アリ・ラーターのクレアは『バイオハザード』だけじゃなかった!結婚・子供などインスタに意外な顔が!

ドラマ女優

アリ・ラーターと言えば、『HEROES』のニキ役、『バイオハザード』のクレア役で世界的に有名な女優ですね。
最近は、ネイサン・フィリオン主演の人気ドラマ『ザ・ルーキー』にも、シーズンレギュラーで出演しています。
人気が絶えないアリ・ラーターのプロフィールと、『HEROES』『バイオハザード』のエピソードをまとめてみました。
もちろん、彼女の結婚相手や子供のこともご紹介します。

アリ・ラーター 『バイオハザード』のクレア役がかっこいい

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ali Larter(@alilarter)がシェアした投稿

アリ・ラーターの代表作と言えば、『バイオハザード』シリーズがありますよね。

「クレア車団」と言う人類の生き残りチームのリーダー、クレア・レッドフィールド役。

長い髪をなびかせ、荒野を進む姿がかっこよかったですね。

『 バイオハザードIII』(2007年)、『 バイオハザードIV アフターライフ』(2010年)、『バイオハザード: ザ・ファイナル』(2016年)と、シリーズ3作に出演しています。

主演のミラ・ジョボビッチとはこの作品を通じて、強い友情が生まれたそうなんです。

アリ・ラーターは、こんなコメントをしていました。

私たちは本当に仲の良い友達なの。ランチを食べる時には子供たちに遊び場所を作って一緒になって遊んで、それからまたガンベルトを身体に巻き付けて全力で仕事をするの。

お互いワーキングマザーということもあって、共感する部分が多かったようです。

エンタメの世界は華やかさが目立ちますが、一番に母であり、妻であることは二人とも一緒の考えなのでしょう。

それにしても、「子供と遊んでから、ガンベルトをして仕事」ってギャップがすごいですね。

どの国でも、”母は強し”です!


アリ・ラーター 『ファイナル・デスティネーション』のクレア役がかわいい

アリ・ラーターは、『バイオハザード』シリーズのかっこいいクレア役以外に、もう一つ、かわいいクレア役を演じています。

映画『ファイナル・デスティネーション』で、クレア・リヴァースと言う高校生役です。

この映画は、ホラー・サスペンス。

主人公のアレックスが、パリへ修学旅行に向かう飛行機が爆発する予知夢を見ます。

アレックスはその予感を信じ、同級生や乗客たちに搭乗しないよう訴えかけます。

アリ・ラーターが演じるクレアは、同級生のアレックスとともに飛行機を降ります。

パリに向かった飛行機は、離陸後に大爆発。

急死に一生を得たのですが、その後も次々にアレックスやクレアたちに、死の危険が繰り返し訪れると言うストーリー。

物語はホラーですが、高校生役のアリ・ラーターがかわいい!

当時23歳くらいだと思いますけど、初々しいんです。

アレックス役はデヴォン・サワが演じていました。

マギー・Q主演のドラマ『NIKITA / ニキータ』で、オーウェン・エリオット役を務めていた俳優です。

この『ファイナル・デスティネーション』はその後、シリーズされて5作品作られました。

アリ・ラーターはこのクレア・リヴァース役で、続編の2003 『デッドコースター』に出演して、死の恐怖に怯える「絶叫女王」として有名になりました。


アリ・ラーター 身長・年齢など基本プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ali Larter(@alilarter)がシェアした投稿

本名 Alison Elizabeth Larter
生年月日 1976年2月28日
年齢 46歳
出生地 ニュージャージー州チェリーヒル
身長175センチ

アリ・ラーターは、子供の頃から飛びぬけてかわいかったようです。

14歳の時、街を歩いているときにスカウトされ、メジャーリーグ、フィラデルフィア・フィリーズのCMに出演します。

それをきっかけに、ニューヨークの名門フォード・モデル・エージェンシーとモデル契約を結びました。

その後、モデルとして世界を飛び回り、17歳の時には日本に少し住んでいたようです。

その後、アリ・ラーターは女優を目指し、ロサンゼルスで本格的に演技を勉強します。

女優としての最初の仕事は、テレビシリーズ『シカゴ・サンズ』(1997年)です。

この番組は、若き日のジェイソン・ベイトマン(『オザークへようこそ』)が主人公のシットコムでした。

アリ・ラーターの若い頃で有名なのが、高校アメフト映画『Varsity Blues』(1999年)のビキニシーンです。

写真をお見せできないのが残念。

イメージで言うと、イタリアのお菓子で、「Le Minne di Sant’Agata”聖アガタの乳房”」って言うのがありますよね。

あんな感じで、ホイップクリームを使ってバストとアンダーを隠しただけで登場しました。

今のアリ・ラーターからは想像できませんね。

実はこの映画、けっこうお宝作品で『ワイルド・スピード』シリーズのポール・ウォーカー、『HAWAII FIVE-0』のスコット・カーン、そしてアンジェリーナ・ジョリーの父ジョン・ヴォイト、なども出演しています。

そして、ホラーサスペンス映画『ファイナル・デスティネーション』(2000年)に出演し、話題に。

これは続編も製作された、彼女の”あたり作品”なので、後半の章で詳しくお伝えしますね。

2001年には、リース・ウィザースプーンと共演したコメディ『キューティ・ブロンド』に、ブルック・テイラー・ウィンダム役で出演しています。

2002年になると、アリ・ラーターは心機一転ニューヨークに移ります。

仕事は順調に入ってきていたのですが、この頃、アリ・ラーターは女優としてのキャリアを見つめ直していたようです。

まずは、”あたり作品”『ファイナル・デスティネーション』の続編『デッドコースター』に主演。

一方で、舞台も経験しています。

2004年には、映画『Three Way』では、主演の他、プロデューサーも務めました。

この時期、いろんなチャレンジをしていますね。

30歳を前にして、女優として「自分らしさ」をどう作るか、悩んでいたのではないでしょうか。

そして、2005年にロサンゼルスに戻り、『HEROES』のオーディションを受けることになります。

ここでニキ・サンダース役を獲得。

「アリ・ラーターらしさ」が次第に出来上がっていくのです。


アリ・ラーター ドラマ『ヒーローズ』で演じたのは何役?


アリ・ラーターが『HEROES』で演じていた役は、いろんな顔がありましたね。

いったい、何役あったのでしょうか?

まず、シーズン1では、マイカと言う子供の母、ニキ・サンダースとして画面に登場します。

ニキ・サンダースは解離性同一性障害で、ジェシカのキャラクターも持っています。

ジェシカとなった時に、超人的な力で、象をも引き裂くほどの怪力を発揮します。

そして、次第にニキがジェシカの人格をコントロールできるようになり、その能力も使えるようになります。

シーズン2では、ジェシカの代わりに「ジーナ」と言う人格が現れ、ニキの意に反して夫を殺してしまいます。

ニキはもう一人ではコントロールが出来ないと判断し、療養施設に入るのですが、火事で死亡してしまいます。

シーズン3になると、アリ・ラーターはニキとそっくりな、政治アドバイザーのトレイシー・ストラウス役として登場します。

ニキとジェシカだけでもややこしかったのですが、このトレーシーが出てきて、途中から、意味不明になった人も多かったのでは。

アリ・ラーターが演じた役の設定を整理すると、ニキ、トレーシー、それにバーバラと言う一卵性の三つ子で、それぞれ別々に養われたって言うことらしいです。

私も、ニキとジェシカの二重人格まではついていけたのですが、マイカの母だけに「まぁ、いいか!」って観てました(笑)


 

アリ・ラーターの結婚相手や子供たちをインスタチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ali Larter(@alilarter)がシェアした投稿

アリ・ラーターの結婚相手は、ヘイズ・マッカーサー。

『ママと恋に落ちるまで』のカート役で出演している俳優です。

二人は2005年に出会い、2007年12月に婚約をしました。

そして 2009年8月1日に結婚。

2010年12月に息子のセオドア・ヘイズ君、2015年1月に娘のヴィヴィアン・マーガレットちゃんを授かりました。

アリ・ラーターのインスタには家族の写真が頻繁に載っています。

実はアリ・ラーター、2013年には料理本「Kitchen Revelry」も出版しているのです。

とても家庭的な女性なんですね。


アリ・ラーターの魅力 まとめ

元役者でビジネスコーチの視点で見た、アリ・ラーターの魅力。

それは、「自分らしさ」がしっかりしているところだと思います。

『キューティ・ブロンド』に出た後、「自分らしさ」を求めて、ロサンゼルスからニューヨークに移りましたね。

その頃に、自分のことを理解すること、自分肯定感を持つこと、そしてそれをしっかり開示することが出来たのだと思います。

それがしっかりあると、自分が強く持てるし、人には優しくなれます。

その後の『HEROES』のニキ役では、ふり幅のある演技が生まれました。

『バイオハザード』の人類の生き残りチームのリーダー、クレアは、まさしくアリ・ラーターそのものと言ってもいいのでは?

「自分らしさ」をしっかり持ていることって、大切ですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!


タイトルとURLをコピーしました