ジェーン・レヴィの身長や年齢、結婚などインスタを調べてみた!『ゾーイの超イケてるプレイリスト』主演女優のプロフィール。

ドラマ女優

今、アメリカで一番期待されている新進女優、ジェーン・レヴィ。
新作ドラマ『ゾーイの超イケてるプレイリスト』も新シーズンを迎えます。
躍動するダンスシーンと、ハートフルコメディの展開が楽しいですね。
主演のジェーン・レヴィは、意外なドラマや映画に出演している、若いながら経験も豊富な女優です。
そんな彼女の魅力を探っていきましょう。

ジェーンレヴィの身長や年齢、女優になるまでインスタチェック。

 

この投稿をInstagramで見る

 

jane levy(@janeclevy)がシェアした投稿


ジェーン・レヴィは1989年12月29日、ロサンゼルスに生まれました。

現在、31歳。若く見えます。

お母さんのメアリー・レヴィは芸術の才能に恵まれ、アーティストをしています。

お父さんのレスターはミュージシャン。

ジェーン・レヴィは幼い頃をカリフォルニア州北部にあるサンアンセルモで過ごしました。

子供の頃の写真とかインスタにないかなと思ったら、ありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

jane levy(@janeclevy)がシェアした投稿

今でも幼い感じですが、とてもかわいいですね。

7歳の時、彼女はミュージカル「オクラホマ」に出演していました。

しかし、13歳で演技をやめ、サッカーに熱中したかったようです。

ジェーン・レヴィは非常に活発でした。

サーフランシスドレイク高校で女子サッカーチームのキャプテン。

そして、ヒップホップダンスチームにも参加していました。

身長は156㎝とさほど大柄でもないのですね。

サッカーのポジションは、ミッドフィールダーってとこかな?

また、コミュニティ・シアターでアニーとオズの魔法使いの舞台にもたち、短期間ですがイギリスにも滞在していました。

興味のあることは何でもやらないと気が済まない性格なんでしょうね。

高校卒業後は、メリーランド州ボルチモアにあるガウチャー大学に入学。

しかし、1学期で中退。

ニューヨークにある女優ステラ・アドラーが創設したステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティングで学びました。

大学に行って「違う!」と思ったらすぐに方向転換。

そんな、行動力もあるようです。

2011年『シェイムレス 俺たちに恥はない』に、マンディ・マルコヴィッチ役で出演。

5エピソードほど出ています。

現在の天真爛漫なイメージとは違って、悪ぶった暗い少女の役柄でした。

ですが、画面での存在感は当時からありましたよ。

『シェイムレス 』のキャストは皆さんキャラ強めですが、その中にあっても、記憶に残る女優でした。

デビュー間もないながら、そんなインパクトを残せるって、やっぱり度胸が据わっているのかな。



ジェーンレヴィの恋愛事情!彼氏は?結婚はしているの?

ジェーン・レヴィは、2011年3月、21歳の時に俳優のハイメ・フレイタスと結婚しました。

やっぱり決断が早いですね。

ですが二人の仲がすぐにギクシャク。

その年の10月には離婚申請が出されました。

そして18か月間の別居を経たのち、2013年4月に正式に離婚しています。

離婚申請した2011年の10月から、俳優のトーマス・マクドネルと付き合い始めています。

これが離婚の原因なのかはわかりませんが、やっぱりやることが早い!



ジェーンレヴィ かわいい画像がたくさん!インスタをチェックしてみました!

ジェーン・レヴィのインスタをチェックしてみると、ゴールデングロープ賞ノミネートの投稿が目に飛び込んできました。

コメント欄にはこのようなメッセージが。

「ゴールデングローブ賞にノミネートされたHFPAに感謝します。とても光栄です!聖なる、すごい—私は興奮しています!!!!」

そうですよね。まだビッグな受賞はない彼女。

人気、実力派自他ともに認めるところ。

ここで大きな賞が欲しいですね。

そんな心境がうかがえるコメントがありました。

「(ノミネート発表の朝)目が覚めちゃったの。私の名前が発表される3分くらい前だったと思うわ。それで体を起こして、携帯をつかんだわけ。ツイッターで結果を知りたくてね」

ミュージカル/コメディ部門女優賞のノミネートには、実力派女優がズラッと。
リリー・コリンズエミリー、パリへ行く
ケイリー・クオコ「ザ・フライト・アテンダント」
エル・ファニング「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」
キャサリン・オハラ「シッツ・クリーク」

その中で、ジェーン・レヴィ「ゾーイの超イケてるプレイリスト」がしっかりとノミネートされていました。

しかし彼女、”レヴィ”の名を見つけた時に、ユージン・レヴィかダニエルの方かと思ったそう。

まぁ、本当のところは?マーク、報道用のコメント用かもしれませんね。

他にも目を移してみると、彼女の歌とダンスが動画で見られたり、楽しいですね。

彼女の歌声はとても軽やかで、ダンスはとてもダイナミックですよね。

アメリカ本国では、シットコム「Suburgatory(原題)」や映画『ドント・ブリーズ』で主演をはり、大ヒットを飛ばすスターと言える存在。

見る者の目をくぎ付けにする魅力を持っていますね。

もちろんジェーン・レヴィのキュートなスナップもたくさんアップされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

jane levy(@janeclevy)がシェアした投稿

それ以外にも、ドラマの共演者とのショットや、寝ぼけ眼や髪の毛ぼうぼうのオフショットがあったり、あとはBLMへ賛同するメッセージも。

とてもバラエティーに富んだインスタで、見ているだけでとても楽しい!



ジェーンレヴィの出演作品!映画「死霊のはらわた」にも出演していた!新作ドラマ「ゾーイの超イケてるプレイリスト」のみどころは?!


さて、ジェーン・レヴィの出演作を見てみましょう。

『シェイムレス』に出演した後、2011年~2014年の間、彼女はホームコメディの『Suburgatory』でキャリアの最初の主役を務めました。

その年のフォーブス誌で、ジェーン・レヴィは、「30歳未満の30人のリスト(未来の最も明るいスターのリスト)」の数少ないエンターテインメントスターの1人に選ばれています。

2012年には『そんなガキなら捨てちゃえば?(原題:Fun Size)』に出演。

その翌年にはホラー映画『死霊のはらわた』で、元々キャストされていたリリー・コリンズに代わって主役のミア役を演じました。

薬物依存患者でなおかつホラーの主役。

今のイメージと結びつきませんね。

ゾンビと一緒に踊る!なんてストーリーではないでしょうし。

(すいません。私はホラーがダメなので観ていません。。。)

その後も次々と映画やテレビに出演していますね。

<映画>
2014年 アバウト・アレックス  ケイト役
2016年 ドント・ブリーズ ロッキー役
同   モンスタートラック メレディス役
2017年 この世に私の居場所なんてない デズ役

<テレビ>
2014年 Kroll Show マディソン役(1エピソード)
2017年 ツイン・ピークス
2018年   キャッスルロック ジャッキー・トランス役
2019年 What/If 選択の連鎖 リサ役

 

そして、今出演中の『ゾーイの超イケてるプレイリスト』。

このドラマは、主人公ゾーイがある日突然、他人の心の内を聞くことができる能力身に着けます。

それはコトバで話しかえるのではなく、内に秘めた心情を、ダンスと共にヒットソングに乗せて歌いかけるのです。

ドラマの表面上は、エンターテイメントなミュージカルドラマです。

ですが、実のところ、家族が直面した苦難を、希望に満ちたハートウォーミングなストーリーに仕立ててあるようです。

もちろん、大人数でのダンスミュージカルシーンが圧巻。

もちろん彼女の歌声もキュートでダンスもダイナミックです。

プライムタイム・エミー賞スクリプテッド作品振付賞を受賞した、マンディ・ムーアの振付も楽しみです。

新シーズンが今から、楽しみですね!是非ご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました