クリス・プラット 筋肉スターは昔ポッチャリ?現在の妻は大物俳優の娘!

アクション俳優

クリス・プラット主演の『ターミナル・リスト』が話題ですね。

クリス・プラットと言えば『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、『ジュラシック・ワールド』、『アベンジャーズ』シリーズへの出演など、今最も注目を集める俳優の一人です。

そんな彼の私生活や生い立ちをまとめてみました。

クリスプラットの筋肉づくり 昔はぽっちゃり体型だった?

クリス・プラットの名を世界的に有名にした映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。実は彼、昔はお腹ポッコリのぽっちゃり体型だったのです。

そのため、この映画に出演するにあたり、超ハードなトレーニングを行い筋肉づくりを行っているんです。さて、どのような内容か見てみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chris pratt(@prattprattpratt)がシェアした投稿


この時の筋肉づくりには3つのパートに分かれていたようです。

①体力と筋力をつける
食事、運動、睡眠を十分にとる。食事は卵、玄米、プロティンパウダー、野菜、根野菜、さつまいもなど加工されていないものを中心にとる。運動はウエイトトレーニングは中心。

クリス談「もともとの体重は285パウンド(約129キロ)で、これを2カ月やった結果、10パウンド(約4.5キロ)しか減らなかったが、体は明らかに変わったね」

②体を絞る
接種カロリーを大幅に減らし、有酸素運動(インターバルやクロスフィット、水泳、ランニング、ボクシング、キックボクシング)を中心に行う。

クリス談「週に一度だけ、筋肉を作るための特別なワークアウトをやる。その日だけは、食事の内容も変わるが、ほかの日は、体重を減らすための食事だった」

③ボディーメイク
撮影当日までにベストの状態にするため、撮影リハーサルを行いつつ、複数のトレーナーと運動メニューをこなし、上半身づくりを行う。

このような過程を踏まえて、撮影当日を迎えたのです。

クリス談「あのシーンを撮影したのは7月。トレーニングを開始したのは1月だったから、6カ月かけたことになるね」

トレーニング前は、129㎏と身長が188㎝ある大柄の彼にしても、ちょっとぽっちゃりの体型。それを、半年をかけて筋肉づくりを行いました。

役者ってここぞと言うときに、カラダを限界まで突き詰めるんですね。ですが、ちゃんとトレーナーについて計画的に行っているため、定期的に好きなものをためたりする日と設けて、精神的なケアもしているそうです。

とは言えクリス・プラットはその日も、いつものトレーニングと食事を続けたようです。もともと高校まで、アメリカンフットボールとレスリングをしていたと言うクリス・プラット。

昔取った杵柄で、体の芯は筋肉づくりを覚えてたのでしょう。

それにしても、見事な筋肉を身に着けたものです。役者魂炸裂ですね。



クリスプラット今嫁はキャサリンシュワルツェネッガー。二人の結婚の馴れ初め、子供は?

クリス・プラットの今嫁は、”シュワちゃん”ことアーノルド・シュワルツェネッガーとジャーナリストのマリア・シュライバーの愛娘で、作家をしているキャサリン・シュワルツェネッガーです。

2018年6月交際を開始してから、2019年1月13日婚約を発表。その後、2019年6月8日に結婚をしました。


二人の出会いのきっかけを作った、母のマリア・シュライバー。彼女がクリス・プラットを娘のキャサリンに紹介したそうなんです。

既に、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のピーター・クイル / スター・ロード役として、スターダムに乗っていたクリス・プラットですから、婿としては申し分ないですよね。

ですが、クリス・プラットは当時バツイチの子持ち。年齢も12歳と一回りも年上の男性です。初婚でまだ30歳前の娘のキャサリンに、母としてどんな思いで彼を紹介したのでしょう。

実は、マリア・シュライバーは故ジョン・F・ケネディー大統領の姪という、超名門の出身。イメージとしては世間体などを気にしそうですけど。

きっと、クリス・プラットの気さくで謙虚な性格と、俳優になる前には様々な仕事についていた苦労人と言ったところが、母親としても安心できたのかもしれませんね。

そのな母の眼力が的中したかのように、クリス・プラットとキャサリンは交際して1年ほどで、ゴールイン。彼らには、リラ・マリア・シュワルツェネッガー・プラットという名前の娘が、2020年8月に生まれています。


クリスプラット 元嫁との子供が『トゥモロー・ウォー』の撮影現場で俳優体験! 離婚理由はジェラシー?

クリス・プラットの最初の結婚にも触れておきましょう。元嫁は女優のアンナ・フィリス。

2007年の映画共演がきっかけで、2009年に結婚。2012年にはジャック君を授かり、おしどり夫婦と評判でした。

しかし、2018年に突然のは破局報道が!

元嫁アンナ・フィリスのコメントによると、離婚の理由は彼女の「プライド」にあったようです。

今でこそクリス・プラットは超売れっ子スターですが、当時は売れない俳優。元嫁アンナの方が主演作もあり、売れていたそうです。

しかし、結婚~出産と仕事をセーブせざるを得ない状況が続き、女優としての仕事は以前のようにはいかず、夫の活躍に同じ役者としてジェラシーを感じたそうです。

人によっては、妻あるいは母になった段階で、女優よりも家庭を優先する人もいますが、華やかな場所にいた彼女ですから、一度味わった蜜の味が忘れられなかったのでしょう。役者同志の結婚はややこしいですね。

そんな中で一番の被害者は、長男のジャック君です。両親の離婚が6歳でしょ。子供としては、「なぜパパとママは一緒にいないの?」と理解できなかったのでは?

ですが、クリス・プラットも父としてキッチリとジャック君のことを大切にしているようです。再婚相手のキャサリンとジャック君との関係も、交際中から3人で出かける様子が見られるなど、とても良いようです。

また、パパの職場見学を良くしているようですね。最新作『トゥモロー・ウォー』の撮影では、エイリアンと戦ったり、アクション体験をや特撮など、セレブキッズならではの俳優体験を満喫したそうです。

両親の離婚と悲しい経験をしたジャック君、時間をかけて現実を受け入れ、元気を取り戻したようですね。

クリスプラット 昔はどんな人?身長や年齢、生い立ち。 映画『トゥモローウォー』も話題に。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chris pratt(@prattprattpratt)がシェアした投稿

本名 :クリストファー・マイケル・プラット
(Christopher Michael Pratt)
生年月日 1979年6月21日
年齢 :42歳
出生地 :アメリカ合衆国 ミネソタ州ヴァージニア
身長 :188cm

建築リフォームをしていた父ダニエル・クリフトン・プラットさんと母キャシー・ルイーズさんの間に生まれ、幼い頃にワシントン州レイクスティーブンスに移ります。

カリーとアンジーと言う二人の兄がいます。

地元のレイクスティーブンス高校に進み、アメリカンフットボールのクォータバックやレスリングで活躍していたそうです。

卒業後コミュニティ・カレッジで演技の勉強を始めたのですが、内容に納得がいかなかったようで、1学期で中退。

その後は、様々な仕事につきます。

クーポンのセールスマンやバーガーショップ、ホテルのルームサービス係などしていました。

他にもストリッパーの経験もあるようです!

とは言っても2回ほどバチェロレッテパーティー(花嫁の独身最後のパーティー)に出た程度らしいです。

その後、ハワイに渡るのですが、そこではあまり仕事にありつけず、ホームレス同然の生活をしていたようです。

そういえば『アクアマン』のジェイソン・モモアも同じようにハワイで放浪生活を送っていましたね。

ハワイと言うと日本ではリゾート地ですが、アメリカの若者にとっては、遠く離れた常夏の島ということで、現実逃避したくなってしまうのかな?

そんな生活をしていたクリス・プラットにチャンスが訪れます。

「ババ・ガンプ・シュリンプ」と言うカフェでウエイターをしていた時に、客として訪れた女優レイ・ドーン・チョンにスカウトされます。

彼女の監督する『Cursed Part3』で映画デビューを飾ります。

クリス・プラットが19歳の時でした。

その映画がきっかけとなり、俳優として才能が開花して、映画やテレビドラマに出演することになります。

2002~2006年にかけてテレビドラマ『エバーウッド 遥かなるコロラド』にブライト・アボット役でレギュラー出演。

このドラマには、 エミリー・ヴァンキャンプと共演。

当時この共演をきっかけに、二人は付き合っていたようです。

その後は、話題作に次々と出演を果たします。

『ウォンテッド』(2008年)、『マネーボール』(2011年)、ゼロ・ダーク・サーティ(2012年)、her/世界でひとつの彼女(2013年)『マグニフィセント・セブン』(2016年)、『パッセンジャー』(2016年)

そして何と言っても、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ、『ジュラシック・ワールド』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズなど人気シリーズに役を得られたのは、おいしいですよね。

一挙にハリウッドセレブの仲間入りをしたわけですから。

 

クリスプラットの出演作『トゥモローウォー』『ターミナル・リスト』

クリス・プラットは、最近、話題作への出演が続いています。

まず、映画『トゥモローウォー』では制作総指揮も兼ねて、主演のダン・フォレスターという元軍人を演じています。

2022年と2051年の時空を超えて、イヴォンヌ・ストラホフスキー演じる娘とともにエイリアンと戦う姿が泣けました。

最新作『ターミナル・リスト』では、極秘任務に敵が待ち伏せをしていたことに不信を抱えた、米海軍特殊部隊“Navy SEALs”の隊長役。

事実が明らかになるにつれ、自分と家族を取り巻く陰謀に立ち向かうと言うもの。

このドラマでは、クリス・プラットが「誇張されないリアルなアクションを楽しんでほしい」と語っています。

是非観ていただきたいので、ネタバレなしで。


さて、クリス・プラットの出演作品は、『ジュラシック・ワールド』の最新作もあり、ますますの活躍が楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!

▼こちらもご覧ください▼
イヴォンヌ・ストラホフスキー『チャック』のサラ役の結婚・出産など

エミリー・ヴァンキャンプの姉は日本にいるってホント?

ジェイソン・モモアのかわいい子供と妻。夢をかなえた筋肉俳優の若い頃から現在まで。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました