メ―ガン・ブーン『ブラックリスト』降板理由とは?夫や出産後の子供は?

ドラマ女優

こんにちは!
大ヒットドラマ『ブラックリスト』の主人公エリザベス・キーン役で人気の、メ―ガン・ブーンをご紹介します。
無名の彼女が大抜擢され、そのチャンスを見事につかみ取った実力は見事ですね。
そんな彼女のプロフィールは?どんな性格?夫との関係は?
そして『ブラックリスト』降板理由についてもお伝えします。

メーガンブーン 降板理由は?『ブラックリスト』はどうなる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megan Boone(@msmeganboone)がシェアした投稿

大人気ドラマの『ブラックリスト』のエリザべス・キーン役で、一躍スターダムに駆け上がったメーガン・ブーン。

ジェームズ・スぺイダー演じるレイモンド・”レッド”・レディントンとともに、人気ドラマを引っ張ってきました。

しかし、シーズン8のラストエピソードをもって降板となりました。

降板理由は、役柄へのマンネリや、今後のキャリアを考えてのことと言われています。

とは言え、先に降板した夫役のライアン・エッゴールドのように、主役のドラマが決まっているわけでもなさそうです。

とは言え、自身のプロフダクションを立ち上げ、ソニーピクチャーズと次回作の企画を進めることになっているみたいですね。

メーガン・ブーンの降板した『ブラックリスト』は”レッド”中心の展開になり、新たな魅力が生まれ、ファンも興奮しているようです。


 

メーガンブーン 身長・年齢。『ブラックリスト』大抜擢のプレッシャーに押しつぶされなかった理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megan Boone(@msmeganboone)がシェアした投稿

生年月日: 1983年4月29日
年齢: 39歳
出生地: ミシガン州 ペトスキー
身長: 169 cm

メーガン・ブーンは、誕生日占いによると「強き信念を持つ熱き騎士」だそうです。

エネルギーに満ち溢れ、情熱的。物事に一心に取り組み、目標に向かって邁進するタイプ。

一方で気配り理性と感性のバランスがとても優れている人。

『ブラックリスト』のリズのキャラクターにピッタリですね。

ミシガン州ペトスキー市で生まれた後、フロリダで育っています。

大学はフロリダ州立大学などで演劇を学んでいます。

実は、『ブラックリスト』に出演中、しかも育児をしながら、ニューヨーク州のバード大学
で経営学修士過程に進んでいます。

サステイナビリティ学を専攻して、現実社会の変革にかかわる運動のリーダーになりたいのだとか。

確かに地球温暖化や資源の問題で、持続可能性やSDGsなどが日常の暮らしで当たり前なってきました。

そして、自らも子どもを持ったことで意識が目覚めたのでしょうか?

大学へは月に一度3日間通い、週二回のオンライン授業だそう。

毎日通うわけでは無いとは言え、ヒットドラマの主役。

さらには育児などで忙しい中、その志は素晴らしいですね。

『ブラックリスト』で女優として成功した要因には、このように意識を高く持つことや、物事を極めようとする性格があるのでしょう。

まさに「強き信念を持つ熱き騎士」です。

とは言え、一人ではできなかったと思うんですよね。

大役を得た女優を支えたのは夫の力もあったのではないでしょうか?

▼関連記事:こちらもご覧ください▼
『ブラックリスト』キャスト ”勝手な人”ランキング(ネタバレあり)



メーガンブーンが出産!夫ダン・エスタブルックと子供はどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megan Boone(@msmeganboone)がシェアした投稿


夫ダン・エスタブルックの職業は芸術家、写真家、制作デザイナーを兼ねるアーティスト。

2016年1月に結婚しました。

なるほど、インスタを拝見すると、アーティストで年上の旦那様と言うこともあって、包容力がとってもありそうな雰囲気。

メーガン・ブーンも信頼しきっている感じがします。

そのような関係だからこそ、大抜擢された大役のプレッシャーに押しつぶされず、安心して仕事に打ち込むことが出来るのでしょうね。

それに御嬢さんのキャロラインちゃんがとっても可愛い!!。

3人でハロウィンの仮装をした時の写真を見ると、幸せがあふれ出ています。


『ブラックリスト』とともに歩んだメーガン・ブーンの女優歴と、主人公リズの役作りとは?『SATC』にも出演していた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megan Boone(@msmeganboone)がシェアした投稿

メーガン・ブーン は『ブラックリスト』に大抜擢される前は、数本の映画やドラマに出演しています。ドラマの出演作を見てみると。

映画では、『セックス・アンド・ザ・シティ2』にも出ていましたね。

ドラマでは、2008年 コールドケース 迷宮事件簿(1エピソード)
2010年 LAW & ORDER:LA (7エピソード)
2013年 ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~(2エピソード)

いずれも、事件もののドラマですね。

頬骨が張って、顎をちょっと上向きにした意志の強さを思わせるメ―ガン・ブーンのキャラからでしょうね。

そして2013年から『ブラックリスト』の主人公エリザベス・キーン役に大抜擢されます。

この作品は、ジェームズ・スペイダ―演じる国際的に最重要指名手配犯レイモンド・レディントン、通称“レッド”。

世界中の凶悪犯罪や裏取引に協力してきた彼が、その捜査に協力するとFBIに突然投降。

しかし条件として、新人捜査官エリザベス・キーン(リズ)がコミュニケーションの窓口にするというもの。

FBIはその条件をのみ、リズを窓口に数々の凶悪犯を逮捕していくといったドラマ。

ドラマのリズ同様、突然の大役を手に入れたメ―ガン・ブーンはさぞや大変だったと思います。

その当時のことを、彼女はこのように語っています。

まったく無名の私が「ブラックリスト」のエリザベス・キーンを演じるのはすごく大きな変化だったから入念な準備が必要だった。スクリーン上では自信や落ち着いた雰囲気なんかを見せなきゃいけない。でも、自分自身が変わったら演じるキャラクターも変わってきたの。私自身が成長し続けることで、演じるキャラクターをよりリアルに表現できるって分かった。

そうですよね。最初のレッドとリズの尋問のシーンはまさに「自信と落ち着いた雰囲気」を見せなきゃいけないシーンでしたね。

新米ながらプロファイラーとしてのプライドをもって、レッドと対峙しているリズを見事に演じていたと思います。

このレッドとリズの関係が『ブラックリスト』のストーリーの骨格なのですが、シーズンが重なるごとにその関係も変化しているのが面白いところですね。

シーズン3の頃のメ―ガン・ブーンのインタビューです。

政府の要人を射殺した嫌疑をかけられ、逃亡者となったリズとそれを応援するレッドの関係をこう語っています」。

「逃亡者となったリズはレッドの知識をすごく頼りにしてるわ。今シーズンさらに危険な状態が待ち受けているの。2人とももっと危険な目にあうことになる。レッドは関わりのあるあらゆる悪から彼女を守ろうとする。だから、2人は信頼関係を深めていく。だってもっと危険な状況に追い込まれていくからね。」

そして、日本での最新シリーズ7では、その関係の変化をこう語っています。

レッドとリズの関係は、リズがレッドから必要な情報を引き出すこと。そして、お互いがそ
れぞれのためにこの関係を続けていること。この2つの要因で成り立っていると思います。
人は複雑で、何かをするためのモチベーションや振る舞い方は多次元的。今までもこれからも、ずっと2人の関係性は単純なものにはならない。だからこそこの2人は『ブラックリスト』の世界を7シーズンも進んでこられたのだと思います」

長いシーズンでは、レッドとリズの関係も、信頼したり信じられなかったりが交互に繰りかえされて、その展開と事件が絡み合ってファンの気持ちを放しませんね。

アメリカで放映予定に最新作シーズン8では、さらに二人の関係が急展開するようです。

日本放映が待ち遠しいですね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
では、また!

▼関連記事:こちらもご覧ください▼
『ブラックリスト』キャスト ”勝手な人”ランキング(ネタバレあり)

ジェームズ・スペイダーの若い頃。『ブラックリスト』主演俳優は『アベンジャーズ』でも悪役ウルトロンを熱演。

ライアン・エッゴールドの結婚は?『ブラックリスト』降板後の主演ドラマ『ニュー・アムステルダム』に注目



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました