ドウェイン・ジョンソンの若い頃から現在まで。最も稼ぐ俳優の年収は?

アクション俳優

ドウェイン・ジョンソンと言えば、言わずと知れた「世界でも最も稼ぐ俳優」です。
そんなドウェイン・ジョンソンも若い頃は、挫折や苦悩の時期もありました。
彼の若い頃から現在までを振り返ります。


ドウェイン・ジョンソンの若い頃。 現在、世界で最も年収を稼ぐ俳優の身長、年齢、生い立ちなど基本プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

therock(@therock)がシェアした投稿

本名 :ドウェイン・ダグラス・ジョンソン
Dwayne Douglas Johnson
別名 :ザ・ロック
生年月日 :1972年5月2日
年齢 :49歳
出生地 :アメリカ合衆国カリフォルニア州ヘイワード
身長 :196cm

ドウェイン・ジョンソンは、現在、ハリウッドで最も稼ぐ俳優として知られています。

若い頃は、プロレス団体WWEの”ザ・ロック”として絶大な人気を誇っていました。

実は、母方の祖父も伝説のサモア人レスラー、”ハイ・チーフ” ピーター・メイビアで、父も人気黒人レスラー、”ソウルマン” ロッキー・ジョンソン。

三代に渡るレスラーの家庭に生まれました。

とは言え、高校、大学時代はアメリカンフットボールの花形選手として活躍。

マイアミ大学在学中の1991年シーズンでは、オレンジボウルに勝利しているんですね。

若い頃からアスリートとして、優れた才能があったのでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

therock(@therock)がシェアした投稿


卒業後はNFL入りを熱望していたのですが、ドラフトにかかりませんでした。

次のチャンスを掴もうと、カナディアンフットボールリーグへ。

しかし1年で解雇されてしまいます。

ちなみに、インスタのコメントには、退学卒業後はCIAに入りたいってコメントがありますけど(笑)

その後、父親がコーチとなり1995年にプロレスデビュー。

最初のギャラは40ドルだったそうです。

当時は円高で1ドル80円足らずでしたから、1試合3,200円!

現在、ハリウッドで最も稼ぐ男も若い頃は、そんな時代があったのですね。


ドウェイン・ジョンソン すごいのは年収だけじゃない!アンダーアーマーやマイクロソフトとコラボなど影響力がすごい!

ドウェイン・ジョンソンが、米経済誌フォーブス「世界で最も稼ぐ俳優」部門の1位になったのが2016年度。この年の収入は6450万ドル。(70億9,500万円)

その後もランクインし続け、2019年度は一挙に8940万ドル(約95億円)にアップして首位に返り咲きました。

さらに2020年度は8750万ドル(約92.7億円)で二年連続の首位に。

主演を務めたNetflixのオリジナル映画『Red Notice』の出演料が2,350万ドル(約25億円)。

それに加えて、人気スポーツブランド、アンダーアーマーとコラボした「PROJECT THE ROCK」も大きな収入源となったようです。

そして、そんな金も人気もあるドウェイン・ジョンソン、「ザ・ロック基金」を設立。

病気や生活環境に恵まれない子供たちを、支援する活動を行なっているのです。

肉体鍛錬を通して子どもたちが心身ともに成長できるようなプログラムなんですって。

”ザ・ロック”らいしいですね。

自らも病院に出向いて、子供たちと会話したり一緒にゲームをしたりして、子供たちに笑顔と勇気を与えているのだとか。

その他にも、マイクロソフト社とともに、小児病院にいる子供たちにカスタムXbox Series Xを寄付したりしています。

約5万人の子供たちがゲームを楽しめるそうですよ。

自分自身は元より、大企業と提携して慈善活動を広げられるのも、ドウェイン・ジョンソンの影響力のすごさですね。


ドウェイン・ジョンソンは結婚している?現在の嫁は?

2019年8月に12年来連れ添い2児をもうけたシンガー兼音楽プロデューサーのローレン・ハシアンと結婚をしました。

ドウェイン・ジョンソンの故郷ハワイで超極秘に行われた挙式は、長女のジャスミンちゃん(当時3歳)と次女のティアナちゃん(当時1歳)も愛らしい笑顔で参列したそうです。

幸せの極みだったでしょうね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

therock(@therock)がシェアした投稿


二人の馴れ初めは2007年に公開された映画「ゲーム・プラン」の共演でした。

交際して10年以上も結婚に踏み切れなかった理由は何だったのでしょうか。

実はドウェイン・ジョンソン、高校時代から交際していたダニー・ガルシアと1997年結婚したのですが、11年後の2008年に離婚をしているのです。

その間には長女のシモーヌ・ジョンソンを授かっています。

いろいろインタビューに答えている内容からすると、この離婚がトラウマとなっているようなんです。

見た目からすると、「失敗したら失敗したでしょうがない、前進あるのみ!」ってガンガン行きそうな感じがするのですけど、意外と繊細なんですね。

それだけ、相手を大事に考えているってことでしょうね。

ローレン・ハシアンと結婚する前のインタビューでこのようなコメントをしているのです。

「僕は、1度、誰か(ダニー)と恋に落ちるという幸運に恵まれた。でも、また別の誰か(ローレン)と恋に落ちることができるなんて。僕みたいな人間が2度もそんな幸運に見舞われるのは、そう簡単なことじゃない。僕は、ラッキーなクソ野郎だ! 」

元妻にも今の彼女にもリスペクトを感じさせる、すばらしいコメントなんでしょう。

リングでのマイクパフォーマンスでファンを魅了したドウェイン・ジョンソンの、面目躍如と言ったところでしょうか。

元妻のダニー・ガルシアとはマネジメントの仕事でドウェイン・ジョンソンに関わっているそうです。

現在はモデルとして活動している、シモーヌ・ジョンソンとも良きパパのようですよ。


 

ドウェイン・ジョンソン 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』同様、今後もワイスピには出ない?!

映画『ワイルド・スピード』シリーズでホブス役を務めるドウェイン・ジョンソン。

彼が出演してワイスピの人気がより高まりましたね。

しかし、ドウェイン・ジョンソンは今後製作される、ワイスピシリーズの続編には出演しないらしいのです。

第9弾の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』と同じく、第10弾、第11弾にも出演しないことを、The Hollywood Reporterインタビューで答えていました。

『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)撮影中におきた、ヴィン・ディーゼルとの確執は有名です。

その後、大人の対応で互いに歩み寄ったように見えたのですが、やっぱりまだ何かあるのでしょうか?

ですが、主演を務めるスピンオフ、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の続編は企画されているそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

therock(@therock)がシェアした投稿


ドウェイン・ジョンソンファンとしては、なんとも楽しみですね。ジェイソン・ステイサムヴァネッサ・カービーも出演となれば、これは本家に回るとも劣らないくらい魅力的です。

ヴィン・ディーゼル臭の強い『ワイルド・スピード』には出演しなくても、『スーパーコンボ』シリーズとして成り立つのではないでしょうか。

本家、ワイスピシリーズよりも人気が出てしまうように思えますね。

最も稼ぐ俳優、ドウェイン・ジョンソン。どんなエンターテインメントを繰り広げてくれるのでしょうか?

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
では、また!


コメント

タイトルとURLをコピーしました