オリビア・クック身長・年齢「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」のスター結婚相手は?

オリヴィア・クックは、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の女王アリセント・ハイタワー役で輝かしく輝き、その微妙な演技で観客を魅了しています。

『レディ・プレイヤー・ワン』や『ベイツ・モーテル』など、テレビや映画で傑出した役を演じてきた彼女は、キャラクターに深みを与えることで知られる多才な才能を持っています。

スクリーンの外では、彼女の興味深い私生活が彼女の魅力をさらに高め、彼女を最も注目すべきスターの一人にしています。

 



 

オリヴィア・クックの身長・年齢やプロフィール

本名: Olivia Kate Cooke
生年月日: 1993年12月27日
年齢: 30歳
出生地: イギリス オールダム
身長: 166 cm

オリヴィア・クックの歩んできた道をご存知ですか?

彼女は1993年にイギリスのマンチェスターで生まれ、16歳でオールドハム・シックスフォーム・カレッジに入学し演技を学びました。

その後18歳でロンドンに移り住み、演技のキャリアを本格的にスタートさせました。

 

2013年に放映開始したスリラードラマ『ベイツ・モーテル』でのエマ・デコディ役が、彼女のキャリアを一躍押し上げました。

シリーズ全50話のうち44話に出演し、ノーマン・ベイツの親友として強い存在感を示しました。

 

その後、映画『ぼくとアールと彼女のさよなら』(2015年)では難病を患うレイチェル役を演じる際、役作りのために自ら頭を剃るという本格的な姿勢が話題になりました。

同年に出演した『シグナル』や、翌年の『サラブレッド』でも存在感を示し、2018年にはスティーヴン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー・ワン』でサマンサ/アート3ミス役を務めました。

サイエンスフィクション作品でもその演技力をいかんなく発揮し、幅広いジャンルでの適応力を証明しました。

 

テレビシリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』(2022年~)では、アリセント・ハイタワー役でさらなる人気を集めています。

彼女はキャラクターの内面に深く入り込み、物語の中心にいる重要な役柄として、アリセントの心の葛藤や変化を見事に表現しています。

オリヴィア・クックのこれからの活躍も楽しみですね。

 



 

オリヴィア・クック「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」でブレイク

皆さん、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』でのオリヴィア・クックの役どころを知っていますか?

彼女はこのシリーズで、強い信念を持ちながらも複雑な心の葛藤を抱えるアリセント・ハイタワーを演じています。

2022年から始まったこのドラマは、『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚として制作され、ターガリエン家の内紛を描いています。

 

クックはこの役柄で、父親オットー・ハイタワーと結託して王国の権力を握るための戦略家としての一面と、愛する家族を守る母親としての姿を見事に演じ分けています。

彼女が演じるアリセントは、物語が進むにつれて善悪の境界が曖昧になるキャラクターであり、物語全体の緊張感を高めています。

 

このドラマのプロデューサー陣は、オリヴィア・クックの演技力を高く評価し、彼女の役作りに敬意を表しています。

彼女自身も、この役柄に関して過去の作品で培った演技経験が大いに活かされたと述べており、特に複雑な感情の表現に重点を置いて演技に臨んだといいます 。

 

さらに彼女は他のプロジェクトにも積極的に取り組んでいます。

映画『ピクシー 復讐と逃亡』(2020年)では犯罪に巻き込まれる主人公ピクシーをコミカルに演じ、『サウンド・オブ・メタル -聞こえるということ』(2019年)では聴覚を失いつつある恋人を支えるルー役で新たな側面を見せました。

彼女の多才な演技力は、この先の作品でも引き続き注目されるでしょう。

 



 

オリヴィア・クックの結婚は?彼氏はいる?

オリヴィア・クックのはウェールズの俳優ジェイコブ・イファンとパートナー関係にあります。

ジェイコブ・イファンは、オリヴィア・クックと同じ1993年生まれの30歳。

ウェールズのカーディフ出身の俳優です。

BBCの警察ドラマシリーズ『Cuffs』のジェイク・ヴィッカーズ役でや、犯罪ドラマ『Bang』(2017–2020年)でサム・ジェンキンス役など主演をつとめ注目を集めていました。

 

ジェイコブ・イファンとパートナー関係になる前は、イギリスの俳優アレックス・ローやアメリカの俳優クリストファー・アボットと交際をしていました。

その他にも、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のロジャー・テイラー役をやっていたイギリス人俳優ベン・ハーディと一時期の交際しています。

 

過去の彼氏は3人とも好青年風の顔だちですね。

ですが現在のパートナーであるジェイコブ・イファンは、ワイルド系。

遊ぶ彼氏と結婚する男性とは違うと言いますが、まさにそんな感じです。

 

まぁ、ジェイコブ・イファンは内面はとても優しそうなので、オリヴィア・クックはそこに惹かれたのではないでしょうか?

勝手に想像していますけど。

 

結婚という形にはなっていない二人ですが、末永くお幸せに!

 


 

オリヴィア・クックの出演映画とドラマのおすすめは?

オリヴィア・クックは、演技の幅広さと献身的な役作りによって多くのファンを魅了し、業界内で高い評価を得ています。

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』でアリセント・ハイタワーを演じたことで、彼女はテレビ界における一流の女優であると認識されました。

『レディ・プレイヤー・ワン』でサマンサ役を演じたことも、映画ファンの間での人気を一段と高めました。

 

彼女は常に新しい挑戦を求めており、最近では2023年公開の『グッド・マザー』でオスカー女優ヒラリー・スワンクとメインキャストを務めます。

クックが演じるのは、家庭の中で強い愛情を持つペイジ役で、彼女の感情表現が存分に発揮されることでしょう。

 

また、クックの人気が高まるにつれ、ブランドやファッション界からの注目も増しています。

複数のメディアで取り上げられ、ファッション関連のイベントにも積極的に参加しています。

彼女のスタイルは、シンプルながらも洗練された美しさで、多くの人々から支持されています。

 

オリヴィア・クックは、多才でありながらも人々を惹きつける魅力を持っており、その存在感と多面的な才能で今後も映画界やテレビ界に影響を与え続けることは間違いありません。

彼女が次にどのようなプロジェクトに挑戦するのか、ますます楽しみになりますね。

 



 

オリヴィア・クックまとめ

・オリヴィア・クックは1993年にイギリスで生まれ。

・ドラマ『ベイツ・モーテル』でのエマ役でブレイク。

・『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』でアリセント・ハイタワーを演じ、シリーズの核となる。

・現在のパートナーはウェールズ出身の俳優ジェイコブ・イファン。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました