レイチェル・マクアダムスの現在。結婚・夫・子供は?

ドラマ女優

映画『アバウト・タイム』で、かわいい花嫁を披露してくれた、レイチェル・マクアダムス。

現在では、『ドクター・ストレンジ』シリーズにも出演している、人気女優ですね。

そんなレイチェル・マクアダムスの現在と、彼氏や結婚などプライベート情報もお伝えします。

 

レイチェル・マクアダムスの現在までの生い立ち

プロフィールと家族構成

本名: Rachel Anne McAdams
生年月日: 1978年11月17日
年齢: 44歳
出生地: カナダ ロンドン
身長: 163 cm

ロンドン生まれのレイチェル・マクアダムス。

イギリス人かと思ったら、カナダにもロンドンと言う街があるのですね。

カナダ東部の、アメリカとの国境近くにあるそうです。

イギリスのロンドンに由来していいるそうです。

ということもあって、レイチェル・マクアダムスの家族のルーツはイギリスです。

父親はトラック運転手で、母親は看護師。

兄弟は、妹と弟がいます。

レイチェル・マクアダムスは、末っ子のような屈託のなさがありますね。

ですが、意外にも長女なのです。

そんなレイチェル・マクアダムスは、子供の頃から活発だったそうです。

バレーボール、バドミントン、サッカーなどのスポーツをするほか、生徒会役員や課外活動にも積極的に参加。

夏休みには、マクドナルドでアルバイトもしていたそうですよ。

 

レイチェル・マクアダムスの若い頃

そして、レイチェル・マクアダムスは、7歳の頃から演劇に興味があり、12歳になると、地元の児童劇団の舞台に立つようになります。

演劇フェスティバルでパフォーマンス賞をもらうなど、才能を発揮していました。

そして、学校の先生の勧めもあって、プロの女優の道に進むことを決意。

ヨーク大学の演劇科に入学しました。

また、大学と並行してトロントの劇団で演劇活動も行い、大学で学んだ理論を実践していきました。

その結果、大学卒業時は優等学士号を取得しています。

 

デビュー当初のレイチェル・マクアダムス

レイチェル・マクアダムスの女優デビューは、2001年。

MTVのパイロット版『ショットガン・ラブ・ドールズ』(ベス・スワンソン役)でした。

また、同年にはコメディ『マイネーム・イズ・タニーノ』で映画デビューも飾ります。

さらに2002年には、コメディ映画『ホット・チック』でハリウッド映画にデビュー。

この作品でレイチェル・マクアダムスは、”期待の若手女優”として注目を集ました。

そして、コメディドラマ『Slings and Arrows』(2003-2005年)で、カナダのジェミニ賞を受賞。

その後も話題作に出演し、テレビ・映画で活躍しています。

彼女の代表作については、後半でご紹介しますね。



 

現在の夫、子供は?レイチェル・マクアダムスの結婚。

子供の頃から活発で、演劇をやっていた女性ということで、レイチェル・マクアダムス、とてもモテたのではないでしょうか?

女優になってからの恋愛事情を見てみましょう。

 

元彼氏ライアン・ゴズリング

レイチェル・マクアダムスの元カレに、ライアン・ゴズリングがいます。

2004年に制作された、映画『きみに読む物語』で恋人役を演じ、交際が始まりました。

彼女が二つ年上で、なんと二人ともカナダのロンドン出身で同郷なのです。

しかし、共演当初はお互いにそりが合わなかったのだとか。

ライアン・ゴズリングは監督に、相手役を変えて欲しいと懇願ほど。

しかし、周りのとりなしもあって、役柄を合わせていくうちに、映画同様、本当に恋に落ちてしまったのです。

一時期破局をしたのですが、復縁し交際は2008年11月まで続きました。

 

レイチェル・マクアダムスとジョシュ・ルーカス

2009年1月頃から、俳優のジョシュ・ルーカスとの交際が始まりました。

しかし、二人の関係はあまり発展せず、8月には破局となってしまいます。

ライアン・ゴズリングとの長い恋が終わったあとだっただけに、男性に寄り添ってほしかったのかもしれませんね。

 

レイチェル・マクアダムスとマイケル・シーン

その次のレイチェル・マクアダムスの彼氏は、マイケル・シーン。

イギリスのロンドン育ちの俳優です。

『ミッドナイト・イン・パリ』で共演したことがきっかけで、交際に発展しました。

2010年9月~2013年2月頃まで恋人関係にあったようです。

 

レイチェル・マクアダムスとパトリック・サンブルック

レイチェル・マクアダムスは、2013年7月頃から、映画プロデューサーのパトリック・サンブルックと交際を始めました。

しかし、2014年7月に破局となりました。

 

レイチェル・マクアダムスの現在の彼氏ジェイミー・リンデン

そして、レイチェル・マクアダムスは、2016年4月に脚本家のジェイミー・リンデンと交際をスタートしました。

2018年に男の子を出産し、2020年には女の子を授かっています。

レイチェル・マクアダムスはジェイミー・リンデンと交際してから、プライベートを明かしておらず、子供の名前も公表していません。



 

若い頃のレイチェル・マクアダムスの出演作「アバウトタイム」

レイチェル・マクアダムスがかわいい

『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』。

レイチェル・マクアダムスが若い子頃の代表作ですね。

個人的にも、大好きな映画の一つです。

タイムトラベルができる主人公ティム(ドーナル・グリーソン)が、レイチェル・マクアダムス演じるメアリーと出会い、本当の愛や幸せに気づくロマンティックコメディ。

この映画のレイチェル・マクアダムスが、ムチャクチャかわいい。

屈託のない笑顔や、無邪気な立ち居振る舞いなど、ティム同様、一瞬で心奪われたファンも多いのではないでしょうか。

 

人生のヒントになる名ゼリフ

また、この映画は名ゼリフがたくさんあることでも知られています。

中でも代表的なものが、ティムとメアリーの結婚式のシーン。

挙式中、突然の嵐がやってきます。

屋外で行われていた式は、てんやわんや。

するとティムが「雨の日で後悔してる?」メアリーに尋ねました。

その時のメアリーの答えが素敵なんです。

「いいえ、ちっとも。私たちの人生も同じよ。いろんな天気があるわ。」

雨にびしょびしょになりながらも、笑顔で答えます。

映画のポスターにもなっているシーンで、レイチェル・マクアダムスの笑顔が素敵。

嵐になってしまった結婚式を、笑顔でいてくれるパートナーがいたら、あなたはどう思いますか?



 

現在のレイチェル・マクアダムス出演作「ドクターストレンジ」が大ヒット

レイチェル・マクアダムの現在の最新作は、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』です。

2016年の『ドクター・ストレンジ』から、ドクター・ストレンジの元恋人で、同僚の救命救急医クリスティーンを演じています。

『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』では、マルチバース、ドリームウォーク、インカージョンなど、複雑な展開となっています。

そして、エリザベス・オルセンが演じるワンダ役、ソーチー・ゴメスのアメリカ・チャベス役など、超人の女性が活躍します。

レイチェル・マクアダムス演じるクリスティーンは、ストレンジの唯一信頼できるパートナーとして、彼の危機を支えます。

彼女の、女性的でちょっとコミカルなキャラが、超人同士の戦いや、複雑な展開の中で、ちょうどよいバランスに保つ役割になっていますね。

『ドクター・ストレンジ』シリーズは3作目も予定されているようです。

レイチェル・マクアダムスの続投はどうなるのでしょう?

楽しみに待っていたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました