ジェニファー・ローレンス 演技経験ゼロからアカデミー賞受賞に!愛され女優に迫る!

ドラマ女優

女優としてのキャリアわずか2年目の20歳で主人公を演じた映画「ウィンターズ・ボーン」でアカデミー賞をはじめ20以上の映画賞にノミネートされ、その2年後には映画「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー賞主演女優賞に輝いた奇跡の女優ジェニファー・ローレンス。

さぞかし鼻が高いかと思いきや、実は「普通の女の子」出身からアカデミー女優まで上り詰めたミラクル女優なのでした。

今回は、そんな愛され女優のジェニファー・ローレンスについて紹介します!


 

ジェニファー・ローレンスの現在は?


ジェニファー・ローレンスは、アメリカ・ケンタッキー州出身の女優です。

1990年8月15日生まれの現在31歳で、身長は175cmあります。

お酒とジャンクフードが好物でダイエットは苦手だそうですが、映画に出演しているジェニファーは細身でとってもスタイルが良いです。

一体どうやってその体型を維持しているのかが気になりますね。

ジェニファーはニューヨークでスカウトされ、その後女優になりたいと中学を中退し、オーディションを経て2008年に女優デビューを果たしました。

オーディション時は演技はまったくの未経験だったそうですが、未経験とは思えないくらいの演技を披露し、周りの人を驚かせたそうです。

演技の才能をすでに持っていたことがわかるエピソードですね。

その後20歳の時に主人公のリーを演じた映画「ウィンターズ・ボーン」ではその演技力が世界中で絶賛され、アカデミー賞をはじめ世界の映画祭20以上でノミネートや主演女優賞を獲得しました。

その2年後には映画「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、あっという間に世界的女優になりました。

演技未経験の普通の女の子が才能を発揮しアカデミー女優になるとは、まさにシンデレラストーリーですね。

そんなジェニファーは、現在も女優として活動しています。

最近では1年に1作品出演しているペースで、昔よりはたくさん出演していませんが、プライベートと仕事をうまく両立しているのでしょうね。


 

ジェニファー・ローレンスは結婚している?仏と呼ばれる夫は誰?

恋愛でもとてもオープンで、過去に数々の有名俳優と付き合ってきたジェニファー・ローレンス。

そんなジェニファーは、2019年に交際8ヶ月で結婚しました。

お相手はアートギャラリー・ディレクターのクック・マロニーという方です。

クックはとても温厚な性格だそうで、少々荒っぽいところがあるジェニファーとは反対の性格だそうです。

性格が真逆だからこそふたりはうまく調和しているようですね♪

クックはジェニファーが何をしても怒らないそうで、ジェニファーが結婚後も変わらず続けている親友との「お泊まり会」でも、嫌な顔ひとつせずに、自分はゲストルームで寝ることがあるようです。

優しすぎますね…

素敵な夫婦ですね。末長く幸せでいてほしいですね♪


ジェニファー・ローレンス、大人気映画「ハンガーゲーム」や「X-men」でメインキャストや重要人物を演じる!

ジェニファー・ローレンスは、大人から子供まで世界中にファンがいる映画のシリーズにメインキャストとして出演しています。

2011年にシリーズ第1作目が公開されたアクション映画の「ハンガーゲーム」では、主人公のカットニスを演じています。


矢を自由に操るジェニファー、本当にかっこいいですよね。

このドラマはアクション映画ですがヒューマンの要素もたくさんあって、敵や仲間の死に涙するジェニファーの演技には心を打たれます。

さらにジェニファーは、2011年に1作目が公開されたマーベル作品「X-men」にもメインキャストとして出演しています。

映画の中でジェニファーは変身能力をもつレイヴン・ダークホルム / ミスティークを演じています。

青い肌でも美しいのがよく分かりますね。

戦いのシーンも多いですが、軽々とアクションシーンをこなすジェニファーがとてもかっこいいです。

気になる方は、NetflixやAmazon primeなどでチェックしてみてくださいね。


ジェニファー・ローレンスの年収は?!

「ハンガーゲーム」や「X-men」など人気映画シリーズのメインキャストを努めるジェニファー・ローレンスの年収は、やはり桁違いなんです。

フォーブス誌の「世界でも最も稼いだ女優ランキング」で2015年と2016年で2年連続トップに立つほどの売れっ子ぶり。

2015年は5200万ドル(約64億円)を稼ぎ出し、2位のスカーレット・ヨハンソンから1600万ドル(約20億円)の大差をつけたほど。

2016年度も4,600万(約49億)と前年より下げたものの、1位となりました。

「3年連続か?」と思われた2017年は3位で、収入額は2400万ドル(約26億円)。「ハンガー・ゲーム」シリーズが一段落したこともあり、「ラ・ラ・ランド」がヒットしたエマ・ストーンに1位の座は譲りました。

2018年も1800万ドル(約20億)を稼いでおりトップ10の常連だったのでした。2019年以降はランク外となっていますがそれでも毎年1本の映画に広告契約を考えると、桁違いの年収は続いていると推測されます。

世界で愛される女優、ジェニファーの活躍に、これからも期待しましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました