『シカゴ・ジャスティス』キャストのプロフィール

バラエティー

ヒットメーカー、ディック・ウルフが手掛けるシカゴシリーズの第4弾『シカゴ・ジャスティス』。
検察の視点で「正義」をとらえた、じっくりとストーリーを味わうドラマですね。
そんなドラマのキャストも、味のある俳優たちが出演しています。
レギュラーキャストのプロフィールをご紹介します。

 

シカゴ・ジャスティス あらすじ

法廷を舞台に、検察官と捜査官からなる州検事の少数精鋭のチームがシカゴの街で大胆不敵に正義(ジャスティス)を追求。

高額な訴訟やメディアに取り上げられる事件を主に扱い、被告人に対する世論や権力闘争に対峙しながら、法に対する揺るぎない情熱をもって日々奮闘していく。



 

フィリップ・ウィンチェスター/ピーター・ストーン

本名: Philip C. Winchester
生年月日: 1981年3月24日
年齢: 41歳
出生地: モンタナ州 ベルグレイド
身長: 185 cm

正義感あふれる検事補ピーター・ストーンを演じる、フィリップ・ウィンチェスター。

子供の頃から俳優になる夢を抱いていたようです。

高校在学中に映画『沈黙の陰謀』の端役で出演。

卒業後に、ロンドン音楽演劇芸術アカデミーで3年間勉強しました。

2008年『クルーソー』で主人公のロビンソン・クルーソーを演じます。

サリバン・ステイプルトンとW主演の『ストライクバック:極秘ミッション』(2011年)マイケル・ストーンブリッジ役で話題になりました。

ピーター・ストーン役では、シカゴシリーズの他、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』にも出演しています。

私生活では、2008年からミーガン・コフリンと結婚。

2人の子供がいます。


ジョン・セダ/アントニオ・ドーソン役

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jon Seda(@jonseda)がシェアした投稿

本名: Jonathan Seda
生年月日: 1970年10月14日
年齢:51歳
出生地: ニューヨーク・マンハッタン
身長: 173 cm

シカゴ警察特捜班ハンク・ボイト(ジェイソン・ベギー )の右腕だった、アントニオ・ドーソン。

州検事局に転じて、主任捜査官となりました。

演じるジョン・セダは、『シカゴP.D.』から”異動”してきた俳優。

アマチュアボクサーとして活躍していた、ジョン・セダ。

俳優になるきっかけは、ボクシングでした。

ボクシング映画『ファイティング・キッズ』(1992年)のオーディションに合格。

俳優デビューとなりました。

リチャード・ギア主演の『真実の行方』や、ウィル・スミス主演『バッドボーイズ2バッド』など、数多くの映画にも出演。

テレビシリーズでは『ザ・パシフィック』のジョン・バジロン役が有名です。

『UCアンダーカバー 特殊捜査班』のジェイク・ショー、『女検察官アナベス・チェイス』レイ・ブラックウェル捜査官などにレギュラー出演しています。

私生活では、2000年に長年のパートナーであったリサと結婚。

4人の子供に恵まれています。

▼ジョン・セダの詳しいプロフィールはこちら▼

ジョン・セダ 結婚した嫁リサ・ゴメス、子供などインスタチェック!出演作『シカゴP.D.』や最新作を紹介。


ジョエル・カーター/ローラ・ネイゲル役

本名: Joelle Marie Carter
生年月日: 1972年10月10日
年齢: 49歳
出生地: ジョージア州 トマスビル
身長: 175 cm

州検事局の捜査官ローラ・ネイゲル役を演じるジョエル・カーター。

映画、テレビシリーズの出演が豊富な女優です。

テレビシリーズ『JUSTIFIED 俺の正義』(2010年~2015年)のアバ・クラウダー役でレギュラー出演。

その他『グレイズ・アナトミー』『 ザ・ルーキー 40歳の新米ポリス!?』などにゲスト出演。

私生活では、映画監督のアンディ・ベイツと結婚。

夫婦で「Blarma」という映画製作会社を経営しています。

 

モニカ・バルバロ/アンナ・ヴァルデス役

本名: Monica Maria Barbaro
生年月日: 1990年6月17日
年齢: 31歳
出生地: カリフォルニア州 サンフランシスコ
身長: 170 cm

ストーン検事補の次席検事アンナ・ヴァルデス役のモニカ・バルバロ。

ニューヨーク大学・ティッシュ芸術部でダンスの学位を取得。

バレエダンサーとしてキャリアをスタートしました。

その後女優の道に進み、コミカルな犯罪ミステリードラマ『The Good Cop』でメインキャストを務めています。

また、短編映画『It’s Not About the Nail』では初主演を果たしました。

最新作は、トム・クルーズ主演の人気映画『トップガン:マーベリック』に出演しています。


カール・ウェザース/マーク・ジェフリーズ役


ストーンの上司マーク・ジェフリーズは、時には政治的な判断を行う大物検事。

正義感みなぎるストーンと対峙することもしばしば。

演じるカール・ウェザースは、NFLのオークランド・レイダースに所属した、元アメリカンフットボールの選手です。

彼を俳優として有名にしたのは、シルヴェスター・スタローン主演の映画『ロッキー』(1976年)

無敵のヘビー級チャンピオンである、アポロ・クリードを覚えているファンも多いでしょう。

スピンオフ映画『クリード チャンプを継ぐ男』も含め、『ロッキー』シリーズに欠かせない俳優です。

その他、スピルバーグ作品の『未知との遭遇』 (1977年)や、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『プレデター』 (1987年)など数多くの映画に出演しています。

テレビシリーズでは、『ER緊急救命室』 (2008年~2009年)、『Colony』 (2016年)の他、『マンダロリアン』(2019年)では出演と監督も務めています。


シカゴ・ジャスティス まとめ

法廷を舞台にした『シカゴ・ジャスティス』。

個人的には、好きだったドラマです。

そう。過去形なのはシーズン1で打ち切りとなってしまったから。

じっくりと味わうドラマだけに、製作側ももう少し我慢して欲しかったですね。

主人公ピーター・ストーン役のフィリップ・ウィンチェスター、悪くなかったと思います。

『ストライクバック』でのマッチョなイメージが強かったのですが、スーツ姿の彼も、最初は違和感を感じましたが、これもアリだなと。

正義感を前面に出し、犯人を追い詰める演技は、迫力さえ感じました。

ジョン・セダは、役どころが、きれい過ぎたかも。

元々、一癖ある役どころが得意な俳優です。

検事局の捜査官と言うと、あまりダーティーな捜査もできないわけで。

やっぱり『シカゴP.D.』の方が活きますよね。

キャストの中では、アンナ・ヴァルデス役のモニカ・バルバロがいい感じでした。

若いながら、したたかさもある役柄を、上手く作っていたと思います。

今後の作品にも期待したいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!


タイトルとURLをコピーしました