライアン・エッゴールドのプロフィール>

生年月日:1984年8月10日(36歳)
出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州・レイクウッド

出演TVドラマ:『新ビバリーヒルズ青春白書』『ブラックリスト リデンプション』『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』

ライアン・エッゴールドの降板後の活躍については、こちらもご覧ください。



第8位 アラム・モジタバイ役/アミール・アリソン

FBIのIT担当捜査官。

職務上仕方がないのかもしれないけど、CIAのコンピューターにハッキングしたり、上司に内緒で逃亡中のリズに情報を流したり、そこそこ勝手なことをやってます。

一番は、女性スパイと交際してしまい、政府の機密情報を漏らしてしまう失態をしでかしてしまったことでしょうか?

彼の場合は、誰かのための勝手な行動なので、まだかわいい勝手さですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿


<アミール・アリソンのプロフィール>

生年月日:1978年3月24日(43歳)
出身地:アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス

出演TVドラマ:『ダラス』『H+』



第7位 デンベ・ズマ役/ヒシャム・タウフィーク

レディントンのボディーガード。

レディントンへの忠誠心は相当なもので、自分がどのような拷問にあっても裏切るような行動をしない。

そんなデンべは、リズがレディントンを警察に捕まえさせようと通報したのを、勝手に隠したことがありました。

レディントンへの忠誠心は無くなったのかと思いきや、レディントンを陥れようとするマクマーン司法長官代理を殺して、元鞘におさまります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿


<ヒシャム・タウフィークのプロフィール>

生年月日:1970年5月17日(51歳)
出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市

出演TVドラマ:『30ロック』



第6位 ドナルド・レスラー役/ディエゴ・クラテンホフ

レディントンを5年以上追いかけていたFBI捜査官。

ブラックリスト担当チームとなり、自らの信条を抑えながら、使命を全うしようとする姿に好感を呼びますね。

ところが、恋人を亡くしたショックで薬物依存症。

大統領諮問委員会委員長のヒッチンを殺してしまい、それを隠蔽しようとしたり、けっこう大きな勝手な行動もしてしまっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿

<ディエゴ・クラテンホフのプロフィール>

生年月日:1979年11月30日(41歳)
出身地:カナダ ノバスコシア州フレンチリバー

出演TVドラマ:『24 -TWENTY FOUR-』『マーシー・ホスピタル』『HOMELAND』



第5位 スーザン・ハーグレイヴ(スコティー)/ファムケ・ヤンセン

トム・キーンの本性クリストファー・ハーグレイヴの母親。

リズからトムとの間に生まれた娘アグネスを預かって育てます。

これだけ見るととってもいい母親、おばあちゃんなんですが、軍事会社ハルシオンの経営者の彼女は、裏でとっても勝手なことをしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿


<ファムケ・ヤンセンのプロフィール>

生年月日:1964年11月5日(56歳)
出身地:オランダ・アムステルフェーン

出演TVドラマ:『 NIP/TUCK マイアミ整形外科医』『ヘムロック・グローヴ』『ブラックリスト リデンプション』

ファムケ・ヤンセンの昔から現在までは、こちらもご覧ください。



第4位 ミスター・キャプラン/スーザン・ブロマート

レディントンが信頼する仕事人。殺害現場の清掃を迅速にこなす場面が多いのですが、医学や薬学にも精通してるんですね。

実は、リズの母親のカタリーナ・ロストヴァの友人であり、その関係からリズの乳母でした。

リズを救いたい思いでレディントンを勝手に裏切り、リズの死を偽装します。

結局ばれてしまい、レディントンに銃で頭を打たれるのですが、なんと以前受けた手術で鉄板が頭に入っていて一命をとりとめます。

その後もレディントンを破産させるなど復讐をするのですが、最後は橋から川に飛び込んで自殺してしまいます。

レディントンからすると、いきなり勝手な行動をとられて、困惑したでしょうね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿


<スーザン・ブロマートのプロフィール>

生年月日:1947年10月13日(73歳)
出身地:アメリカ合衆国

出演TVドラマ:『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』『ブル』『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』



第3位 マティアス・ソロモン/エディ・ガテギ

勝手に来て、勝手に誘拐や人殺しをしていく刺客。

レディントンの命を狙うため、”結社”が送り込んだ殺人マシーンです。

レディントンを誘い出すために、デンべの娘を誘拐しに家に忍び込んだ時、赤ちゃんを抱えて娘を脅す場面は、背筋に寒気が走りました。

そして、助けに来たデンべを拷問するシーンは、人の痛みをすべて知り尽くした怖さが伝わってきました。

「こいつ勝手に来て、なにやってやがる!」って。

そう思っていたら、トム・キーンの母が経営する「ハルシオン」と協力しリズの誘拐。

さらには、トム・キーンと行動を共にするなど、何者なのかよくわからない、視聴者の想像を無視した、勝手なキャラでもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿


<エディ・ガテギのプロフィール>

生年月日:1979年3月10日(42歳)
出身地:ケニア ナイロビ

出演TVドラマ:『Dr.HOUSE』『ブル』『StartUp/スタートアップ』

エディ・ガテギのかっこいいエピソードはこちらもご覧ください。



第2位 レイモンド・“レッド”・レディントン役/ジェームズ・スペイダー

「犯罪コンシェルジュ」として凶悪犯罪に関わってきたのに、FBIに出頭して免責を引き換えに「ブラックリスト」に載る凶悪犯罪者の逮捕に協力すると言う勝手な行動。

さらに、新人捜査官だったリズを交渉相手に勝手に指定する。

その勝手さは正体をコロコロと変えている点にも表れています。

実父かとリズが尋ねると否定。なのに、実は実父だったと判明する。

ところが、本当の実父をリズが幼少の頃に撃ち殺したと記憶が戻ると、今度は元ソ連のスパイで母カトリーナの恋人がレディントンに成りすましたってことに。

ところが、シーズン8では、実は違うらしい。

レディントンはいったい誰なんだ?もう勝手にしやがれ~。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿

<ジェームズ・スペイダーのプロフィール>

生年月日:1960年2月7日(61歳)
出身地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン

出演TVドラマ:『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』『ボストン・リーガル』『ザ・オフィス』

ジェームズ・スペイダーの若い頃の魅力はこちらもご覧ください。



第1位 エリザベス・“リズ”・キーン/メーガン・ブーン

勝手な人ランキング1位は、なんと言ってもリズでしょう。

とにかく自分勝手が過ぎますから(笑)

FBI捜査官なのに、夫のトムが殺した港湾局員の事実を知っているのに、すっとぼける勝手さ。

さらに、いくら裏切られたからって夫のトムを撃ってしまうし、結社のメンバーだと判ったとは言え、司法長官を撃ち殺すのはどうなの?

そして逃亡しているときは多くの仲間にウソついてるでしょう。

なのに、レスラーやっクーパーはリズを逃がしてあげて、ホントにイイ人だよね。

ミスター・キャプランは彼女の為にレディントンを裏切り、最後は自殺。妹のジェニファーもリズが危険なことやらせているわけでしょう。

最後は怖くて降りちゃったじゃないですか。かわいそうに。

それに、なんと言ってもレディントンを警察に逮捕させて、死刑判決が出て後悔してたけど、そうなるのって分かってたよね。FBIなんだから。

とにかくシーズンを重ねるにつれ、正義やFBIの使命でなく自分の感情に任せて勝手に行動してる感じですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Blacklist(@nbcblacklist)がシェアした投稿

<メーガン・ブーンのプロフィール>

生年月日:1983年4月29日(38歳)
出身地:アメリカ合衆国ミシガン州ペトスキー市

出演TVドラマ:『コールドケース 迷宮事件簿』『LAW & ORDER:LA』『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』

メーガン・ブーンの人気の秘密はこちらもご覧ください。

 

さて、まだまだ勝手な人はたくさんいます。

『ブラックリスト』はシーズン9まで更新されたようなので、もっと勝手な人が出てきそうですね。

それぞれの勝手な行動も楽しみ。

またの機会に更新します。お楽しみに!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました